« 境港から安来へと、水木しげる夫婦の生家を訪ねた | トップページ | 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ »

2010年10月31日 (日)

第7回 尾道 灯りまつり

2010年10月30日(土)
Img_5169
今年の灯りまつり当初の10月9日(土)が雨で延期になった今日、心配された台風14号が大きく南を通ってってくれたので無事開催というので電車に乗って行ってきた。
参加十六寺の中では最も多くのぼんぼりが置かれた西國寺の灯りはさすがに素晴らしく、Img_5082自分の書いたぼんぼりを探す子たちとその家族が大勢居た。(紙に絵や字が書かれてロウソクの周りを飾るぼんぼりは尾道市内の子供たちが作ったもので)Img_5093大草履のかかる仁王門の先が一番の密集地で暗闇に揺れる無数の炎がきれいだった。Img_5144

Img_5153ぼんぼりの無いロウソクが柔らかい灯りを放つれんが坂を登ると窓ガラスに切り絵を張ったお宅、Img_5154灯りを置いた庭を開放され、室内に飾りガラスを飾った部屋を見せている家もあった。Img_5164
映画「転校生」のロケ地としても有名な御袖天満宮の階段Img_5183
善勝寺の階段は長江小学校の力作で描かれてたImg_5198
室町時代に足利尊氏の遺志により建立された天寧寺の600年以上前に立てられた海雲塔(三重塔)に遠慮してか、足下の灯りは控えめにImg_5206
宝土寺の境内に流れるように配置された灯りは優雅でよかったなぁImg_5224

今回、初めて行った灯りまつりは期待以上に美しいもので、多くの寺がこぞって参加し、灯りが燈されるぼんぼりが地元の子供たち(小中学生、幼稚園児)に作られるってのもとても良いお祭り。歩きながら「とても良かったわよー」と耳に入った海龍寺や、金堂などなどが素晴らしかったであろう浄土寺といった今回は遠くて止めといた東寄りのお寺と、渡船で渡らなきゃなんない向島・兼吉地区を来年は訪ねようと思う。
しかし、「あの寺に行こう」「次はこっち」「あそこをもう一度見ときたい」などと坂の多い、そして殆どのお寺さんが坂上にある尾道を歩くと、非常に疲れる。今日みたいに3時間という限られた時間で、たくさん見ようとするなら体力も大事になる。

|

« 境港から安来へと、水木しげる夫婦の生家を訪ねた | トップページ | 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ »

備後」カテゴリの記事

物見遊山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/49890840

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 尾道 灯りまつり:

« 境港から安来へと、水木しげる夫婦の生家を訪ねた | トップページ | 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ »