« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月に作成された記事

2011年7月24日 (日)

ジョグ部に初めてノルウォークで加わる

2011年7月24日(日)
早起きが苦手で土曜朝っていう難関早起きが必要なジョグ部に参加できないでいたワシらが初めて参加したのはゆきだるさんとの思い出づくりスーパージョグ部が日曜開催だったから。Wadachi

集合時間5時半ちょい前に芦田川河川敷に行くと既に皆さんお集まり。P1110683

およそ12名のジョグ部員が先行するのを追っかけて、ワシらノルウォーク隊9名くらいもボチボチと芦田川をわたる。P1110685

朝明けきらんなか、坂を登り明王台高校脇から展望台(標高だいたい130m)に立ち朝モヤってる福山市街を一望しゆきだるさん中心に思い出つくりに集合写真を撮って下山。P1110687

ノルウォーク隊員9名は、サッと先行してったジョグ部員とは道を別けスリッピィな登山道を、やぶ蚊と戦いながら下る。P1110695

数名がラジオ体操をされていた明王院。いずれも国宝の五重塔本堂が立派なお寺。で一休み。P1110696

隣の草戸稲荷でジョグ部員と合流し、本殿前でゆきだるさん中心に思い出つくりに集合写真を撮ったら、太鼓橋を渡って帰る。P1110698

まさに早起きは三文の得。小2時間ほどで8km歩いて、ゆきだるさんとの別れを惜しむ儀式に参加し、皆さんと歓談して家に帰っても未だ8時前。昨日は夢の中な時間帯での盛り沢山。感覚的には一文=1,000円くらい得した感じ。

ほとんど接点無かったのが残念。若いゆきだる君の新天地での益々の発展と活躍とお祈りします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

井原の天神峡から福山の山野峡あたりをサイクリング

2011年7月23日(土)
先週のクイーンK初心者ライドでワシら離脱した後オプションでウサギさんチームの皆さんが走りに行ったルートをトレースしてみた。Wadachi

途中、緩い斜度ながら200mを越える峠が有るので早起きしてくつもりだったのが、相変わらずの遅寝がたたっての9時自宅スタート。マックで朝飯食ってのリスタートは9時40分。早く山(=涼しい所)に入ろうとあせったつもりもないけれど、ちょっと道迷いして越えなくてよい団地を1つ越え、やっと見つけたクイーンK郊外脱出路で街を脱して、いつものファミマで一休み。P1110646

田んぼの中で広島→岡山県境を越えてP1110647

最近、検討中のくにがちゃんと後ろから着いて来てるかどうかを確かめるバックミラー。今日はMTBのバーエンドバーに付けてたのをフロントフォークに移植してみたら、半分くらいに自分のシューズとクランクが映って肝心の後方確認が殆ど出来んかった。これまでのブレ問題、フラット鏡面問題、近焦点問題は全てクリアしてるだけに、これで落第にするのは惜しいので、付け位置を工夫して次回も試したい。P1110650s

先週の離脱ポイント、セブンイレブンで限定販売のアクエリアスでエナジーチャージして、なんだかバンバン走ってるダンプにメげ気味な気持ちも回復を図って井原市街へ向けリスタート。P1110652

井原市を流れる小田川沿いを遡って芳井町で桜並木の堤を走りP1110656

景勝地天神峡を走る。スタートが遅くて暑い中を走ったんだが、この小田川沿いは木陰が多くて涼しく気持ちヨカッタ。P1110659

山野峡へ向う道に入ると交通量が減り、川辺の気持ちよい走りが続く。P1110663

山野町の中心街(いうても駐在と小中学校、JA、郵便局が固まってるくらい。自販機見つけられず水分補給出来ず)を抜けて福山市内へ向う。平均斜度3%ほどの登りを淡々と漕いで今日の最高地点(240mくらい)で走った新七曲トンネルはひんやりとして気持ちよかった~。P1110668

トンネルの先は直線基調の気持ち良い下り坂。やっと見つけた自販機で水分補給し一休みしてから、いつかチャレンジしてみたい四川ダムへの道をわけ、神辺の交通量多い所を抜けてから川土手に逃げると、逃げ場がないから日差しは厳しいが、なかなか気持ちよい道。P1110675

天気よいから、ゆっくり走ってる福塩線もなんだか気持ち良さそう。P1110678

今日の教訓「夏場の早起きは絶対だ!

走行距離:62kmほど 総上昇量:380mほど 移動時間:3時間30分 でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

SPDシューズの交代

2011年7月17日(日)
ワシが最近のサイクリングで履いてた台湾で買って8年経つNikeのSPDシューズが日曜朝サイ途中に遂に壊れた。P1110632
登山靴などで頻発するウレタンソールの典型的な加水分解でのソール剥離がワシの靴にも起きた。
説明しよう! SPDってのはshimanoビンディングペダル方式で、主にMTBに使われている。ロード用はSPD-SL
台湾で買うたMTBで履いてたSPDペダル&シューズを流用してロードに乗り始めたってわけだ。
加水分解の兆しは有ったから「Katoが壊れたら買う」と決めてた次世代シューズは、レース、レースな感じでもオフロード、オフロードな雰囲気でもない広告で一目惚れしたVittoria 1976
代理店サイトを見て最寄りの取扱店FARM目指して日曜の午後、倉敷へ車を飛ばして行った。(広島県内に正規取扱店が無いってこと、、、)Farm
前のKATOは45と特大なのを気にせず履いてたのを猛省し、1976はピッタリサイズの42にした。ツールを完走したキャリアを持つ社主が描かれた金色パッケージ。P1110626
SPDクリートはKATOから移植。表皮が薄い、このチョコ色の靴でしばらく走ってみる。P1110628

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

笠岡の夜2~ねぶと屋、お多津+α

2011年7月7日(木)
もう10日ほど前、多苦労さんの「お多津の肩ロースチャーシュウラーメン食べに行きましょう」ってお誘いに二つ返事でのってお多津からのブサイクブラザーズライブ以来10日ぶりに笠岡へ。
まずはねぶと屋P1110312
魚串ねぶと屋店名とおり揚げたてのねぶとのお通しを突っつきながらメニューを見る。P1110315
仕事っぷりを眺めようとカウンターに座ったんじゃがモウモウの魚煙に燻し出されてテーブルへF1001133
初めての魚串(ととくし)はおまかせ5本盛りでP1110321
ねぎいかだ、ぷちとまと、浜田あか天を追加P1110323
生ビール、黒ホッピー、焼酎日本酒と呑みながら、適度な火通りで味良く柔らかい魚串を楽しんでから、お多津へ移動

メニューに”ちゃーしゅうラーメン690円”を確かめてP1110324
オイルキャベツ、カシワちゃーしゅうでビール呑むP1110327
ラストオーダー20:30の頃合い見定めてラーメンを注文。定番”コリッと硬めなカシワちゃーしゅう”と違う柔らか美味しいブタちゃーしゅうでも美味しいラーメン。煮玉子つき。P1110329

美味い串焼きとスープが最高に美味しいラーメンで幸せ一杯でJRに揺られて福山に戻ったら、もう一杯って事になってBar伊右衛門でモヒートを飲んで解散。F1001134

多苦労さん、また行きましょう。 それと、自家製お野菜お裾分けありがとうございます。今夜は南瓜を頂きます。。。P1110636

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

クイーンKの初心者ライド~井原(カメさんコース)

2011年7月17日(日)
クイーンKの初心者ライド告知にカメさんコースにエントリー(というてもブログへコメント)し日曜の朝3時間ほど走ってきた。
ルートは福山北東部から岡山県境越えて井原市に入るいつものエリア。WadachiPowered by

これまでより1時間早いSummerTimeな6時に多苦労さん他3名でお店スタート。P1110605

第2集合地点の坪生ファミマで4名合流。直後、ウサギさんチーム3名は脱兎の如く消えてって、カメさんチームは5名走行。P1110607

あまりに気持ちよい直線コースに誘われてミスコース。P1110611

ついでに1人が行ってこいで行方不明となって4人に。くに念願の女子参加者とチーム組んで多苦労トレインで快走~P1110612

今日の最高地点(100m)あたりの溜め池に植わってたヒマワリが元気P1110616

広島県境を越えて福山に戻りP1110619

いつもと少し違う道を走ってDoruseさんの場所を確かめたりしながら9時過ぎに無事帰宅。P1110620

早起きで長い日曜日、有意義につかえますわ。

走行距離:60kmほど 総上昇量:260mほど 移動時間:3時間 でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

今治城から尾道へ、しまなみ海道を北上した(完結)

2011年7月10日(日)
P1110526
薩摩のnupuriさんから「松山に行くから一緒にしまなみを走りましょう」と連絡があった7月10日を指折り数えて待って週間天気予報を睨みつけてたからか、直前に梅雨明けし、見事な夏晴れのしまなみサイクリングを楽しめた。
で描いたルート(写真付き)を見ると四国(今治、下)から本州(尾道、上)まで点在する島々を渡ってったのがよく判る。Wadachipowered by
ご一緒したnupuriさん、みどりちゃん、シゲさん、モトさん~ド初心者にお付き合い頂き有難うございました。今回はサポート役に回って下さったまみーさん心強かったです、今度は一緒に走りましょう。

07:15 集合はしまなみ海道四国側起点のサンライズ糸山だったんだが先月あって福山城5時スタートを見送って出走者の凄いパワーを感じたしまなみ海道100kmウルトラ遠足(とおあし)が福山城から今治城に走って/歩いて行ったのにちなんで、ホテルを出たワシらは少し遠回りして今治城をスタートした。P1110415

08:30 8時前にサンライズ糸山に着いて、皆さんにおはよウナギ。橋が半額サイクリングクーポン買ってタイヤの空気圧を見て、笑顔でスタート。最初で一番でかい来島海峡大橋P1110425

08:45 三つの長い橋が直結する約4kmの来島海峡大橋を鯛釣り船集団なんかを眺めながら渡り切って車の走らん専用ループ橋を気持ちよーく下る。P1110440

09:30 大島大橋で伯方島P1110451

09:35~10:00 マリンオアシス伯方で楽しみにしてた伯方島塩ソフトを食べる。が、サイクリングクーポンについてた割引券で買った200円ソフトが定価250円のより遥かに小さいという売り方に抗議の意を込めて、ここでは碧い象さん集合写真をば。P1110462

10:10 しまなみ海道で最初に出来たっていう大三島橋は300mと短い方なので足下に川のように流れる潮流を見ながらペダリング。P1110468

10:40 「早めに進んでるから」と大三島では多々羅大橋を一旦やり過ごして大山祇神社に参拝してからの島北半分を周回することに。この頃から暑さが尋常ではなくなってくる。今回のほぼ最高地点'三村峠'(75m)を越えるモトさん。P1110479

10:50~11:15 サポートカーのMammyさんからバナナ補給を受けたりしながら大山祇神社に到着。今後の行程の無事をお祈り。P1110486

11:30 今回のルートの中でも一番に車が少なく快適な海岸沿いが終わったら大三島ふたつめの峠坂。nupuriさん、シゲさん、モトさんの3人は坂と見てスピードアップ。P1110493

11:40 みどりちゃんの背中を押し峠を越えるnupuriさんP1110500s

みかん畑のつづれ折りを瀬戸内海に向って下ると、すぐそこに大久野島、本州(竹原市忠海)が見えるあたりP1110506

12:55 オプションの大三島北一周から東岸を思わぬ向かい風に苦戦しながら南下。美しさで人気の多々羅大橋ではお約束の拍子木カーン!P1110517

13:20 瀬戸田の古い町並みを抜け、商店街を通り、華美な耕三寺もスルー。P1110530

13:25~14:25 すきっ腹を抱えて走りこんだんはしま一P1110540

大ぶりでフックラした穴子がたっぷりの穴子丼(1400円)でカロリーチャージP1110536

ほんとうに心強かったサポートカーMammy号ありがとうP1110542

14:30~14:55 で、食後のデザートは今日二つ目のアイスで海道No.1(広島イチかも)人気のドルチェでワシははれひめP1110543

15:05 今治(四国)に戻る皆さんと自転車での再会を約束して井口橋のたもとでお別れ。ワシら2人は尾道(本州)へP1110546

16:00 暑さと疲れがピークに達した因島は、喉は渇く・尻も痛いで休み休み1時間近くかかって、やっと因島大橋を渡ると先月激坂に苦しんだ向島。。鳥かごみたいで景色が悪いし時々走るバイクが恐いと良く思ってなかったこの橋が、ブチ暑かったこの日は涼しくて何と気持ちよかったことか。。。P1110558

16:25 いつか渡ってって岩子島を走りたい向島大橋はお色直し中。キレイになった頃、また来て見るかな。P1110563

16:40 向島運航の渡船で110円払って尾道へ。ここまでで初めての100km超え、暑さと日差しもあってバテバテで、これを渡ると尾道駅で電車が待ってると思うと、もう福山城までの自走は即座に断念。輪行袋に自転車を入れてJRに乗り込んだ。P1110570

改めて、ご一緒した皆さん、お世話になりました。
今回、「輪行は駄目だよ」とも聞いていた、高速バス(しまなみライナー)に問題なく自転車を積んでもらえたんで、今度は福山城から今治城へ南下して、焼鳥焼豚玉子飯を食って、バスで帰ってくるなんてプランも良いなぁと思ってる。(同行者募集中)
もちろん、いつかはしまなみ海道往復(尾道~糸山)を日帰りで!

走行距離:103kmほど 総上昇量:500mほど 移動時間:6時間弱 でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

笠岡の夜

2011年6月26日(日)
二つ前の日曜日
P1110225
ドラゴン氏ドラムをやってるバンド笠岡でライブを演るというので「よっしゃ!」と行く気を固めていると、なんとDragon氏と20年級の音楽仲間と判った多苦労さん超常連のお多津から笠岡の夜を楽しもうじゃないかと、(たまたま)福山から一緒に山陽本線に乗っかって県境を越えた。
つい、こないだまではレギュラーメニューではなくて、「作る」と決めた大将が掲示板ラーメンやりますと書いた日だけ食せた幻の中華そばが有り難くも定番化。ほらメニューに”ふるさと中華そば”があるよ~P1110207
ねぶと二度揚げP1110210
はも湯引きP1110212
など美味しい地魚を多苦労さんくにと三人で楽しんでるとライブ前の休憩がてらにドラムブサイクサックスブサイクが小腹を満たしにやってきたので、横に来てもらってしばし歓談。
”ふるさと中華そば”食べて萌に戻る2人の背中へ今夜の熱演にAleもといYellを送り、ワシらも〆に”ふるさと中華そば”を注文。P1110218ラーメンらしいんだけど、これまでに飲んだことない美味しいスープが抜群の絶品ラーメン。歯応えあるカシワのチャーシュウも旨い。P1110220
三洋旅館料亭「お多津」
岡山県笠岡市中央町20-4 TEL.0865-62-3101 水曜定休

開演時間が迫ってきたので勘定して、すぐ近くのハコカフェド萌へ急ぐP1110221
MCブサイクが吠える演奏が始まってて、1000円のチャージを払ってビールと摘みをもらってホボ満席の店内に座る。ブルースの歌詞を和訳した曲とオリジナルほかの構成。P1110228シャウトしつつも良い感じに力の抜けた楽しいライブで次回(いつ?福山かな?)も楽しみ!

カフェド萌 ライブ・スケジュール
岡山県笠岡市中央町18番地の7 Tel 0865-63-0511

自転車以外にも色々と御指南いただきたい多苦労さんのブログ★お多津~カフェ・ド萌@笠岡ナイトクルージング★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

沼隈半島(ほぼ)一周

2011年7月2日(土)
日曜は埋まってるし昼から用事があったので、ここしかない!と土曜の朝、自転車に乗りに出た。激しくない坂を幾つか走る最長90kmのルートを考えて家を出たが、8時代スタートと遅出になってしまったのと、平日の疲れや、パンク禍もあったので、内海大橋は渡らず、芦田川沿いを真っ直ぐ北上して50kmに短縮した4時間弱のサイクリング。Wadachipowered by

もっと西に進むべきを手前で南進と、道を間違えたあたり。ウチから15分ほどで見事な田園風景。P1110258

くには「良いフォーム」を悩みながら走ってる。P1110265s恐がりながら、ロード4日目にして初めてビンディングシューズを履いてみて、自転車との一体感が増したみたいで、コけるのとかは恐いけど「次からも履くわ」と非常に前向き。ならばとペダリングや止まり方を指導しながら走ってたさんすけが初めて立ちゴケ。バーエンドにパックリ受傷P1110280肘も痛いが、これも経験。階段を1つ上がったと前向きに。

道間違いもあったけど小一時間で半島を横切って松永湾を見ながら一休み。P1110268ここからは沼隈半島の西岸の車通りの少ない道を気持ちよくサイクリング。

今度はカフェでお茶しに来たい境ヶ浜は横目で通過P1110272

造船所は大きな船を横目で見ながら通過P1110274

内海大橋を渡って島を走り回るオプションは繰り出さずスーッと橋をくぐるP1110276

車もまばらで気持ちよい平坦路をしばらく橋って、1もがき登ってトンネルを抜けたら鞆の浦へあと少しP1110278

あずみ野のジェラートで体を冷やし、カロリーを充填し、満潮の雁木で一休み。P1110279

こっから家まで30mの緩い峠もノンストップで一気に走ろう!と思ってたのにくに号にまたもやパンク発生。携帯ポンプで空気を足して様子を見るも、数分と持たないのを3回やって諦めてタイヤを外してみると、チューブの先々週開いたタイヤの穴にワシが当てたパッチの際にあたる所に小さな穴が開いてた。前回穴を開けた原因の何か(針先?、トゲ?、鉄片?)が残ってたのかなぁ?と反省しながら、やはりワシがパッチを当てて補修したチューブに交換。家までの数kmを問題なく走れたし、今もまだ圧を保ってたので、今度は大丈夫みたい。
すっかりパンク恐怖症になってしまったくにに申し訳なく。安心して漕ぎ続けられるようにしないとアカンなぁ。
まずは、来週のしまなみ海道を無事に乗り切れますように!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

軽トラ市→オオムラサキ→さち

2011年7月3日(日)
今日は”自転車で府中(の山奥へ)オオムラサキを見に行こう!”の日だったのが”松永で軽トラ市に行ってから”に変わって、同行の皆さんが自転車やーめた!となったのに少しばかりの抵抗を見せ、車に自転車を積んで家を出た。Img_8256
あや花さんも参戦する軽トラ市会場のいこうさんのお店に着くと本降りの雨の中、軽トラが並んでお客さんもワサワサとImg_8268
最近はジャム作りに忙しいあや花さん(さらに今日は弾丸トラベラー!笑)の美味しいジャムを調達Img_8262
ぶどう姉妹さんの軽トラでは、最近がんばってるハーブを精進。Img_8265さっそくミントを贅沢に使ぉてモヒート!なうP1110307
次は9月。ぶどうを楽しみにまた行かにゃいけん!

で、山越えして御調側から府中へ入りオオムラサキの里へ!「ごめんなさい、この辺の山を完全に舐めてました。松永~御調はまだしも、下河辺からの登りは山岳路な急な林道。雨で自転車やめにして良かった。」などと話しながら細い激坂を登ってオオムラサキの里へ。深い緑の山ん中に車を停めると、ネットから抜け出したのかヒラヒラと国蝶オオムラサキが舞っていて気分高揚し、雨上がりで足元悪い急な木階段を登って会場へ。Img_8271s
放される蝶たちは100匹つつでカゴに集められてその時を待ってた。Img_8292
オオムラサキを守る会の方から話をきいたりImg_8306
保護ネットの外で育ってぼちぼちサナギになるのかな?って位に育った幼虫を観察したりImg_8322
いよいよ放蝶の11時となって、用意された4つのカゴが広めの場所に移されて、お子様たちがネットを開けると少しずーつ大空へ飛び立ち始めてImg_8337
ちょっと元気が無い?蝶たちは、主に子供さん達に愛想を振りまいてくれる大サービスImg_8356
同行した方にもお裾分けでモチロン写メ~Img_8361
ここまでオオムラサキさん達と接することが出来るとは思ってもなかったので他の参加者の方々もみんな楽しんでらっしゃった。今日一にキレイな蝶Img_8389子供たちにも良い思い出になって、オオムラサキをはじめとする貴重な動植物を将来に遺す力になると良いな

「じゃぁ府中焼きを食べて帰りましょう」と人気のさちに電話すると1時間半待ち!としばらく出来た時間を有効に~と、某所へ向って突発的な陶芸教室になって、無花果の葉脈を移し取ったお皿を一枚(この写真は裏側で)Img_8409
と、来年の干支の辰に彩色2つImg_8413もろもろ御世話になったSさんに心から感謝。お世話ついでに仕上げも宜しくお願いします~

頃合いも良くなったので、車は隣の明浄寺へ停めてからさちへ。P1110301
ソバがパリッと焼けて、牛ミンチの効いた美味しくしかも安い(590円)お好み焼きを食べて 幸せ一杯、腹一杯!P1110304

盛り沢山の日曜日を今週も楽しく過ごせました。(やはり盛り沢山だった先週の事は近々に)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

福山エキチカうろうろの夜(春秋→伊右衛門→麺龍堂)

2011年6月25日(土)
ラジオ付きICレコーダーを買ったのをきっかけに呑みに出る事になった。というか、した。
言い出しっぺで店を決める係りを仰せつかったので”美味い魚を食べよう”と福山に越してきた晩に最初のご飯を食べた春秋で一次会は5人(+遅刻1人)スタート。
旬も旬稚鮎の南蛮漬けのお通しに、海のものを期待してたもんだからまずビックリ。P1110177
小イワシ、シャコ、手長タコ(踊り)、ネブト
P1110178P1110180P1110181P1110182
と、初めてお会いする方も居た会だったけど、瀬戸内の小魚メインの料理を肴に、ワイワイと美味しく楽しく飲み過ごす。
    せとうち料理 春秋
    福山市延広町3-8 Tel.084-928-6588

1人帰って二次会は同じ久松通りにあるBar伊右衛門へ。
暫くして、やっと仕事が終わった1人合流(お疲れさん)。癒し系なバーテンダーのこさえてくれる酒を呑みながら、更に盛り上がる。P1110204
ちぃと盛り上がりすぎたみたいで御免なさい。木曜日には行くけぇ、よろしく~
    Bar伊右衛門
    福山市延広町2-13 東永ビル 2F Tel.084-924-0402

ここからは、記憶が飛び飛びなんだが、、、、大粒の雨の中を皆でキャァ~キャ~と走ったような微かな記憶。の次は〆のラーメン。F1001104
めちゃ辛い辛龍麺を「わたし平気ぃ~」と平らげて次の日しんどかった方がいらっしゃるようなので、博多とんこつラーメンをじっくり味わってスープまで完飲したワシの壊れっぷりもホドホドだったのか?と自画自賛。
    麺龍堂
    福山市伏見町4-26 Tel.084-927-5300

木曜くらいに急に決めた飲みだったにしては、盛り上がった楽しい夜。
みなさん、また出掛けましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »