« 徳島一、四国第二の高峰 剣山(1955m) 49/百名山 | トップページ | 鶏料理 とり常 »

2010年8月16日 (月)

白山以西の最高峰 石鎚山(1982m) 50/百名山

山頂までバリ3だったし携帯でtweetしながら登った石鎚山を、呟きをフォローして振りかえる。

2010.08.14 07:39「07:30始発ロープウェイなう 1300m まで運んでもらったら西日本最高の石鎚山頂1982m へスタート!」
泊まった京屋旅館から歩いてすぐ。朝食を6時半に取り、用意してもらったおむすび弁当(2個入り400円)を受け取ってロープウェイ始発の列につく。Img_3831
緩く登るジープ道を20分ほど歩くと宿や土産物店の並ぶ立派な成就社(1400m)に着き、こっから始まる山道での無事を祈る。Img_3837
大きなブナや栂の歩きやすい道を下り切ったあたりに真新しいヒノキの鳥居があって「ここから厳しくなるから、登れない人はここで拝んでお帰りなさい」と書かれているImg_3845
八丁という最低鞍部(1300m)を過ぎるとさっきの予告通り階段の続く急登が始まり、オーバーペースにならんよう一歩一歩と登る。Img_3853
一登り、二登り。数箇所の鎖場が有名なこのルート。深いガスで滑り調子だった、お試し鎖で鎖場を止めとく事にした、ワシらの眼前で二の鎖にヘバリ着いてる人を見て、鎖場のパスを決めて良かったと一安心。Img_3869そこからは難所に長い鉄製階段が付けられた巻き道でガスの山頂へ。

2010.08.14 10:20「石鎚山、弥山山頂(1974m)なう 最高峰の天狗岳(1982m) はガスの中。西日本最高峰で涼しさ満喫。景色が見通せないのは次 回への宿題。」Img_3879ロープウェイ山頂駅から2時間半ほどで頂上社の有る弥山山頂(1974m)へ到着。ガスは薄くて、合間から差し込む日差しと吹き上げる風が気持ちよくて暫し爆睡。Img_3880一眠りでパワーを貯めて眼前の西日本最高峰(東寄りで次に高い白山は石川・岐阜県境)天狗岳(1982m)への岩場へ踏み出す。

2010.08.14 11:15「石鎚山天狗岳(1982m) なう 吹 き上げるガスで景色はないが風が気持ち良い さあ岩場を帰ろう」Img_3884適当に足場もあって、そんなに厳しくは無かったけど、両側がスパッと切り落ちたナカナカの尾根筋での緊張を山頂小屋で一息ついて12時ちょっと前から下山始め、転ばんように階段を丁寧に歩いたらブナ類の大木が囲む良い登山道をテクテクと。Img_3893

2010.08.14 13:27「無事下山の成就社で一息ついて、温泉へダッシュ!」Img_3898ロープウェイで下まで降りて、京屋旅館の風呂へは入らずに車を取りにだけ寄った。Img_3900

2010.08.14 16:24「道後温泉なう」高速使わず2時間ほどで到着した道後でサクッと
愛媛名物で早目の晩飯を食べて、夕方なのに炎天下で観光客が大挙する道後温泉本館に入ったP1040540

2010.08.14 18:45「道後温泉本館の湯に入り火照った体を対面にある一六タルト二階で カキ氷食って中から冷却中」
銘菓一六タルトの喫茶コーナーで愛媛らしい夏みかんのカキ氷を食べてヒンヤリ。P1040551

19時過ぎ、日が沈んでやっと涼しくなってきたので、坊ちゃん一家と記念写真を撮りP1040555夜景で雰囲気が増してきた本館を見直してから帰路に着いた。P1040565

四国は、車で走ってみれば大きく、深い島。近くなったことじゃし、また何べんも歩きに・食べに・見物に来よう。

|

« 徳島一、四国第二の高峰 剣山(1955m) 49/百名山 | トップページ | 鶏料理 とり常 »

トレッキング」カテゴリの記事

四国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/49160694

この記事へのトラックバック一覧です: 白山以西の最高峰 石鎚山(1982m) 50/百名山:

« 徳島一、四国第二の高峰 剣山(1955m) 49/百名山 | トップページ | 鶏料理 とり常 »