« しまなみ海道2nd with 自転車部 | トップページ | 快晴のバラ祭からのカープtheディ »

2011年5月20日 (金)

蒜山高原自転車道2nd

2011年5月15日(日)
昨秋11月以来、2度目の蒜山高原自転車道。この気持ちよいルートを教えて下さったんだけど初回はご一緒できなかったマイミクあ~るさんと一緒に3人で走った。
Wadachi
10時半に待ち合わせた快湯館1月のテレマークスキー以来の再会を果たしたあ~るさんが30年選手というvivaloのスポルティフを駆って先導してくださる。P1100537
ユックリ走っても一周2時間ほどのコース。時間もあるからと、自転車道を少し離れ黄金杉を見物。P1100542
田植えで賑やかな田んぼ道を蒜山を見ながら走ってコースに戻る。P1100546
点在するあずま屋の1つであ~るさん持参の自家焙煎コーヒーで一休み。P1100564
前回はちょうど通り雨に遭ったから記憶にない、ひたすら真っ直ぐな気持ち良い道。P1100572
厳しかった冬の名残り、大山にはまだ雪が沢山みえた。P1100574
前回は坂を嫌ってパスした中国四国酪農大学校を抜けて件の坂も走破。(大したこと無かった)P1100585
しばらく川沿いや田んぼ沿いの平坦な道を走ってから、休暇村に向って急坂をググッと登る。坂でもすいすいと先を行かれるあ~るさんのゆったりとしたぺダリングは勉強になる。P1100597
ひるぜんワイン。13時近かったから目当てのランチボックスはもうなくて風のシルフという山ブドウのジュースですっきり一休み。うーん、キレイな自転車。P1100609
あ~るさんが目を付けてたという鼓八っていう新しい店で、お徳感たっぷりの美味しいランチを楽しんだ。P1100614
よう休んで腹も一杯になったしで元気出して今日のチマコッピを登り上げP1100626
このコースの中でも一番、高原らしい景色を颯爽と駆ける。P1100629
小さい登りをチョイチョイ挟みながら、下り調子の後半戦を(ホンマに)気持ちよく走って振り出しに戻ってジャージー牛に「ただいま」いうたP1100648
この後、もちろん快湯館で汗を流し、牛乳を飲んで帰路に着いた。
あ~るさんにはルートの先導から自転車のお話などなど大変にお世話になって有難うございました。また、一緒に走りましょう。今度はしまなみ海道か讃岐うどんツアーでも。

|

« しまなみ海道2nd with 自転車部 | トップページ | 快晴のバラ祭からのカープtheディ »

岡山」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

は~い、時間があえば私達もご一緒したいです~
讃岐うどんツアー、お待ちしています♪

投稿: 讃岐おばさん | 2011年5月20日 (金) 07時43分

麺通団や、さぬきうどんサイクリング(著:国井律子)を参考に
自転車で腹減らしながら走ったら、無限に食べれるんじゃなかろうか?
というチャレンジ!は、ちとミーハーですね。

投稿: さんすけ | 2011年5月20日 (金) 18時33分

好天に恵まれて最高のサイクリングでしたね。またご一緒しましょう。

投稿: あ~る | 2011年5月21日 (土) 19時03分

あ~るさん
いやぁ~ 晩秋に雨にやられながら走った時とは印象が一変する、素晴らしい一日でした。
また走りましょう。

投稿: さんすけ | 2011年5月21日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/51716965

この記事へのトラックバック一覧です: 蒜山高原自転車道2nd:

« しまなみ海道2nd with 自転車部 | トップページ | 快晴のバラ祭からのカープtheディ »