« 片鉄ロマン街道を自転車で往復す | トップページ | 大山Gビールをガンバリウスでタップリ呑んだ »

2010年10月21日 (木)

自転車のタイヤと腕時計バンドのネジを交換

2010年10月19日(火)
いつもより早く帰ったらヤマダ電機からネジP1050724
AmazonからタイヤP1050731
が届いてたので、晩飯食ってから交換した。

P1050727ネジは去年から愛用しているProTrekの交換バンド用の
もの。購入時に付いてたゴムバンドと半皮バンドと、追加購入したチタンバンドを持ってく先で付け替えて使ってた(なぜ 時計も着替えないの~ワシが替えるのはバンドだけですが、、、)ら、汗を吸わず・伸びず・カチャカチャ云わないのが欲しくなって、9月24日にヤマダ電機で樹脂バンドを注文、「入荷した」と連絡あったから10月9日に再訪し受け取って取り付けてみると、ネジ頭が飛び出してて明らかにサイズが違う。10月11日にまた行ってちゃんと合うネジを求めると”お取り寄せになります”というので「交換品でネジのサイズが違うんならハナっから教えてくんないとおかしい。ネジだけの為に何度も来店するのは面倒。入荷したら送って下さい。」と頼むが”清算が必要なのでお送りできません。”と対応した時計コーナーの方が言うので了解したが、客の意見をお店の他の方にも聞いておいてもらった方が良いと考えて、レジの奥の方にいらっしゃったより年配の方にも「交換品でネジのサイズが違うんならハナっから教えてくんないとおかしい。ネジだけの為に何度も来店するのは面倒。出来たら送って下さい。」と伝えて帰る。すると7日目に”ご迷惑をお掛けしましたからパーツ代と送料はいただけません”と電話があり8日目にモノが届いたというわけ。なかなか良いCustomerServiceだこと。これからも贔屓にさせてもらいます。
P1050728で、新(右)旧(左)のネジを比べてみると長さだけじゃなくて太さも違う。これじゃ合わんはずだ。さっそく交換してみるとシックリ来る。汗をかく時、(割りと)激しく動くときは、このネジで樹脂バンドを止めて行く。P1050729ゴムバンドはスキーなんかでジャケットの上に時計を巻きつける時、半皮革バンドは汗の少ない散歩やそこいらへの外出時、黒チタンはも少しチャントする時。

タイヤの方はとびしま海道1を走って車に戻った瞬間に”ブシュー”と音を立てて空気が抜けた。数百kmも走ってないからタイヤは疑ってなかったんだが、家に帰ってペシャンコのタイヤとチューブを外しチューブに空気を入れてみると大きな穴が開いてた。まさかとタイヤの方を見ると、ちょうどチューブの穴の位置で2cm近い切れ目が中まで貫通してた。島の周回道路を走ってる時に鋭い落石でも踏んだんだろう。01
ちょっとした修理で世話になった近所の自転車屋に恩返ししようとタイヤの在庫を聞いてみると無くて、来週この自転車を使いたいから取り寄せてたら間に合わないので、結局Amazonでポチっと。新品のタイヤは拡がりたがってリムにはめ込むのに難儀したけどスグにコツが判ってなんなくタイヤ&チューブ交換終了。P1050736交換は簡単とはいえ、部品の入手はクリック一発とはいえ、なんちゅうてもタイヤ(3,591円)+チューブ(840円)と決してお安くない。これからは今まで以上に路面に注意して走る事にする。

とまぁ、なんの事もない話です。

|

« 片鉄ロマン街道を自転車で往復す | トップページ | 大山Gビールをガンバリウスでタップリ呑んだ »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/49800594

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のタイヤと腕時計バンドのネジを交換:

« 片鉄ロマン街道を自転車で往復す | トップページ | 大山Gビールをガンバリウスでタップリ呑んだ »