« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月に作成された記事

2010年9月29日 (水)

とびしま海道(上蒲刈島~豊島~大崎下島)を自転車で走った

2010年9月26日(日)
こないだのしまなみ海道がメッチャ楽しかったので、「海沿いは良えのう、もっと走ろうや!」と瀬戸内海のサイクリングコースを探してみるとしまなみ海道の西側にとびしま海道っていう豊島大橋が二年前に開通して本州の呉市川尻町から愛媛県岡村島までの七島を七つの橋で結ぶ海の道があって、本州~四国を繋いでないから通り抜けの車が居なくてウンと素朴で静かと知って、さっそく行ってきた。頼りにしたマップはこちら
安芸灘大橋から岡村島まで走りきっても30km強。往復しても70km位なんで1日あれば完走も楽勝な筈なんだけど、前の晩壱乃蔵に行く予定立ててたし、ノンビリ走ろうぜと、基点と決めたほぼ道半ばの上蒲刈島蒲刈町ウォーキングセンターに車を停め、漕ぎ始めた。P1050320
最初の1番新しい豊島大橋は空色がきれいな橋。橋上から川のように音を立てて流れる潮流が素晴らしいP1050326
渡ると豊島。往路は四国を見ながら島の南側を走った。海水が底まで透けて見えるとてもキレイな海沿いの、ほとんど車の走らない平らな道をスイーっと15分ほど走って次の豊浜大橋P1050333ここでも潮がジャブジャブと音を立てて流れとった。P1050337
を渡ると大崎下島で、豊浜町大浜から豊浜大橋を振り返る。P1050340
この先は四国の今治市あたりを5,6km向こうに見ながら、結構強い逆風に向って一所懸命漕いだ。道沿いから山肌に広がるみかん畑へ上がるモノレールがたくさん有って、錆だらけで使われてるのか引退したのか判らんロープウェイも幾つか有った。P1050355
豊浜大橋からも大崎下島の南側をグルッと40分ほど漕いで、今日の折り返し地点、江戸時代より鞆の浦と並ぶ瀬戸内海の潮待ちの港として栄えた御手洗(みたらい、重要伝統的建造物群保存地区)に到着。P1050356
なごみ亭宮島で食べるのとは全然違うあなご飯のお昼をとるP1050358
飛び跳ねる子供の絵も楽しかった御手洗散策の事はまた今度。P1050405
復路は雲が厚く、凪いできた頃合に島の北側を漕いで帰る。やっぱり車が少なくてUpDownの少ない気持ち良い道。P1050425
ただ、橋への登りが普通の車道沿いに上がるだけに、しまなみ海道よりチトきつい。その坂の途中に有った日本一(?)のジャングルジムP1050428
やはり北側を走った豊島で今回のルート上で唯一のコンビニを発見。何箇所か有ったJAのスーパーは日曜定休らしく全部閉まってたから、この場所をちゃんと覚えておこう。P1050437ここもやっぱりJAの経営みたい。
豊島大橋を渡って上蒲刈島に戻り、往きに通らなかった山腹を縫うように走る農道を走ってみて、まだ緑なものの、しっかり実を付けつつある蜜柑を見て爽やかな香りを吸うと、これからの柑橘シーズンを楽しみに待とう。P1050443
快水浴場百選(環境省)に広島県から唯一選定されている美しい県民の浜が見えてくるとゴールも近い。P1050446
県民の浜には関ジャニに縁の有る藻塩の体験設備などもある。P1050447

期待以上に気持ち良いポタリングルート。街化が進んでない分、食堂や店が少ないので、充分に備えつつ、ポイントを決めて走る事を良く考えて、今回は車で渡った安芸灘大橋と蒲刈大橋と、未踏の平羅橋・中の瀬戸大橋・岡村橋を自転車で漕ぎ渡ってとびしま海道(←人手が増えるイベントは絶対に避ける)を近い内に完走したい。

で書いた全行程(上蒲刈島/ウォーキングステーション~豊島~大崎下島/御手洗)を見ると瀬戸内海の真ん中を走った事が良く判るじゃろ。
100926tobishima

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

2回目の壱乃蔵はアニヴァーサリーなディナーで

2010年9月25日(土)
番外GBベルギービール会in福山から丁度三週間ぶりの壱乃蔵。古い砂糖蔵を改修して凡そ10年のお店。P1050290
前回は2階Barスペース隣の個室だったが、今度は鉄板でシェフが腕を振るう1階でコース料理を予約。P1050291
イイダコ、マグロ、鯛の前菜で始まったコースP1050293をビールとワインを共に頂いた。
伊勢海老P1050296
あわびP1050297
和牛たたきP1050301
デザートまで色々と楽しめた美味しいディナー。P1050304

次の一年も頑張ってこう。

高いところから行く末を見守ってるかのような蔵に伝わるながもちが立派。P1050309

ワインとあぶり焼き 壱乃蔵
福山市東町1丁目2-10 084-926-6824 日曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

ええじゃん尾道

2010年9月19日(日)
実家へ帰ると決めていた連休の中日。一つ先のIC高速に入る事にして尾道に寄り道。
旬の果物を求めてJA尾道市ええじゃん尾道F1000092で、ツマミ食い もとい 試食を重ねて、イチジク(蓬莱柿)・桃(黄金桃)・ブドウ(瀬戸ジャイアント、ピオーネ)を適価で購入。
外がブチ暑かったのを思い出して、暮れの都大路を制した全国制覇した名門陸上部を有する隣町の世羅高校が共同開発した「世羅っとした梨 ランニングウォーター」を買う。
高速を目指して走り始めたら腹が減ってきた。こないだは休みで諦めた新開一楽が三連休営業中とtwitterに書いてたのを思い出して街中へ向う。本通りのポプラ前のコインパークへ車を停めて店へ歩いて20100919ichiraku中華そばと並ぶ名物ちまきを頼む。20100919ichiraku1台湾帰りの先代が作り始めた台湾を思い出すような美味しいちまきと、背脂は浮かんでないアッサリ美味しいラーメン。に満足して200円を入れてコインパーキングから車を出した。

今晩食べた果物は、どれもブチ甘くて美味しかった。今日からの涼しさで一気に秋が深まると食べれんようになると思うとちぃと寂しい。20100919eejyan1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

JRで県境を越え岡山市へビールを飲みに行った

2010年9月20日(日)
こないだ行った地ビールフェスタ in ひろしまで、好印象だった吉備土手下麦酒醸造所が、軽やかに美味しいビールが多くて見直したというか開眼した岡山の地ビール6蔵を集めたイベント”かってに岡山地麦酒&地酒祭”ってのをやるというので山陽本線で岡山まで揺られて行ってきた。
二日間やるってのは地ビールフェスタでもらったビラで知ってて「フーン」という感じだったのが吉備土手下の普段呑み場である19日はほぼ完売ですって呟き読んで行きたさ盛り上がってきてたのたの庵でやる二日目を申し込んだ。
岡山駅から無料送迎バスで30分ほど揺られて新岡山港近くで下ろされたら感じの良い門が有ってP10501883500円で購入したチケットと引き換えに試飲グラスをもらうP1050196
最初の一杯に選んだ吉備土手下のそらから、美味しい味噌のもろQともつ煮込みを販売する親子三人がとっても良かった備前みその前にキープした公民館で借りてきたような会議机で頂くP1050207
作州津山ビールのケルシュ、P1050208ホルモンうどんビール(STOUT)←地ビールフェスタで印象に残ったP1050227
吉井高原ビールのシュバルツ、ピルスナー(美味しい)P1050209
来春の開業を目指して吉備土手下で修行中の吉備竹林麦酒の一ヶ月熟成、二ヶ月長期熟成麦酒で香りから味への変化を楽しむP1050214
三石耐火煉瓦ビールのデイ&ナイト(美味しい)を呑むP1050215
たのたの庵内に戻り、瀬戸内海をイメージし、くちなしで青(見える?)に着色したという”瀬戸の憂鬱”P1050217
二蔵参加してた地酒も萬歳酒蔵P1050220
坂野酒造場P1050236と呑んで広島の酒とは違う味わいを楽しむ。なんて余裕は段々酔っ払ってきて無くなってきたので、少し散歩。
ビールのレポートに懸命な地元局のレポーターを遠くから応援しP1050224
庭先の川越しに会場となった好い雰囲気に手が入れられた古民家たのたの庵で楽しむ皆さんを眺めるP1050238
家の中にあるカウンター周りも良いけえ、ちいと遠いが、今度は普通に飲み食いに来たいのう。P1050235
途中、梅雨明け以来、この夏ワシ的な最強級の土砂降りが降ってきた頃合には、テントに溜まった雨水を参加者(酔っ払い)同士協力して落としたりと、なんだか楽しくなってきた。P1050246
六蔵目は岡山最大級の独歩ビールの小麦のエール、雄町米(米だ)P1050223
6種を出した吉備土手下の、すもも(酸っぱいフルーツビア)、香りの麦(今回一のお気に入り)、御崎、生姜(強烈ジンジャー)も完飲しP1050231これで、この日、開栓された6ブルワリーからの16種類の樽生ビールと地酒2蔵に1味噌蔵をcomplete! 意気揚々っていうか、少々飲み過ぎでフラフラになりながら岡山駅へ戻り、「岡山へ来たら、食いねぇや」というばら寿司を食べて、また山陽本線に乗って福山へ帰った。

座れて食べ物もしっかりあって(適価に有料)、同日程であったビアフェスin横浜や地ビールフェスタin広島が数千人を集め、立ち飲みでつまみ少なめなのと対照的に、百人台の参加者が並ばずに好きなビールを飲みまくれる、とてもアットホームな好い催しでした。主催者皆さんはやる気のようなんで、次回以降にも大きく期待しとるけんね。

マンホールには桃太郎一座P1050255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

自転車で県境を越え笠岡市へ行った

9月18日(土)
先週しまなみ海道感動して、自転車魂が高まってる内に乗っておこう! と、殆ど平地走りで行ける笠岡を目指して走ってきた。
ポートプラザあたりまでタラタラ走ってから、きれいに整備されてたみなと公園基点の海岸とおりから気合いを入れて走り始めP1050014

JFE西日本製鉄所福山地区(旧鋼管福山)を周回する鋼管道路は真っ直ぐ系で信号少なめなのは良かったもののトラックが多くて空気が悪い。怖いし臭いので、なるべく裏道を走る。P1050017

製鉄所を越えても大型ディーゼル車がバンバン走る道に初めて出てきた坂の途中に現れた県境を越えて岡山県に入る。P1050020

しばらく交通量の多い道を耐えながら走って笠岡干拓地に到達。干拓地で獲れた果物の直売所がチラホラする道を、大型車が走り抜ける幹線を避けて農作地の中の作業道を農作業中の方々の様子や実りの按配を眺めながら走る。P1050021

太陽の広場を抜け笠岡港を跨ぐ金崎大橋を渡るP1050028と、じきに笠岡市街で4月に1人で歩いたのを思い出しくにを案内し走る。P1050030P1050044P1050046

マンホールにも使われてるカブトガニが笠岡のシンボル。P1050051

百縁笑店街で少し賑わう商店街散策P1050054はほどほどに海沿いへ向う。

笠岡港沿いに整備された遊歩道は日差しと風が気持ちよかった。P1050062

神島はちょうど天神祭で、派手に飾り付けられた船を何艘も見掛けた。P1050069

この日の一つの目的地カブトガニ博物館カブトガニの勉強をする。P1050074

博物館近くの神島大橋を渡って神島(といっても干拓地で陸続きになっとる)に入り、時計回りに半周すると、海岸沿いの定置網越しに拡がる水島灘の彼方に、瀬戸大橋と水島コンビナートが浮かんでた~遠くて写真は無理。P1050087

笠岡諸島へのフェリーも出る、外浦港で折り返し。P1050093

朝は涼しかったのが30度位まで上がってきた頃合に喘ぎながら標高90mほどの峠を越えて干拓地側に戻る。P1050095

神島の北西をふらついてて、寺間地区のお神輿が船に積み込むため、若い衆に社から担ぎ出されてくるところに出くわした。P1050101

笠岡干拓地の南西辺を真っ直ぐにこぎまくりP1050103往路に合流してからは、朝来た道を排ガスを避けるべく出来るだけ枝道を使って戻る。

店の前を通る度に「豆腐を買ってみようよ」と話してた近所のとうふや まん天で、豆乳ソフトクリーム(270円)を売ってるのを見つけたので、ポタリングのしめに食べてみると、適度な甘さで豆乳らしさタップリのとても美味しいソフトクリーム。遠くのスイーツを目指して走るのも良いけど、家の近所の店を目標に走るのも良えかもしれん。P1050124

笠岡~神島は気持ちよく走れて、景色も街の様子も面白かったんじゃけど、行き帰りの産業道路が大型トラックやダンプが多くて、空気が悪いわ・怖いわでワシらのようなポタリングにはチト不向き。次は、空気のキレイで(あまり)怖くないルートを考えてみよう。

で書いた全行程(福山→笠岡→ぐるり神島→福山)の様子20100918wadachi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

福山駅近くから自転車で鞆の浦へ、そして船で尾道へ

2010年9月12日(日)
しまなみ海道を半分走った(前編後編)次の日は6月に走って下見バッチリの鞆の浦まで自転車で走って、そこからは尾道に向うことにした。

既にドピーカン、暑っ!昨日、一緒にしまなみ海道を走った友人と 待ち合わせた福山市中央図書館ナウ これから芦田川沿いを下り鞆の浦まで約 15km。 posted at 08:17:50
Img_4063
3人並んで写真を撮ってから走り始め、芦田川左岸を河口へ下る。たっぷり水を湛え水面のとても近い河川敷を走って左に備後灘を見ながら河口堰で芦田川を渡る。Img_4065低い30mほどの坂を二つ三つ越えたら今度は海沿いの道を走る。Img_4073平成いろは丸が見えたら鞆の浦到着じゃ。Img_4077念願のあずみ野アイスクリームで身体を冷やす。Img_4083

鞆の浦、常夜燈ナウ船がでる11 時までぶらぶらする posted at 10:21:09
10時前に着いてジェラートを食べて雁木の港の常夜燈を眺めImg_4086路地をユックリと抜けImg_4087古い船具店を覗きおかみさんから話を伺った。Img_4095

瀬戸内クルーズで鞆の浦から尾道に向かう( 大人1500 円+自転車100 円)ナウ海風が気持ち良い〜 posted at 11:12:46
出港前、冷たいビールを仕込んで船に乗り込む。Img_4104自転車は最後尾にまとめてロープで縛り付けられて、巻き上がる潮がチラチラかかってた。Img_4116島の近い瀬戸内らしい景色の中を気持ち良く走る。Img_4124

尾道つたふじで30 分待ってからラーメン並(500 円) さっき posted at 13:31:24
尾道に着いたら飯時なのでラーメンを食べようと決めていて、人気店つたふじに並ぶ。Img_4135カウンターに10席ほどの小さな店の昼飯時、結局30分ほどまって店内に入り、のど自慢を見ながら大将が麺を茹で、オカミサンがスープを注ぎチャーシュウ・シナチク・ネギを置いた中華そば(並)を食べた。Img_4137

1人で街を歩くという友人と尾道駅で別れ再びパッキングし輪行 byJR。お疲れさんでした。電車を使った輪行は旅を効率的かつ豊か に楽しめる、と強く思った2日間。今度は、どこ行こ? posted at 14:40:35

で書いた全行程(福山→鞆の浦~尾道)の様子20100912tomoonomichiwadachi

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

自転車で”しまなみ海道”を半分走った (後編)

2010年9月11日(土)
大三島で始めての轍を愛媛県に刻み多々羅大橋を渡って広島県に入った。続きはシトラスアイランドこと生口島瀬戸田から。

多々羅大橋
を背に走る。海沿いがホントに気持ち良いP1040909
瀬戸田港近くで満潮近く遊歩道そばまで上がった海面に近付いてみる。P1040921

しまなみ海道4。サキちゃんが行った漁師の店‘しま一’ナウ posted at 13:08:46
毎日放送のロケ・ロケ・ロケで稲垣早希が行って美味そうだったしま一でお昼を食べる。P1040931失礼ながら、パッと見はさえない掘っ立て小屋だ。ところがどっこいしょ、パンチの効いた海の幸が美味しいお店だ。 ”たこ定食”P1040934 ”地エビのかき揚げ丼”P1040937を食べながら、明るいおじさんにロケみつ取材の裏話などを聞きながら楽しいお昼ご飯をした。

しまなみ海道5。瀬戸田ドルチェ本店でイチジクとデコみかんをコ ーンでナウ posted at 13:27:06
食後のデザートは、しま一から10分ほどで、地元の柑橘類を主に使った美味しいジェラートで有名な瀬戸田ドルチェ本店で食べた。ワシが食べたのは、店内に大きく宣伝の書いてあった”デコみかん&いちじく”をコーンで300円。デコポンの緩詰らしい酸っぱ甘さ、旬のイチジクの粒々な甘さがとても美味しい。P1040939

橋のウンと手前にある、原付と自転車入路から生口橋へ、これも緩やかに登る。P1040944
橋ゴトのスタンプ集めに余念の無いTopsyさん。P1040949

しまなみ海道6。生口島を渡って因島に着いたナウ posted at 14:07:10
P1040953絶好調”くに”にひっぱられるようにして因島に到着。重井西港あたりの家々の二階の窓の形が面白い。P1040960と眺めてたのはワシだけではなくここいら辺の家の写真を沢山ブログに貼ってる人も。村上水軍をfeatureしたマンホール蓋。P1040961

しまなみ海道7。因島は大浜海水浴場ナウ posted at 15:11:17
しまなみビーチには例年なら季節外れな時期なのに海水浴客がチラホラ。それが似合うほどにこの日も暑かったP1040962

しまなみ海道8。今回ラストの因島大橋渡って向島ナウ posted at 15:41:38
P1040968因島大橋は車道が上、歩行者と原付&自転車が下を走る二階建て。元は歩行者&自転車-原付という区分だったのが、自転車が増えて歩行者が危ない!と歩行者-自転車&原付という通行区分に変更されたとの事。初めての二階建て橋でも、面白かったんは最初だけで、金網で遮られた視界はイマイチだし、タマに原付がすれ違い追い越していくのも怖くて、我が家の評価は今回渡った三橋の三着。一着は多々羅大橋かな?

日本一周中の人を見掛けた。P1040971ワシらも疲れ始めてたのでスルーさせてもろうたが、この人か?

夕方の日差しで光る瀬戸内海は大好きな景色P1040982

しまなみ海道ラスト/ 9。福本渡船で向島から尾道にわたる。総走行距離48km ナウ posted at 16:30:37
今日、会社で向島の人に”危ない船じゃけん、わしゃ家族を乗せんのんじゃ”と聞いた片道70円の小型船。F1000375無事に尾道に渡ったワシはこうしてブログを書いとるわい。

尾道駅前でパッキングして、駅構内の観光案内所SHIMAPIJby三和ドックを貰ってから山陽本線で福山に戻って初めてのしまなみ海道ポタリングはお仕舞い。
課題1.残る大三島~伯方島~大島~今治を走って完走する。
課題2.ij No.2を片手に因島のお好み焼きを巡礼する。
課題3.今回は各島の西側を走ったので、東側を完走する。
なんて、課題をこなしに、何度でも通ってみたいと、今は強く思っている。
越してきてからずっと走りたかったしまなみ海道を走るきっかけを下さったTopsyさんに改めて感謝。

で書いた全行程(忠海→大三島~向島→尾道)の様子Shimanahalfwadachi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車で”しまなみ海道”を半分走った (前編)

2010年9月11日(土)
散々、予習したしまなみ海道を、ルート上、愛媛県の最北端の大三島へフェリーで渡って、生口島、因島、向島と自転車で走った。
走りながらの呟きをフォローする形で書いてみる

しまなみ海道へ、福山で自転車と電車を待つナウ posted at 07:48:10
P1040856タイオガ コクーンで初めてくにと2人で輪行開始。(独りでは出来た

しまなみ海道へ、忠海で大三島フェリー(盛行き、大人290 円、自転車120 円)に乗り継いだナウ posted at 09:38:48
P1040870JR山陽本線忠海駅で電車を降り、駅の軒先で自転車を組み立て、国道185号線を少し東へ戻って踏み切りを渡り忠海港へ。P1040864民家の車庫のような”みなとオアシスただのうみ”という建物にある自販機でチケットを買う。9時30分出航の大三島フェリーに乗る。瀬戸内海でも島の多いこの界隈。ホンの15分ほどで大久野島に着き観光客や島で働く人を下ろし、それから10分後には盛港(大三島)へ入港し10台ほどの車、2台のバイク、2台の自転車と乗客20人ほどを下ろし、待ってた車と人を乗せるとすぐに折り返してった。休み無しで働く第三おおみしま丸P1040875働き者!

しまなみ海道1。大三島( 盛港)に上陸、走り始めるナウ posted at 10:07:14
P1040876港の駐車場でちょっと走って組み立ての按配を確かめスナップを一枚撮ってから、友人と待ち合わせた6kmほど先の多々羅しまなみ公園に向って初めての愛媛県を走り始める。P1040881

しまなみ海道2。多々羅しまなみ公園で、昨日、今治から走り始め た友人Surly 号と合流ナウ posted at 10:53:51
P1040889前日から走り始めて大三島に泊って大山祇神社を観てからかっちょいいSurlyで走ってきたTopsyさんと凡そ9年ぶりの再会。メールやmixiではチョコチョコ交信が有ったので、そんなに会って無かった気がしない。「やぁやぁ」「どうもどうも」でスグに雪の山を歩き、街でビールを飲みながら冗談を言い合ってた間合いを思い出して、三人で笑いながら走り始めた。P1040893しまなみ海道の橋はどれも大きくて50m程度の高さが有るから「登りが大変」と聞いてたんだけど、グルグルと緩やかに登ってくから楽勝で、しばし談笑モードでするする登れた。

しまなみ海道3。多々羅大橋の鳴き龍ナウ posted at 11:17:00
P1040899鳴き龍というと日光東照宮なんだけど、どうしてどうして逆V字の橋脚間で反響する多々羅大橋の鳴き龍も相当立派な鳴き声です。P1040901高い橋の上からうず潮を眺め、島々を俯瞰し、自転車と歩行者専用の道を快適に走り、多々羅大橋を渡ると広島県。P1040906無人の料金所でキチンと料金を支払って通過。ワシの会社の先輩で何度も走られている方(有難う御座いました)が下さった全線500円分のチケットを250円で買えて優待券も付いてるお得なしまなみサイクリングクーポンを利用。小銭の出し入れなく、とっても便利に走れた。

ここから先、尾道まで広島県側の様子は後編で。

で書いた全行程(忠海→大三島~向島→尾道)の様子Shimanahalfwadachi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

しまなみ海道 を予習中~

東京在住の旧友が今治側から自転車しまなみ海道を尾道まで走り抜けるというので、途中で合流。半分だけ一緒に走ることにして、こないだから色々と予習中。Shimanamiyoshuu
鉄路で移動中の彼は、今時分ちょうど浜松を走ってる頃合。朝には四国上陸。
迎えるワシらは、土曜の朝、自転車(S号A号)担いでJRに乗り(サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したもの)忠海からの大久野島経由のフェリーで大三島に渡り、待ち合わせの多々羅しまなみ公園を目指す段取り。
渡台以前からだから8年ぶりとなる再会とアイランド・ホッピング的サイクリングを楽しもう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

ステテコ

愛読しているうりょりょーな毎日で見初めた くに が「ステテコって涼しそうじゃない?広島のデパートに売ってるから地ビールへ行くの前に買おうよ」と熱心に誘うので一緒に行って買った。
ステテコというと、子供の頃に父ちゃん世代から上のおじさん達が夏場になると白いヨレヨレなちりめん生地のポッキリ(タンクトップ)と膝丈ズボン下(すててこ)で寛いでたのを思い出すワシとしては、そんなステテコを外着はもちろん部屋着で穿くのにも抵抗が有ったんだが、明るい柄のを穿いてみると涼しくて気持ちよいし、も少し慣れたら夕方の散歩にでも穿いて出てみる。P1040835
izoo-zooさん、良い物おしえてもろうて、ありがとうございました。

by ステテコ研究所

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

地ビールフェスタ in ひろしま 2010

2010年9月5日(日)
およそ三年前に台湾から帰ってきてから地ビールに目覚めたワシら。横浜では地の利を活かしてサンクトガーレンの工場開放に行ったり、中目黒や沼津でベアードを呑んだり、会社帰りに関内のCraft Beer Barや西口の横濱Cheersへ通ったりしとった。
広島では暮れにGolden Gardenにいっぺん行っただけ。地ビールを呑める店・売ってる店を見つけられてない福山では厚木からお取り寄せしたりしてる。
横浜のビアフェスティバルオクトーバーフェストにも今年はいけないなぁと寂しがってたら地ビールフェスタ in ひろしま 2010ってのが催されるのが判ったから喜び勇んで行ってきた。
前夜呑み過ぎたので朝起きるところから新幹線で移動して会場に辿り着くまでは二日酔いで大変だったが、入場券と引き換えでもらう試飲用グラスで地ビールを呑み始めるとすぐに気分爽快で迎え酒の効能を悟る。(が後で調べてヤバイと知る)
まずは、何はなくともサンクトガーレンでフルーティの代名詞ショナゴーこと湘南ゴールドとアンバーエールを飲むP1040820
隣の富士桜高原麦酒では、ここの一番人気ラオホとヴァイツェンP1040814
と、お馴染みお気に入りで地ビールの旨さを確かめてから、いまや広島唯一のビール蔵呉ビールで、今度”麦酒館”に行くと決心。(応援するけん、早く呉線直れ!)P1040831
作州津山ビールのホルモンうどんって名前にビビるが意外とスッキリ美味しいビール。P1040819と、完走(21蔵42銘柄)目指してチビチビ飲み進めるも、道半ばの19銘柄でシンドクなって終了。
ラッキーな事に抽選会で来年(2011年)のジャパン・ビアフェスティバルの招待券(東京4月/6月、大阪7月、横浜9月)が当たっちゃったけん、ビアフェスメインで横浜に行こう決めた。P1040823
地ビールの扱いの少なさで、人での少なさを勝手に心配しての参加だったが、1800人参加ってのは本当と確信できるほどに会場は混みあっててフェスタ運営面は安心。P1040828人が多くて疲れたけどね。

きっと来年も参加したいのと、通販でも遠征(京阪神、京浜)でも美味しいビールをコンスタントに飲みたいと強く思った1日。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年9月 6日 (月)

番外GBベルギービール会in福山 於:壱乃蔵

2010年9月4日(土)
twitterで見かけた番外GBベルギービール会in福山という、いわゆるオフ会が楽しそうだったので、詳細を見ると会場が一度行ってみたかった壱乃蔵だったから、翌日に地ビールフェスタin広島2010が控えてて、連ちゃんはシンドイかな?と一瞬思ったものの、美味しいビールと興味の有る店の魅力を優先してくにと2人で参加した。P1040791砂糖問屋の蔵を改装したというシックな外観。会場はBarのある2階の広めの個室。P104079521時開始の大人な会は18人の参加で5種類のベルギービールを壱乃蔵の料理と共に楽しみ、呑み足りない派にはワインもたっぷり用意されているという企画。
ベルギー大使館のお墨付きって5種類は、
Hoegaardenはアサヒビールの扱いで入手しやすい代表選手。フルーティさでベルギービールらしさが良く判る美味しいビール。P1040796
Duvelも、酒のディスカウント店などでも良く売られている代表銘柄。P1040799
Orvalは、初めて飲んだ、香りの良いビールP1040802
Duchesse De Bourgogneは、かなり個性派。酸味が強く一口目に「黒酢?」と思ったほど。P1040804
CHIMAY(青)は、福山じゃ未だ見つけてないけど、横浜では酒屋やスーパーで見かけた買い易い方のベルギービール。P1040806
5種類ほどの料理P1040805を楽しみながら、ビールの後にはワインも出てきてP1040809初めて会う方々との話が弾んだ約5時間。翌日を考えて午前1時に辞去する際にも約半数の方が残られてて、二次会は3時過ぎまで盛り上がったというマスマス大人な会。幹事のshoji0515さん、楽しい会をありがとうございました。
今度は1階の鉄板焼きを食べに来よう。
来月、尾道であるGBワイン会にも行ってみよう。
皆さんが品揃えが良い。と薦められた福山駅近くの安田酒店を覗いてみるのも、楽しみだ。

1Fワインとあぶり焼き 壱乃蔵 2FBar 壱乃蔵
福山市東町1丁目2-10 084-926-6824 日曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 4日 (土)

今週も福山市内でぶどうを調達した 於:瀬戸ふれあい市

2010年9月4日(土)
先週、沼隈ぶどう選果場の帰り道、10時に寄ってみたらブドウの殆どが売り切れとったJA福山市 瀬戸ふれあい市へ営業開始する8時前に行ってきた。P1040776
先週、レジのオバちゃんに教えてもらったとおり7時半目指して家から車で10分ほどで市に着くと、農家の方達が次々と収穫物を持ち込まれてて果物コーナーはブドウで満載(笑顔)P1040775今が旬のイチジクもねP1040773
試食したり、他のお客さんに教えてもらったりしながら、気に入ったのを選んで8時に開くレジを待つ。早出のお客さんを沢山居て最大20人位並んでた。P1040779↑この写真の右側は我が家のレジカゴでブドウとイチジクを2パックづつ1000円ほど、隣の方はブドウを満載。皆さん、この買いっぷりじゃ10時には売り切れるはずだわ。。。P1040778壁に貼ってあった、ここに果物を出してる果実部の皆さんの顔写真を見て、買った果物を作った方を見つけたら、少し嬉しい。
ウチに帰ったら、”糖度バツグン!”と書いて売ってた黒イチジク(ヌアールドカロン)を朝食で食べる。P1040782黒っぽい外見に反して中身は意外と普通。P1040783しかし、味の方はPOPとおり、めちゃ甘で、そのままでジャムのようだった。(広島じゃ)普通の蓬莱柿の方がカットして食べるにはワシャ好きじゃのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉羽梨 幸水 ~生産者:沖村さん

2010年9月1日(水)到着
富山から甘い甘~い幸水が届きました。F1000336富山市の西に拡がる呉羽丘陵土地が梨に良く、GWに真っ白い梨の花が広がる丘の上で美味しい料理を食べたのは去年のこと。P1040755
必ずしも形は整ってないけど、旨そうに丸々した幸水梨。P1040771は、食べると想像を超えて甘くて、ぶち美味い!!!P1040770去年いただいた時は(くにだけ食べて)海外遠征中のワシは食べ損なった呉羽梨。間違いなく、これまでで食べた梨の中でも1番美味い。ご馳走様でした。


6月に福山へ越してきてから、、、地元の白桃ぶどう、昨日の朝tweetをきっかけに行った朝市で買ったぶどう姉妹さんのニューベリーAP1040768いちじく(ここんとこ毎日食べてる尾道の蓬莱柿)P1040769に加えて、この遠来の幸水となんと幸せ大豊作な夏の果物シーズンだ。
明日も早起きして瀬戸ふれあい市へ行かにゃならん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

うなぎ なか勝

2010年9月2日(木)
盆過ぎても9月になっても暑いマンマで、また夏バテしそうなんで”力を入れよう”と、よーくお世話になっとる福山・備後INFORMATION(あや花さん、いつもありがとう)に書いてあってブチ旨そうななか勝へ行ってきた。こないだ行ったとり常より少し遠いので、今夜は自転車で。
茶漬けでしめたひつまぶしP1040763良く焼かれた一色産のうなぎはブチ旨かった。

上うな重(2,835円)
P1040760パリッと焼かれた肉厚のうなぎがたっぷり。ご飯も大目で腹いっぱい。

上ひつまぶし(2,730円)
P1040762短冊に包丁が入れてあるからか、少しサイズが違うのか、うな重と鰻の食感がチト違う。一膳めはそのまま食って、二膳目はタレを足してネギとワサビをいれてかき混ぜて、三膳目はお茶漬けで。

この夏、夏バテ対策!とかっ云ってスーパーで買って家で何度か食べた鰻はパックでシンナリ、骨太で、食べたらゲンナリ。鰻はヤッパリ、少々お高くても店で焼きたてのを食べたい。
うんと元気出た気がする。また自転車飛ばして来よう。

P1040756

うなぎ なか勝
福山市沖野上町1-4-10 (084)921-5111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »