« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月に作成された記事

2011年8月26日 (金)

はりま茶屋 で秋刀魚を食べた

2011年8月25日(木)
ワシは4ヶ月ぶり、くには一月ぶりのはりま茶屋F1000112
この夏を一緒に暮らした親父が昨日、テレビで料理番組か何かを観てて「福山で美味しい魚を食べれる所は有るの?」と云うたので、あした福山を離れる前に行っとこうやと今夜、出掛けてきた。
さんまの刺身F1000106
大羽いわしの刺身F1000110
たこ刺しF1000107
穴子の刺身F1000109
岩がきF1000111
と、造りを並べると、コリっと歯応え良かった穴子とタコは苦手がってたけど、「さんまが美味いのう」と喜んで食べてくれた。イワシと牡蠣もパクパクと。

ほんま美味しい刺身を食べた秋刀魚P1120007P1120010は、骨せんべいでポリポリと骨までキチンと食べさせてもらった。ありがとうさん。
子持ちのネブトも「美味いわ」とパクパクF1000113
家に来てくれた一月半前には食も細くて1日中ウツラウツラとしとった父ちゃんじゃが、キチンと三食食べる一ヶ月で元気でてきて、最近は昼間はずっと起きてて少しづつ好きな本も読み始めたようで、今夜も久し振りの生ビールをお代わりして上機嫌じゃった。
〆の雑炊P1120009で、腹もいっぱい。
P1120014
はりま茶屋
福山市延広町5-25-1(久松通りの駅に向って右側) 084-932-0113

杖つきながらユックリあるく父ちゃんに腕を貸して一緒にユックリ歩いて家に帰った。いつまでも元気で、また”美味い魚”を食べに来んさいや。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

奈良・三重県境に広がる 大台ケ原(日出ガ岳、1695m) 52/百名山

2011年8月15日(月)
大峰山に登って洞川温泉に泊まった天川村から林道で川上村へ抜け吉野川(紀ノ川)をさかのぼり大台ケ原ドライブウェイを目指そう!と宿を出た。五番関トンネルで大峯奥駈道をくぐる林道への分岐に”まさか?!”の通行止め案内板。Img_8576完全通行止めじゃなくバリケードは開けて有るし通行止めの林道名は書かれてるけど、手持ちの情報(カーナビ、地図)じゃ林道名までは判然とせず、他のルートとなると昨日の行者還トンネルまで離合も難しい狭い山道を1時間かけて回らんとイカンから「行けるトコまで行こう!」(←良い子はマネをしないように)と行ったら目指す道の駅"杉の湯"に着けたので結果オーライ!没有問題。その後の大台ケ原ドライブウェイも一部崩壊のため迂回路に誘導されたりと台風6号の爪痕がアチコチに残る、さすがに日本有数の豪雨地帯。
ガス欠におびえつつ、国道・迂回路・ドライブウェイを経済運転で走りきり「本日 宿泊できます」とあった山頂駐車場横の宿心・湯治館(旧 大台荘)に泊まって1600mの高原を明日まで丸一日楽しむことにしてユッタリとビジターセンターを見学。入山前の案内を聞く人達を姿を見て、いつか三ヶ月前までの予約が必要な西大台利用調整地区を歩いてみようと心に秘めて、入山フリーな東大台地区へ歩き始める。昨日の大峯に似た雨が多くて豊そうな森。Img_8583を30分ほど標高差で100mも歩いたら一番高い日出ヶ岳(1695m)。条件の良いときには富士山も見える大展望を楽しむ。モヤってたこの日は30km先の熊野灘がやっと見えるか見えないかImg_8593

それでも晴れ間には近くの山がとてもきれいに見えたのでアップダウンが少なめな周遊路をユックリとテクテクあるく。Img_8612

テクテク、テクテクP1140612

やはり鹿害がヒドくて鹿が届く範囲の葉っぱを食べちゃうもんだから、葉の先が同じ高さで揃っちゃった林が拡がってて、かなり深刻。Img_8608

晴れたら周回ルート一番の絶景ポイント大蛇嵓あたりでは雲が濃く雨さえ降り出して視界数十mの中、滑っちゃいかん!と断崖絶壁(見えんかったけど)の先っぽまで恐る恐る行ってみた。Img_8625

東大台で一番低いシオカラ谷で川原に下りて、昨日の宿で貰ったシンプルにソーセージ2本と佃煮、ふり掛けが載っただけの弁当を食べる。Img_8627Img_8640深い谷をビジターセンターへ200mほど急~っと登る道は境を接している西大台地区に多く見られるという立派なブナも見られて”いつかは西大台”という気持ちが少し強くなった。Img_8638

振り出しの駐車場に戻っても宿へのチェックイン時間15時までは随分間があったのでベンチで昼寝をしてから一周1kmに満たない苔探勝路という小路を散策。巣立ち間近な幼鳥がお出迎えImg_8646

コケ達は様々な姿を見せてくれいた。倒木を覆い尽くしていたりImg_8652

森を司る大鹿か?Img_8663

苔に覆われた樹皮の下から小さなキノコがのぞいていたりImg_8667

短いながらナカナカ楽しかった森歩きの後、宿に入る。携帯のアンテナが立たないから宿のロビーにだけあるテレビで高校野球を観戦(煙草吸いの居ないときだけ)、一番風呂に入ってからの夕食は、さほど期待しとらんかったのがアマゴの塩焼きに猪肉まで出る充実ぶりで大満足。Img_8695

山 というと信越~東北方面にばかり目と脚が向いていたワシらには、この二日で歩いた全く初めての近畿エリアの山は、期待以上に深く高く涼しく気持ち良かった。
この辺の山をまた歩きに来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿の屋根 大峰山(八経ヶ岳) 51/百名山

2011年8月14日(日)
去年は四国に渡って剣山石鎚山を歩いた盆休み。西日本に来て二年目、そろそろ九州遠征かなぁと考えていたんだが、5連休丸ごとは山に使えなかったので比較的近い近畿の山に的をしぼって、初めての山域だから”高い方から”という算段で近畿~中国地方の最高峰で百名山世界文化遺産な八経ヶ岳(1915m)を目指すことにして、幾つかある登山道から高低差が一番少ない登山口(といっても800mを越える)行者還トンネルに車を停めた。Img_8439ここにトイレなどの施設は無いと聞いたので、前夜は随分下の方の水洗トイレ完備の駐車場で車中泊。

6時半、急斜の先の稜線付近はガスで見えない登山口で設置された箱に登山届けを入れて出発Img_8443

かなりの急勾配な登山道を上がるうち青空が見えてきた。Img_8451

稜線で吉野山から熊野本宮まで約100kmを結ぶ世界遺産大峯奥駈道に合流。緑豊な道を気持ちよくトレッキング。Img_8460

歴史的史跡や修行の跡をアチコチに見ながら進む。Img_8463

広葉樹と針葉樹の混成林Img_8472

立ち枯れのトウヒが目立ってきたら弥山(1895m)が近いImg_8480

9時に着いた立派な弥山小屋前で一休み。天河神社奥院弥山神社にお参り。Img_8489

間近にキレイな三角を見せる八経ヶ岳に向うImg_8493

鹿の食害対策で設置された柵の外が一面のササ原でつるっとしてたのに、内側は下草がこんもり茂って中小低木が競うように育ってて森の元気さを感じた。複合的な理由があって鹿だけが悪いのではないけど、山を守る為(=人も守られる)なんとか手を打って欲しい。Img_8499

10時から小一時間の大休止。近畿で一番高いところ八経ヶ岳(1915m)で時おり沸き立つ雲でなかなか幽玄な景色など眺めながらノンビリ涼む。Img_8507

期待以上に紀伊半島の山は深く、高くて、気持ち良いImg_8521

今回は車を置いた行者還トンネル西口とのピストン。「全く同じじゃつまらないね」と、登った道を下らず、奥駈道を少し北上し、あまり歩かれてない道を下ることにした。こっから1時間の道中、一組とすれ違っただけと歩く人が少ない柔らかい道は、ここまでの道より更に気持ちよかったImg_8547

地図上にあって目印にした一ノ垰避難小屋は立ってるのがやっとの様子。風や日差しは凌げても、雨や雪に効果なく泊まれません。雰囲気は二重丸。Img_8555

奥駈道から登山口への道は登りに使った本道がしっかり整備されていたのに比べ、斜度がきつ過ぎ足元悪くかなり厳しかった。適度に巻かれた赤テープを頼りに下る。下山後の筋肉痛はこの下りでやられたもの。Img_8558

大阪から100kmほど。数十台の車が停まる人気ルートは、楽しい山歩きと、涼しく気持ちよい空気にたっぷり浸れた。Img_8560

下山後は同じ天川村内の洞川温泉に。盆休みで温泉旅館は予約できず中華料理屋が2階に併設する2部屋だけのプチホテルSHOBUへ素泊まり。温泉街にある紀の国屋甚八で外来入浴(600円)。サッパリと気持ちよい温泉。P1110970

P1110977鹿刺やアマゴなど山の幸の晩飯を楽しんで街を散歩して宿に帰ったら、餃子と冷やし中華&ビールでしめ。翌日の大台ケ原に備えて早々と就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

岡山へ地ビールを呑みに行った

2011年8月6日(土)
吉備土手下麦酒プロデュースで、去年味をしめた岡山の地ビールが集まるってんで電車でGo!
「折角、大きな町に行くんだから」と自転車屋を三軒(ABC)はしご。探し物は見つからんかったけど評判の良モデルがやっぱ良さそうとの感触を得つつ、1軒最低1アイテムを購入。P1110962ヘルメット下に被るライナー、日焼けるだけ焼けてカラノUVアームカバー、草臥れきった八年選手を引退させるジェル入りググローブ、保温層付きボトル
したら、えんちゃん&なかっち夫妻と待ち合わせした下石井公園西川沿いを急ぐ。P1110950

この日までどんな催しか知らんかったうらじゃが、岡山駅前はじめアチコチを闊歩する踊り手たちに、踊りをメインにした夏祭りと判る。待ち合わせ場所に着いて、そこが踊りの1つの発表会場=ウルサイと知る。しかも、遮るもの無く(パラソルはあるけど、太陽が動くとスグに範囲外に)トンデモ無く暑い。でもスタッフの皆さんがマメに水撒いてくれたから砂塵舞い散るって事が無かったのはGood Job!P1110957

というわけで、会場の殆どの方は踊り手とその仲間か見る阿呆だったんで、ライバルとなる呑んべぇは皆無。パラソルつきテーブル&椅子はすぐに確保し、タマタマお会いしたえんちゃんの上司Mさんも合流して5人呑み。暑いのもビールの美味さのうちサとグイグイ飲み始める。まずは開設したばぁの吉備竹林麦酒の笹。とても美味しい地ビール。BEERまび(毎週金、土16時〜20時)にも絶対行く。〜写真なし〜

去年も旨いと思った三石耐火煉瓦ビールうまい!P1110953

作州津山ビールも美味しいP1110956

もちろん吉備土手下麦酒も一杯のむ。途中で樽が空いたんだったか”翌日用”って更に美味しいビール(香りの麦か?)を上司Mさんに有り難くゴチに。P1110958

と、酔い案配なこの辺から写真もマバラで記憶も曖昧〜 独歩ビールは瓶と樽と呑んだような〜 吉井高原ビール(ドイツの森)は買った覚えが微かにあるのみ〜 じゃが昨夏同様、娘さんのお手伝いっぷりが可愛い備前味噌醤油の金山寺みそ/むぎみそ&きゅうりはビールのアテに最高!

と、県内に6つの醸造所がある岡山の地ビールはどれも美味しくて良い街だと強く再認識。それにひきかえ広島には一箇所だけなってもう2年ってのが非常に寂しいわ。

さて9月。去年は両方でかけた近場のビールイベント、地ビールフェスタinひろしま2011第2回かってに岡山地麦酒&地酒祭。今年は野暮用有って、行けても一箇所。全国メジャーところ呑み倒しの広島か、スーパー@ホーム岡山か、もう暫く悩む。

おまけ;大、中、小のマンホールを飾る桃太郎さんの雄姿に土地のスーパーヒーローを想うP1110952P1110949P1110951

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

笠岡の夜3

2011年8月5日(金)
思い起こせば6月から月一ペースで通ってるお多津マスターの多苦労さんとの笠岡夜行も三回目
今回のターゲットは夏限定の冷やしラーメンP1110882
ニシの酢の物P1110878などなど摘みエビスビールでリラックスしてから八時の頃合いに冷やしラーメンを注文。
掲示板で告知あって凡そ一ヶ月でやっと食べたラーメンは、良く冷えた絶品スープにキュッと締まった麺、キュウリ(丸いの)、レタスに魚型のニンジンにトマトという野菜群もシャキッとバランス良くって、クシャっとした食感の松山あげもナイス!と褒めたおしなお初でした。先月、ラーメン大好きと判明した親父様を連れて近々再訪します。

で、くには前回(笠岡の夜2)に行けなかったから初めてとなる魚串ねぶと屋P1110894
なかなか凝った、美味しいラインナップから、ホームラン・マッコリ←なんとアノ楯の川の変化球、嘉美心(生 凍結保管)泡々酒とか呑んで良い気分になりつつ、神奈川出身だっつう大将と話したり、仕事っプリを眺めつつ、大話しP1110887
魚串5本盛りを楽しんでお開きP1110889
ア・ラ・カルトを食べ尽くしに、煙たくなっても良いシャツを着てまた来なきゃ。いつもお多津さんとの梯子になっちゃうので量を食べれんのが要検討課題。
それから、今回飲み損ねた広島の酒 亀齢の八九を是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

百万本のひまわり

2011年8月6日(土)
笠岡のヒマワリが見ごろという話しを良く目にするので、ならばワシらもと思って自転車で笠岡まで行ってきた。
ツールを思いだして一枚パチリP1110914

前の晩の酒が残っててせいで目標から約1時間遅れの6時半に自宅スタート。去年から何度走ってくにが交通量が多くてダンプが怖い(特に土曜)というので、一番状態の悪い=大型車がスピード出して走ってるから、デコボコの歩道を走らざるを得ない”通称”鋼管道路をなるべく脇道を走って迂回。15kmほどを50分ほどでゴール。P1110946

雲の切れ間から太陽が射すのを待ったり、朝日を待ってかヒマワリの皆さんが東を向いてるのでベストショットを探して一周1km強のヒマワリ百万本畑をウロウロして写真撮る。
P1110933

P1110922

P1140598

二日前にオープンしたての新しい道の駅”笠岡ベイファーム”は営業開始1時間前でスタッフの皆さんが準備に励んでらっしゃるところを窓越しに眺めたら福山へUターン。往路を辿って自宅へ戻る。

おまけ。干拓地のアチコチで甘い芳香を漂わせてた無花果(イチジク)も笠岡ブランドP1140594

走行距離:32.8km 総上昇量:50mほど 走行時間:1時間50分 でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

船で渡った上島町3島を橋でグルリ

2011年7月31日(日)
大三島から尾道(去年9月)尾道~生口島往復(今年5月)向島(今年6月)と刻んで走ったしまなみ海道をやっと7月に今治から尾道へ完走した。
で、今回はしまなみ海道(西瀬戸自動車道)が通ってない愛媛県越智郡上島町へ船で渡り、今年2月にようやっと橋で繋がった3島をサイクリングしてきた。
Wadachi

西瀬戸自動車道
因島北ICで下りて直行したかしはら甘夏大福菊みかん餅を調達。おやつに2個だけ持って残りは預けて出発。
土生港長崎桟橋から生名フェリーに乗るため桟橋横の尾道市営長崎駐車場に車を停め、大人一人70円+自転車60円を払って乗ったフェリーは、川並に狭く早い潮の長崎瀬戸を流されながらも数分でわたり上島3島の最初生名島へ上陸。P1110721

生名は橋で繋がってない離島。これまで走ったしまなみ海道、とびしま海道よりウンと人が少なく車も少ないから、とてもノンビリと気持ちよく走り始めた。P1110738

スレ違う車が殆どいない島の西側のホボ平坦路をゆっくり走る。因島では結構見かけたサイクリストを全然見ない。2月に開通し佐島と繋がる生名橋はきれいな斜張橋。P1110750

交通量の少ない島ならでは基本1車線の生名橋をスイッと上がったら自転車を降りて暫く海を眺める。P1140570

3島の中では一番小さい住人も少ない佐島を更にノンビリ、ゆっくり走る。海キレイ。P1110769

みかん畑を縫って上下する道を、たまに現れる軽自動車やバイク(農作業者か釣り人)にタマげながら南に走る。サイクリングの人にはまだ会わない。P1140574

町の作ったマップに”かくれビーチ”と紹介されとる沖浦の海岸が今日の最南端。P1110778

来た道を引き返し島の中ほどで東岸に抜けるとさっきの生名橋に良く似た弓削大橋が見えてきてP1110787

上下2車線と少し幅広の弓削大橋でなんとも可愛い配色とサイズの町営バスを見た。P1110791

しまなみ☆ドリチャリブログ(´皿`)9で見てランチにと目星を付けてたオープン間が無いFESPAへの激坂を漕ぎあがるとレストランイル・マーレは開店前だったんだが冷房の良く効いたFESPAロビーは既に先客(と外来入浴者)で賑わっていて4番札をもらい15分ほど待って海風が気持ちよいテラスに座る。P1110795

くにはシーフードタップリのイルマーレカレー、ワシは活魚のタップリ載った新鮮丼を食べた。P1110799

暫く和んでからホテルを出て飲料を補給しようと暫く店か自販機を探すけど見つからない。朝いっぱいにして来たボトルが先に空になってピンチのくには仕方ないから公園の水道で水をチャージ。弓削島をグルッと回る循環路を南に向い町のマップ95mとルート上の最高標高が書いてあるあたりを登る。車は走ってないし木陰は涼しい。P1110801

南部を周って島でいっとう賑やかな港近く、狭い路地の続く住宅街で、やっと見つけた自販機で冷飲料を買って、少し高い所を捲いて走る北側循環路に向う。P1110806

弓削島の東岸は断崖級に結構な急斜面なのが、この循環路が高捲いてる理由。少し傾斜が緩くなった所が有って小さな集落があり、その度に高度が下がり、また上るというのを数回繰り返し弓削島北部の最高地点 大岳ノ鼻 に着いて、持って走ってた甘夏大福(美味しい美味しい。次のシーズンには絶対はっさく大福を食べるぞう!)でカロリーチャージしラストスパートに備える。3

大岳ノ鼻からは下り基調の道を段々大きくなる因島に向うようにして走り、海が近付いたらみかん畑の中を下ってくのは気持ちヨカッタ。P1140581

険しい東側と対照的に海っパタを真っ直ぐ走る西海岸。幾つかの集落には江戸時代から級の古い家並み(腰なまこ)もチラホラあって往時を思ったりする。P1110825

前回自分の靴しか見えなかったバックミラーの位置を調整したら、かなり後ろを走ってるくにの姿を捉え易くなってきたので、角度を調整したら各ネジを締め込んでみる。P1110829s痛いって云うな!

港に面して人気!あるらしいしまでCafeは次回の課題。P1110832

弓削港からは弓削汽船。大人240円+自転車110円=350円の切符を自販機で買って船に乗り込む。因島の造船所に並ぶ大型船を見ながら風に当たって12分ほどで今朝出稿した土生港(長崎桟橋)へ帰着。P1110844駐車場代(1120円=140円x8時間)を払って車を出し、かしはらに預けてた大福をpick-upし、自転車で走り残している因島の東側を下見のつもりで走ってみると、弓削島の東岸を更に険しくしたような道で、自転車で走るのは当分止めておこうということに。

今日の知見「橋の架かってない島は気持ちよい!
上島主要4島の残る岩城島レモンとブタ海鮮を食べに、町内最高峰”積善山”からの眺望を楽しみに行ってみたい。

走行距離:37.8km 総上昇量:350m 移動時間:3時間10分 でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »