« 今日は温かかった | トップページ | Sankt GallenのMarron Chocolate Stout »

2010年2月10日 (水)

復古弁当( 昭和15年、糸崎駅)

復古弁当(<br />
 昭和15年、糸崎駅)
復古弁当(<br />
 昭和15年、糸崎駅)
三原から横浜へ帰る新幹線の車内で、いつもは食べない駅弁を食べる。
昭和十五年当時の弁当の包装紙を再現したらしい。中身はどうなんだろう?というワシの疑問を解く鍵は与えられてなかった。赤飯に玉子焼き、塩シャケ、などと目新しそうなおかずは無かったから中身も70年前を踏襲していたのかも?

お朋の飲料はビールじゃなくハイボール。バーボンらしさを何かで醸し出したらしいがイマイチ。はなっからバーボンを使うべきだろう。
さて、このハイボールのアルコール度数は7%とあるから350ccに24cc程のアルコールが含まれていて、ワシの体が1時間に8ccのアルコールを分解するとすると3時間でアルコールが体から抜ける計算となる。
家に着くのは3時間後くらいだから大丈夫だ!

|

« 今日は温かかった | トップページ | Sankt GallenのMarron Chocolate Stout »

広島」カテゴリの記事

美味しい物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/47531635

この記事へのトラックバック一覧です: 復古弁当( 昭和15年、糸崎駅):

« 今日は温かかった | トップページ | Sankt GallenのMarron Chocolate Stout »