« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月に作成された記事

2011年10月31日 (月)

しまなみ海道下見ライド~大三島(南回り)

2011年10月29日(土)
先週遠来の方々と一緒に初めて車で走った大三島の南側が、自転車で走るのにとても良さそうだと確信したので、さっそく漕いできた。ルート詳細はで描いた→この地図→をクリックWadachi
前夜の後遺症たる二日酔いが無くても「片道50kmを往復自走していたら日帰りじゃ無理」と大三島から南部しまなみ海道の拠点道の駅 多々羅しまなみ公園へ車で行って、P1140777これまで自転車じゃ北半分だけしか走ってなかった大三島の南部を東海岸から走り始め。伯方島と大三島の間に架かる大三島橋たもとまで少し登って足慣らし。P1130042この大三島から愛媛県。大三島橋を越えた南側は四国~本州を移動する車が走らないから、交通量がウンと減ったサイクリングに気持ちよいエリア。静かな海沿いをまんず快適に走る。P1130044タワワに実り始めてるミカン畑の間を縫って走る。P1140781最南部にある大三島ふるさと憩の家来年、しまなみを走ろうかと計画はじめてる皆さんの宿泊候補地でもあり。元の小学校校庭まん前の海岸からの景色をじっくり見てP1140787長い廊下があっぱらぱーな校舎をじっくり見てP1140798「やっぱり、ここはLocation最高」と確信。この日のルートのほぼ中間点なんでユックリ休んで再出発。美術館などが点在する大崎上島対面あたりは程よい上り下りでP1130064島の西側に周りこんだら静かな入り江や湾が続くフラットな道。P1130069下見ライドってことで海っぱたの道を探りながら走ってみたけど、未舗装路ふくむ整備不良なところがチョイチョイあるから、集団走行時は県道を走ったほうが良さそうP1130074島の、いやしまなみ海道中でも1,2を争うサイクリスト御用達(といわれている)大山祇神社前の大漁は営業時間15時までって書いてあるけど、この日14時過ぎに通った時には既に”準備中”。名物海鮮丼にありつくためには11時開店前に並んで入らにゃいけんみたい。P1130079そっからサイクリングロードで三村峠を越えて東岸に戻ったが、狭くカーブがきつく落ち葉や雑草も多いこの区間は、集団走行的にはパスか。P1130081
きれいな相似形の多々羅大橋を目指してゆるゆる走って所要3時間、実走2時間のサイクリング終了。P1130087

ほぼ沿岸沿いに走れて、数回現れる50~80mの坂も激坂は皆無。車も少ない、ほんと気持ちよい快適サイクリングルート。Kashmir走行距離37.5km 総上昇量300m

この日、実走2日目のくにのEdge 500、ワシのバイクに前夜つけて初日だったCadence Sensorは、どちらも調整不足でちゃんと測れなかったのは今後の課題。Edge500

次の下見ライドは、伯方島~大島を周回するつもり。坂を嫌って温存してある東岸も走りきっての因島一周もメニューに加えにゃいかんなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

蔵王山ナイトノルウォーク

2011年10月20日(木)
Facebook”びんごノルディックウォーキング部”(非公開グループなので興味ある方は連絡下さい)の柱企画となりつつある夜の部に参加して、夜景の福山市街を見下ろす蔵王山(225m)に登ってきた。Wadachi
集合場所が蔵王山の登り口でママチャリ飛ばしても30分くらいかかる場所ってこともあって、20時の集合には間に合わんからってキケンしてた夜の部に早く帰れた今夜初めて参加。
山の上で湯を沸かして食べるカップラを楽しみにしてたんだけど、空腹に耐えかねてめんや長一でこってり301066_290166621001956_100000258611
ママチャリで緩めの坂を必死こいて登って標高50m。集合場所に着いて原チャリ、自家用車で総勢11人が集まったら街灯もない真っ暗な登山道(舗装路)を歩き出す。297618_290180764333875_100000258611
舗装路が終わる200m地点で一休みしたら、ほぼ水平で未舗装な登山道を滑りやすい箇所に気をつけながら歩くこと10分ちょいで目的地の猿田彦神社に参拝。東南に向って開けた夜景のきれいな場所で大休止。ヘッデンの灯りを頼りに湯を沸かして、カップラすすって、コーヒー飲んで、楽しくご歓談。302344_290197580998860_100000258611
月が無くて星は良く見えたけど期待したオリオン座流星群にはチト早く、JFEを背景に東福山方面の夜景がとてもきれいだった。P1130024

斜度がきつかったのは車道からの取り付きだけ、街中から気楽に来れるカワイイ山。ノルウォークにも持って来いだわ。夜は真っ暗で恐ろしくて、とても一人で上がる気にはならんが、また”びんごノルディックウォーキング部”の方々と歩ける機会があったら是非ともご一緒に。Kashmir


オマケ。
集合地までのルートファインディングに専ら山歩きとサイクリングに使ってるGarmin Oregon 300(英語版)を使うてみた。先週道路地図を入れて自転車in街仕様にしたのが、なかなかの精度でナビをやってくれてGood!
ママチャリじゃ傘ホルダーが指定席297254_290230694328882_100000258611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

坂は友達練習(以下、坂友練またはHCトレ) 新市(福山市)〜荒鍔(神石高原町)〜出口街道(府中市)

2011年10月16日(日)
先月クイーンKの火曜ライドデータ見て坂の練習に良さそうだったコースをトレースしようとして1度はワシのパンクで撤退。先週グルメライドの前半戦で走って楽しく登れた川沿いの道を「もう一回走ろう!」と、くにが苦手な交通量の多い神辺あたりを車でパス。府中お祭広場発着で500mの峠2つの周回路を走った。で描いた地図Wadachi

Easton EA70で絶好調なくにの動画P1130011

府中から西へ山麓沿いに、新市からは北側に神谷川沿いに緩い坂を走って大きめな橋を渡って小さな丘を越えると左手に神社がある辺りまでが2車線、少し先から1車線の細い道になり登り始め/標高95mP1120975
時々、少しキツめになるものの、だいたいはeven斜度な川沿いの道をタンタンと10分程走った所に出てくる滝を第1CheckPoint/標高215mP1120978
同じような斜度の道をクルクル漕ぐP1120979
そっから5分、川の出会いで久しぶりの家がある小さな四辻が第2CheckPoint/標高245mP1120980
福山市から神石高原町に入っても軽い方を何枚か残して踏んでける適度な坂道を漕いでくウチに田畑があらわれ、開けた農村景色が気持ちいエリアP1120983
水分補給して行動食を摂った、数十分ぶりの自販機やポストがある行則商店が第3CheckPoint/標高415m。初めて買った長袖ジャージは快適。P1120996
猿ヶ馬場で神石高原町から府中市へ入る所がルート上最高地点の第4CheckPoint/標高510mP1130007
そっからグッと下がって上下町へ道を分ける三叉路を第5CP/標高350m。から”このコース一の急坂”を登って左右に神社のある峠が第6CheckPoint/標高490mP1130010
ここから府中市街までは下るだけ。
石見から続く銀山街道が山の中から里へ出てくるってのが地名の由来という旧 出口宿へ出口川沿いに下ったら市街地をお祭り広場まで流して終了。P1130014
斜度も距離も適当で走った後のカロリー補給は府中焼きでOKなこのルートは我が家の坂友練定番化しよう。昨日は休憩抜いて実走2時間ほどで一周したこのルートを時々走って各CheckPointを走った時間をチェックして、坂との友達ぶりを知る目安。
Kashmir

走行距離:35.6km、総上昇量:617m(轍=400点に間引き)、1070m(Garmin=生データ2100点)

おまけ;パンクで撤退した9月19日(月)の軌跡Tettai110919と、帰ってから景気づけに行ったおんどるばんの韓国料理P1120302ondoruban写真をup

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

山・海・陸in備後的3連休

2011年10月8日~10日(体育の日の三連休)
この3連休は備後を北から南まで体を使って楽しんだ。
3日間とも好天に恵まれて計画通りに、初日は比婆山で山歩き、2日目は鞆ノ浦でシーカヤック、3日目は神石~井原の丘陵地帯をサイクリングを実行。で一枚の地図に描いてみるSanrenkyumap
10月8日(土):家から100km弱、渋滞の無い一般道を車で北上2時間の比婆山昨シーズン何度か粉雪を楽しんだ県民の森スキー場を抱く山。
備後最高峰の立烏帽子山(1299m)から比婆山(御陵、1264m)、烏帽子山(1225m)、出雲峠とスキー場をグルリと回る周回コースを歩いた。Img_8781よく整備された幅広の登山道が続き、いわゆる登山道的な急登は山頂近くのちょっとだけ。稜線に出ると穏やかな山並みが拡がる素晴らしい景色で何度でも来たい山。P1140716紅葉が始まっている尾根道を吾妻山(左)、御陵(右)を見ながら~何べんでも書く~気持ちよく歩く。Img_8838池の段の柔らかく刈られた草の上でポプラで買うた弁当を食べて暫し昼寝。Img_8841御陵から烏帽子山一体に広がる天然ブナ林の中が一番気持ちヨカッタ。Img_8848烏帽子山で行き先を見定めたらImg_8878スッと出雲峠まで下りて、ジープ道?と見紛うほど広くて快適な登山道をノンビリ歩いて終了。P1140732比婆山のピーク達にはそれぞれ幾つも登山道があるので、組み合わせで色々歩いてみたい。雪の季節にこの広い登山道を使って山に入ってみたい。

10月9日(日):シーカヤックは家から路線バスで30分の鞆ノ浦に出来たカヤッカーズカフェの海ほたる企画(Facebookでどうぞ)。村上水軍商会です。真っ暗な鞆港の雁木から街灯を頼りに漕ぎ出してP1120771工事中でもライトアップを欠かさない弁天島から仙酔島へ渡ってってP1120790街や宿の灯りから離れ月明かりだけの海岸で海ほたる体験P1120829風なく波なく温かめなまっ平な夜の海を漕いでシーカヤックの楽しさを再認識。ショートツアー後のカフェでの歓談もまた喜しくて、絶対また漕ぐ!

10月10日(祝):自転車は家から自走。おなじみクイーンKグルメライド。ランチを挟む長丁場とあって、この日は店休。多苦労さん、毎度お世話になりました。P1120848芦田川の土手を溯り新市から山へ入り民家のほとんどない道を渓流沿いに遡上。A-team(多苦労さん、tarosukeさん)がぐっと加速するとサヨウナラ~P1120853ワシら二人のB-teamは最近のテーマ坂は友達と呟きながら淡々と登る。キレイな滝に癒されたりP1120858長生きの水で渇きを癒し寿命を延ばしP1120868やっと500m級、丘陵地帯に早く着きすぎた時間調整で国道を行ったり来たりしてのHC特訓の休憩に寄った学校食堂がやってなかったショックは校庭のヤギに癒されP1120880ゆっくり走ってったけど、それでも30分前についた雪花亭は古民家な佇まいが良い感じP1120890腹が満足してからも登ったり登ったり下ったりでチマコッピ630mを無事通過。P1120902いつの間にか岡山県に入り込み高梁市へ入境P1120904した辺りから、長~く下り続けて二軒目の目的地、三村珈琲店へ到着。P1120906古い郵便局を使ったという店内(撮影禁止)はアンティークな色々が置かれて、とても良い雰囲気。自家焙煎コーヒー、ケーキは美味しくて時間が有れば幾らでも居たいほど。「自転車で来られた方は50円サービスです」というのも小さな幸せ。
Kashmir
走行距離114.8km 累積標高1800mくらい は能登の二日目に次ぐ一日でのワシら第二位走行記録。ソバ、コーヒーと食べ物に目標を置いて走るのはとても良い。

予定通り、山(山歩き)・海(シーカヤック)・陸(自転車)をやっつけた有意義な三連休。遠くに行かなくても、自宅ベースの日帰りプランで、こんな遊び方の出来る福山は住み易い所だと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

坂は友達~HC練習 グリーンライン

2011年10月2日(日)
前の週のゾウゾウ鼻合宿で坂ともっと仲良うなれば、もっと自転車が楽しくなる。ということが身にしみて判ったので、毎日ベランダから見ている家から一番近い熊ヶ峰めざして走った。Kumagaminekuni

その熊ヶ峰を南北に走ってるグリーンラインという観光道路を多苦労さんのアドバイスで鞆の鉄鋼団地から上がることに。去年6月以来なんべんも走りなれた鞆への道を鉄鋼団地よこから分岐。P1120618グリーンラインまで標高差250mをホボevenに作られた取りつけ路をタマに走る車に用心しながら淡々と登る。P1120623グリーンラインに合流。「まだ行ける」調子だったんで最高地点(熊ヶ峰)へ向って右折。P1120637ちょっと荒れた路面に気をつけながらもう一息のぼる途中のファミリーパークは再来週、ノルウォークイベントに自転車で上がってくるから下見。P1120638
今回の最高地点で東側の福山市街を見てP1120642西側の沼隈から松永の向こうに尾道~しまなみ海道方面を眺める。P1120649
日が陰ってけっこう涼しかったんで下りに備えてジャケット(能登でバタついたのでジャストフィットなのを新調したんよ)を着込む。サドルはクイーンKで借りてきたフィジークのテストライドサドル。肉圧がケツに優しかったブル向けアリアンテ。次に借りたアンタレスは薄過ぎたから、買うならアリアンテだな。P1120653
軽い上り下りのグリーラインを北へ。東側、平地区を上から見た鞆ノ浦。P1120664
くには珍しく女子カラーのジャケットを羽織って下る。グリーンラインを下りきったら何度か走った鞆~松永線へ合流。P1120669
鞆ノ浦では翌週シーカヤックに乗せてもらうことにしたカヤッカーズカフェに寄って一休み。ワタリ蟹バーガー、さよりドッグ食べて、カフェのお二人と歓談、一週間後の再会を約束したら鞆を離れた。P1120675
(ワシらとしては)高速でHC(ヒルクライム)練習で少々疲れた体にカツ入れて自宅へ帰ってお仕舞い。
Kashmirgraph 走行距離49.0km 累積標高920m

おまけ;能登の途中からペダリング時にカシャカシャと軋み音というか何かこすれる音がする。チェーンに油差してみても治まらず。この日も鳴ってて、特に坂でテンション掛かると盛大になるのでクイーンKを頼る。軋み音と言っちゃったからか、BBばらして、その他のヤバそうなネジも外してグリースアップしてもらって、近所の坂へ試走に行っても治ってないから、坂を登りながらデジカメ動画を撮り、店に帰って多苦労さんに見せる/聞いてもらうと「こりゃぁ、チェーン音じゃね」と、チェーン全体にタップリ油を差して拭いてモウ1回油を差すと、、、音が消えた。P1120684はい、すんません。チェーン掃除します。まめにメンテします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

炭火やきにく 食道楽

2011年10月1日(土)
くにの誕生日が平日だったので週末を待って、外じゃ魚を食べる事が多いワシらとしては久し振りに焼肉屋に行った。久し振りじゃけん巷で評判良うて、あや花さんも書いてる食道楽
P1120594
福山駅からは、国道2号線を南へ渡った静かな裏通りに一軒家風に建ってる店で、何といってもロースがメッチャ美味かったんよ。柔らかくて肉の味がして甘い。P1120598
誕生日じゃけいうて特別にプレゼント用意したりもせず。(だって、いつも欲しいものは買ってるでしょうに)こうして美味しいものを食べるのが幸せなんだよ。数量限定のコウネ(ブリスケって肩バラ)もカルビ、タン、ハラミなど良く食べる部位とは違う硬めな食感が美味しいお肉。P1120603
最後に頼んだコリっとした冷メンも美味かった。P1120610
チェーン店よりも、個人で頑張っとられる店のほうが絶対に美味しい。お値段もほどほど〜

食道楽
福山市昭和町2−17
 電話084-925-0924、0066-9673-7059(予約専用、通話料無料)
 営業時間 17:00〜23:00 (L.O 22:30)
 定休日 第1・3・5月休 (祝日は営業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

BANDE a Part

2011年9月28日(水)
一週間ほど前多苦労さんから黒生ビール樽が開いたとメールもらったので、姿勢カイゼン教室帰りに初めてBANDE a PARTへ行った。P1120584

カウンターの向こうのマスターに「知人に黒生樽が開いたと聞いてきた」というと”多苦労さんですね”とくると話は早い。エビス黒生を頼んで、じっくり飲んだ。P1120585
”樽がほとんど空きそうですよ”、「ほいじゃ、もう一杯」、「もう一杯」で美味しく3杯飲んで、良い気持ちで家に帰った。
もとい、摘む物がほとんどないバーへ晩飯食わずに行ったもんだから、近くのファミレスで空きっ腹を満たして帰宅。 翌日、午前中ムカムカ消化器系。お休み前の食事は厳禁という事。

次の開栓は来月かな? 何か食べてから行こう。

BANDE a PartP1120590


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

teamゾウゾウ鼻’11能登合宿(最終日)

2011年9月24日(土)
この地図(クリックで拡大、轍)に引いた右半分の赤線がこの日の軌跡、左半分の青い線が初日の能登半島北上100km&UpDown走Wadachiでけっこう疲れたハズなんだけど、頑張り過ぎないB-teamペースが良くて、9時間寝たら体も楽に6時に勝手に目が覚めたので散歩。崖に斜めに付けられた漁業用の車道で海っぺりまで下りて宿の辺りを見上げて、断崖に張り付く様子を「えらいもんや」と確かめる。P1120455
たっぷり朝飯くったら予定の8時に漁火の前で写真撮って県道までの激坂を喘ぎ登って体に渇。P1120466
県道を下り調子で5分も走ったらteamのメッカ、アキバ、MSG、市民球場、的なゾウゾウ鼻に到着。F1001239去年、山の帰りに車で寄ったときに「能登半島は大きいし上り下りが大変じゃ。皆さん、よう走るわ」と呆れた場所に自分で辿りついた感動で撮り損なった多勢の居る写真はここここあたりで。
風も凪ぎ気持ちよく海岸線を走って間もなく輪島。息子さんが将来性バッチリのおとうーさんニコヅラ全開だP1120475
B-teamは超人アニキも加わって快調そう。P1120485
緩い上り下りを30分ほどで千枚田P1120487少し風がでてきたのでサポートカー(結局、回収はなかったけど補給や着替えなどなど満載しての併走は心つよかったぁ)を追走してドラフティングごっこP1120488
居なれたB-teamを離れ、ツールド北海道をやっつけてきたnupuriことpj氏の後ろをついて暫く走ってみる。走りながらアドバイスしてくれたペダリングやポジションの事を思い出しながら走りをじっくり見ようと付いてると、さっきのワシの時より随分速いペースで追い越してきたサポートカーにスッとついてスピード上げるとあっという間にサヨウナラ。勉強になりましたP1120515
半島中央部を縦走する広い県道に入った頃は日が陰ってて、みんな寒い位に快調に飛ばす。P1120523
「腹が減った、昼はまだか?」と少しシャリバテ気味になった頃、1日遅れでHoter君合流。半島横断完了し七尾湾沿いのフラットな道で昼飯前の一頑張りとA-teamの尻についてみる。P1120531向かい風で体感速度40kmオーバな実測35km走行を何度か千切れそうになるのを必死で追いついてくってのを10分ほどモガいた辺りで離れたらモウつけなくてサヨウナラ~P1120535そっから暫くは気持ちも萎え脚が全く回らない、初のヒラヒラを体験。勉強になりました。
道の駅なかじまロマン峠で中島菜入り(+50円)のうどん定食でパワーチャージ。P1120539波乗りついでに合流したスナさんがサポートカーを転がしてくれることになって自転車部隊10人揃って七尾湾沿いにサイクリング開始。太陽出て暖かくて風も落ちてた、この辺は瀬戸内海に似た景色で気持ちよかったP1120544
七尾市街を抜けるとA-teamとB-teamはスグに離れ離れ。バンさんthumb-up!アニキの代わりにやっさんがサポートに。ちょっとシンドくなってきたクニを励ましながら緩~く長い坂を最後の補給地点アルプラザを目指して走る。P1120554
既に1日最長距離103kmを超えて疲れ始めたのを休憩でだいぶん元気取り戻して胡桃峠(仮称)へ最後ののぼりにかかる。P1120562
平均斜度8%弱は楽じゃないけど前日の荒山峠(9%ちょい)ほどじゃないからと淡々とマイペースで漕いで無事380mの峠に。(A-teamは熾烈に争ってたみたい) 日影で寒そうなんでウィンドブレーカー羽織って下る。P1120566
峠を越えたら富山県。富山湾越しに剣岳~立山~薬師岳といった3000m級の峰峯を遠めに見ながら、足元に注意しながら、バタつくジャケットを抑えながら気持ちよく下る。P1120570

ようやく昨日スタートした駐車場に近付いてきてリラックス。お互いの頑張りを誉め合うビギナー2人(あっ、ワシも入れて3人)。最後までB-teamリーダー務めて下さったバンさんに感謝感謝。P1120578

後半はココの温泉と料理だけを楽しみにペダルを踏んだ民宿 叶で豪華舟盛りや2日間のアレヤコレヤを肴に美味いビールと酒を呑んで、お仕舞い。F1001245

初日の裏返し、最後に400m級の峠が待ってた二日目は110924zouzougraph
走行距離129.3km 累積標高2000m超 といずれも自己新記録。二日で距離230km&標高2800m~なんとかコレ位の距離は走れると自信がついた二日間。
来年も参加できるなら、坂をもっと良いペースで上がって、平地をもっと速く走れるよう、この一年の目標にする。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

teamゾウゾウ鼻’11能登合宿(初日)

2011年9月23日(金)
2003年に始まったのを遠い南の島から眺めてた伝説の能登合宿へ初参加した。
ジャージだけ持っていた幽霊部員としてはteam名の由来ゾウゾウ鼻詣でが第一で、宿泊する漁火民宿 叶での海鮮宴会はもちろん二の次だったってことで。
(少しだけ)苦しくて、大概は楽しかった合宿のルートはこちらで→Wadachi青線が初日、赤線が二日目の軌跡。

前の日、仕事終わって家を19時過ぎに出て、なんとか睡眠時間5時間確保の午前2時過ぎに着いて車中泊した集合場所に皆さん(遠くは北海道経由の鹿児島から、静岡から、愛知から、富山から、富山から)続々集まってきて、何からナニまでお世話になった合宿リーダーwatari君の合図で100km先のゾウゾウ鼻目指して出発!P1120315

ワシらとしては初めての宿泊付きの連日100kmオーバな長距離ツーリングで脚が持つか?パンクの神様はもう来ないか?と心配しながら、台風15号もええ按配に去ってくれた気持ちよい天気の中、揃いのジャージでteam先輩の背中を追って走り始めP1120320

今回は仕事で参加できなかったけど応援に駆けつけてくれたCHIEゾウ&Ys君の嬉しい声援を受けつつ斜度と長さで今回最難関の荒山峠を無事クリアーP1120328
平均9%の急坂もなんとか登れたのは、ロードバイク乗り始めた6月初めに12%級の坂を登らされおかげかと。

サンダーバード
20号を踏み切りで待ちP1120337

小さな丘を越えたら能登半島横断成功で広~い西岸に感動した。P1120343

遥か先行するA-team(約5名)とは、ワシらB-team(約5名)は段違いなスピードながら結構な向かい風の中を引っ張ってくれたバンさんに大感謝。P1120355

8番らーめんでカロリーチャージ。腹減ったから野菜ラーメン&ギョーザで満腹。P1120363

個人タイムトライアルしたという伝説の丘を逆から越えて陽気な看板にご挨拶。P1120369

足下に日本海を見る小刻みなアップダウンを走ってて向こうに見えてきた岬の更に20km先、とゾウゾウ鼻はまだまだ~P1120376

海岸沿いで向かい風にメゲそうになってた女性陣をリードするwatari君。ワシも何度か先頭を引いてみたけど、ペースが全然合わせられなかったのは、今後の大きな課題。P1120379

コンビニで小休止し皆月ルートに向うA-teamを見送り、B-teamは完走初挑戦3人の無理ないペースで初日2番目の峠をなんとかクリアして男女滝で一息。P1120404

坂を下ると間垣に囲まれた集落が現れ、すぐに海。P1120419
この先、海沿いのきっついアップダウンがそのままジャージの背面に書かれたのがゾウゾウ鼻ジャージというわけだ。P1120424

幾つかの上り下りの先、もう少しでゾウゾウ鼻って所に急に現れた看板にしたがってブチ急な坂を下ると「こんな海っぱたにホンマにあるの?」って所に目指す漁火があってP1120434「なんぼでも使え」っていう洗濯機にジャージとレーパン放り込んで、'温泉だ'っつう風呂で汗を流し、立派な囲炉裏でくつろいでP1120437まんず美味しい海鮮中心の夕食を楽しんでP1120439しばしご歓談した20時過ぎには眠くなってきて21時過ぎには消灯~

ガツンと走りっぱなに400mを登って下った後も何回も登って下って
110923zouzougraph_2
走行距離101.2km 累積標高1700m超 とこれまで1日最長が103km@しまなみ(累積標高1000m)のワシらにしてはブチ頑張った初日

二日目へ続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »