« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月に作成された記事

2011年9月22日 (木)

またまた岡山へ地麦酒を呑みに行った

2011年9月18日(日)
去年行ったかってに岡山地麦酒&地酒祭を今年もやるってんで、二日二箇所でやるのの、去年行かなかった普段呑み場でやる日に、先月も一緒に岡山でビール飲んだえんちゃん&なかっちと連れ立って行ってきた。P1120239
岡山市内を流れる旭川の土手下にある開放的な明るい場所に仮設テントのテーブル席も含めて150席が用意。ワシらは旭川を見渡せる建て屋2階に陣取って12時開宴同時に飲み始め。5蔵から2銘柄づつ用意された10種プラス、地元”吉備土手下数種類”&地酒3蔵、飲みつくしを目指し、”順番にやっつけよう!”と席から一番遠かった作州津山ビールのスタウトで口開け。

続きを読む "またまた岡山へ地麦酒を呑みに行った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

とびしま海道(ぷらす尾道と福山)で食べたもの

2011年9月10日(土)
若さんくに&さんすけの三人でとびしま海道から大崎上島・竹原を走ったのは、とても暑い日だったからジャブジャブと水分補給しながら走った。電解質補給はshotzにお任せ。糖分が入ってないから後口もたれず、微発泡で飲み易い。手に入れにくいのがタマにキズP1120066

木江の港近くに有った喫茶じゅんの焼ソバ(500円)は具沢山でボリューム満点。近所のオジサン達のたまり場っぽい店でマスターが丁寧に美味しく作ってくれた。P1120146

垂水港桟橋待合室P1120152でもらったゴーヤは数日後、苦瓜鹹蛋になって我が家の食卓にP1120210

その日の晩餐は福山のたんとやで、個室の壁に貼られたWelcome Messageが嬉しくお出迎えP1120166
ハモの湯引きとサワラの刺身(あぶり)が美味くてP1120165_2
メゴチのフライが美味くてP1120171
カブト煮と鯛めしがまた美味くてP1120174P1120178
福山(神辺)の地酒天寶一が進むのは当たり前でP1120169
デザートは旬のイチジク。これまた美味し。P1120179

9月11日(日)
日曜は尾道を散策した若さんと夕方、尾道駅前で待ち合わせ。P1120188

やはり、魚が美味しいと評判の保広P1120189

瀬戸内ならでは、ギザミの南蛮漬けP1120191

アカニシ、生タコ、活シャコ、アコウのお造り最高!P1120195

穴子の白焼きP1120199までを肴に酒を勧めると、かなり満足で入り口近くの水槽でがん首並べてたオコゼは、また今度。P1120200

河岸を変えましょうや」とボラーチョへ移動。美味そうとピンときたサワラのカルパッチョ(サラダ?)でスペインのワインを。P1120201

と、楽しく飲んでしゃべって食べて「(来年かな?)また走りましょう」と、次の日から二日でしまなみ海道を駈けて今治へ向う若さんと再会を期して解散。
月曜、火曜と島をつたって南下してく様子を携帯メールの短いレポートで追っていると、今治からバスで福山に着て新幹線で帰京するってんで、「じゃあ、離福前に一献を」とバスの降車口で待ち合わせ、真夏にもどった好天の二日間で真っ黒にやけた若さんと駅前で1500円のビールセットのコスパが良好なとらやで乾杯してホントウの打ち上げ。F1001215_3
東京まで行く最後の直達便”のぞみ62号”出発5分前に改札でサヨウナラ。ほんまにまた来年も遊びに来んさいよ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

そして大崎上島から竹原へ

2011年9月10日(土)
とびしま海道を小長で離れてからの続き。
Wadachi_3
大崎上島南端の明石港へ上陸。鯛とミカンのマンホールに挨拶してから東岸を北上はじめP1120141

昔、この島を守っていた武将が沖の敵船めがけ矢を掛けたという弓掛け岩を眺めた、すぐ先の丘にある温泉ホテルにランチに来てみたい。P1140686

島の中ほどにある、かつて潮待ちで賑わったという木江の古い町並みを抜ける。昔の遊郭跡がそのまま残ってるということらしい。ゆっくり歩いて見てみたいところP1120143

春先にやってたローカルTV番組で美味そうだった柏餅を食べに西川菓子店に寄った。素朴で美味しい手作り柏餅でシャリばてバテ気味の体が復活。P1120144

昼飯にと考えてた木江に数軒あるはずのお好み焼き屋は全く見つからず、やっと見つけた喫茶店で意外と美味かった焼ソバとタップリの麦茶をいただいて、腹減り三人の気合い戻って島北部へ進む。P1120148

北端にある”くるまえび養殖場”あたり。点在する小島をヒョイッと繋いで造りました~みたいな大きい池の縁をぐるぐる。P1120150

ますます暑さがつのる中、予定より早めの船に乗ろうと垂水桟橋に着き、せとうちサイクルーズPASSで割引きフェリー切符を買った窓口横に「ご自由にお持ち帰り下さい」と置いてあった、緑のカーテン成果という立派なゴーヤを遠慮なくいただいて帰る。P1120153おばちゃん、ゴーヤ美味しかったよ~

20分ほどの船旅で竹原港へ上陸。JR上り列車の待ち時間を使ってダッシュ観光へ向う。P1120160

安芸の小京都。整備された重要伝統的建造物群保存地区を遠来の若さんにはすまんかったけど、30分一本勝負でグルリと駆け足で見てもらう。今度ユックリ来てつかぁさい。P1140689

16時台、まだブチ暑い駅前で汗だらでパッキングし輪行で若さんは尾道で途中下車し宿へチェックイン、ワシらは家へ直接もどり、その日の打ち上げと1年ぶりの再会を祝して福山で会食@たんとや。ハモにサワラ、鯛、ネブト、メゴチなどなど瀬戸内の美味しい物と酒を楽しみました。P1120165

この日1日の総移動距離:65.7km 総上昇量:900mほど 移動時間:7時間。途中のフェリーを除く自転車走行距離:56.2kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

とびしま海道またたび

2011年9月10日(土)
去年、自転車でしまなみ海道を一緒に走った若さんと、今年は去年半分だけ走っとびしま海道大崎上島を一緒に走ってきた。
Wadachi_3

JR呉線で安芸川尻まで輪行し駅で自転車組み立て、9時過ぎで既に30度級に熱い快晴のスタート。P1120073

車は有料の安芸灘大橋をロハで渡ったら下蒲刈島で、港の向こうに野呂山安芸灘大橋がよう見えた。P1120079_2今回は10分ほどで抜けちゃったけど、朝鮮通信使などに由来する古跡の多い下蒲刈島もいつか探索したい。

次の蒲刈大橋を渡ったら上蒲刈島。島の南側は北側に比べ島影薄くて、もやの向こうに四国も見える。P1120092_2

二日前に受け取ったばかりの新しいホイールで初めて走るくには好調そう(ほんまか?)P1120091_3

原うどんはまだスダレを下ろしたまま。P1120096

去年スタートした近くの恋ヶ浜海水浴場から緩めの長い坂を気合入れて登る。「坂は友達さぁ~」P1140673_2

三つ目の豊島大橋を渡って豊島に入ったあたり、ミカン畑から海への景色が良かった。P1140676_2

第四橋、待ち合わせの豊浜大橋が見えてきた頃には、暑さでペースが上がらなかったからだと思うけど、待ち合わせの10時半も過ぎてて少しあせる。P1120117_2

豊浜大橋渡ったら大崎下島で、前の日同じようなコースで御手洗入りしみはらし旅館に泊まってた若さんと無事合流。「やぁ、やぁ、やぁ!」楽しく走り出す。P1140680_2のもつかの間、ワシの後輪がおかしくなってきて、いっぺん空気をついでみたけど、すぐ駄目になったから諦めて、先週(鞆ノ浦)から二週続いてパンクの神様降臨(涙)

待ち合わせ遅れとパンクの神様相手で時間食って、目指してた11:35どころか次の12:50のフェリーも怪しくなってきたので、このルート一番の観光名所”御手洗”はスッとばして小長港へ急ぐ。券売所のおばちゃんが「自転車の人は、簡単なアンケート(住所(市名だけ)、年齢、性別)に答えるだけで広島県アチコチの瀬戸内航路に10-40%オフで乗れるせとうちサイクルーズPASSっていうのが有るよ」と教えてくれたので即PASSゲットし2割引きで切符買ってはっさくラムネ持って乗船。P1140684_2

時間切れで今回は諦めた岡村島までの三橋(平羅橋、中の瀬戸大橋、岡村橋)は次回の宿題。「近いうちにまた来るよ」と念じながら中の瀬戸大橋をくぐったら、とびしま海道を離れて大崎上島(明石港)に向かう。P1120140

ここまで走行距離:36.1km 総上昇量:500mほど 走行時間:3時間30分 でした

後半、大崎上島~竹原へ続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »