« SCARPA T2 eco | トップページ | Tioga Cocoon(タイオガ コクーン) »

2010年1月17日 (日)

KARHU XCD GUIDEとG3 Targa Ascent

2010年1月17日(日)
朝一で白馬ヤマトヤから昨日「セット出来たので送ります」と電話の有ったスキーが届く。雪の白馬から半日で届くとは速い!
段ボールを開梱してKARHU XCD GUIDEを確かめ、駐車場で今の板KINGSWOOD Skinnyと並べてみる
100117guide
左;Guide、右;Skinny どちらも185cm

ゲレンデで粉雪でオールランドに使ってるSkinny(122/88/110)に比べ、細めのGuide(109/78/95)を何で買ったかというと、これは滑走面に滑り止めが付いてて鱗板とかステップ板とか呼ばれる類のスキーで、ワシももっと細いPolarstar(73/53/63)は持っているんだけど、これは革靴はいて平原や森の散歩+αに向いている板。もっと積極的に山を登ったり滑ったりをシールの着脱無しで軽快に行きたくて今回追加調達した。
同じKarhuの10th Mountainの評判もすこぶる良くて使ってる仲間も多いので、そっちにしようかとも思ってたんだけど、昨シーズンある山であった六合村の方と話してGuideにしようと決心してた。
鱗の写真を撮ってみる100117guide4触ればスグに分かるけど、写真じゃ難しいかも。半月上のデッパリがスキーの真ん中あたりにズラッとならんで刻まれとる。
ビンディングはSkinnyで2シーズン使って調子の良いG3 Targa Ascent。確かに歩行モードで雪が詰まって滑走モードに切り替え難い事がシバシバ起きるものの、その対処方法は何回かの学習効果で身に着いてきたし、歩きの楽さを知ると、もう止められない。
3シーズンで変わったのはヒール前にプレートが追加され、100117guide2トゥプレートの受け形状がホンの少し変わっただけ。雪詰りは解消してそうにないから、これで歩く時には小さなほじくり工具をポケットに常備する。
六合村氏おススメのクランポン100117guide5も買ったから、道具は揃った。基本、クランポンが必要な斜面に行くことは避けたいが、まさかの時に有ると心強いから。
今月末の雪上デビューが楽しみだよ。

|

« SCARPA T2 eco | トップページ | Tioga Cocoon(タイオガ コクーン) »

テレマーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/47318043

この記事へのトラックバック一覧です: KARHU XCD GUIDEとG3 Targa Ascent:

« SCARPA T2 eco | トップページ | Tioga Cocoon(タイオガ コクーン) »