« 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ | トップページ | 閑谷学校で紅葉を観て、日生でカキオコを食べ、牛窓の夕陽でしめる »

2010年11月 5日 (金)

秋の蒜山高原自転車道をサイクリング

2010年11月3日(祝)
P1140107
こないだ山陰に行ったのは蒜山でのサイクリングが目的だったんだが雨の天気に敗退したので、雪の降る前に再チャレンジしようと決めていて、週末が台風14号で潰れた週の中日で好天が期待された祝日に再訪した。P1050818_2一周が30kmほどの蒜山高原自転車道蒜山高原をグルッと回る高低差100mほどの周回コースで快適なサイクリングになる。ハズだった。P1050811要所にしっかりした案内塔が建てられP1050814自動車の入らん自転車専用道は快適そのもの。P1050816路面に自転車道らしいマークが書かれていて道に迷いにくいしP10508172-3kmおきにあずま屋つきの休憩所がある。P1050844手入れが追いつかなくて看板が草に負けそうなとこでも酔呑が守ってくれてる。
P1050822田んぼの向こうから蒜山三山に見守られながらP1050820秋らしいススキ野やP1050823めんこいジャージー牛なんぞを眺めてると、冷たい通り雨にやられて”北海道を思わせるような雄大な風景”は殆ど見ないで、今回の一つの目標”ひるぜん焼そば”へ突っ走る。サイクリングロード最寄りのいち福は店外に列なしてたお客さんまでで売り切れでも、雨が上がり始めたんで気を取り直して次に近い高原亭で列につき柔らかな若鶏とピリ辛な味噌ダレが旨いひるぜん焼そばP1050830を食べる途中から日差しが出てきて、満腹の腹をさすりさすりサイクリング再開。
すすきの茂る川原沿いP1140101からググッと坂を登って蒜山三山ドーーンな高原牧場P1050846を通り越し、黄葉のキレイな坂を登りP1050856サイクリングロードの一つの拠点道の駅「蒜山高原」をやり過ごすと、鮮やかな紅葉が見えてきてしばらく和む。P1050875緑のトンネルやP1140122牧草地沿いを走ってる内に、スタートが遅かったもんだから日が傾いてきてP1050887走りやすく整備された下り基調で快適な後半戦を走り終えP1140126車を置いた快湯館で汗を流し暖を取って帰路に着いた。

今回のブランニュー自転車グッズはペダリングの効率アップのために仕込んだ三ヶ島のトゥクリップ(CP) YD-48トゥストラップ(ブラウン) YD-45は慣れるまで立ちゴケが怖かったけど引きでも漕げるロス少ない効率的ペダリングに近づけた気がするP1050866それと、着替えや行動食などを背中に背負いこみたくないからとサドルポストに取り付けてみたリクセン&カウルのマッチパックKM823は20lの容量があって耐風耐雨ソフトシェル防寒ジャケットスペアチューブ、軍手などなどを放り込んでも余裕、後タイヤまでも余裕のクリアランスで快適に走れたのでR。P1050867

曇天に始まって、氷雨からポカポカ陽気まで色んな気候の初蒜山サイクリングは、それでもナカナカ楽しかった。今度はもっと暖かい日にズバッと走ってみたい。こんな素敵な場所を教えて下さったテレマークつながりでマイミクあ~るさんとも一緒に走らないと始まらない。

いつものように走った軌跡をで書いてみた
Wadachihiruzen(クリックで轍ページに飛びます、飛びます)

|

« 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ | トップページ | 閑谷学校で紅葉を観て、日生でカキオコを食べ、牛窓の夕陽でしめる »

岡山」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/49939162

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の蒜山高原自転車道をサイクリング:

« 尾道の ベッチャーの胃袋 で腹ごしらえ | トップページ | 閑谷学校で紅葉を観て、日生でカキオコを食べ、牛窓の夕陽でしめる »