« 比婆山テレマークツアー | トップページ | 寄島で牡蠣を買ってきて »

2012年1月21日 (土)

宮島

2012年1月15日(日)
対面の町でずっと眺めながら育ったからよく知ってるつもりでいたんだけど、カヤックを漕いでったり、友人を案内したりして島に渡っても、短時間に定番コースを歩くだけ。今度ゆっくりアチコチじっくり見たいねぇと思ってたので、平清盛盛り上がってる方の発案に二つ返事で乗って宮島に行ってきた。Wadachi地図クリックでが別画面で起動
実家に車を置いたら、福山からJRでやってくる友人たち(残念ながらいいだしっぺは欠席←絶対また一緒に行こうで)との待ち合わせ前に我が(旧)大野町むかえ地蔵からスタートImg_8964
昔、宮島で埋葬が禁忌とされていた時代の証人(小学校の登下校で毎日見ていたおじぞうさん)にご挨拶してから歩き始め。

すぐそばの多加津堂は小中学校への通学路上に当時からあった酒屋さんなんだが、実はもみじ饅頭の始祖”高津常助”の子孫で2年ほど前、今の一般的な形とは異なる往時のもみじ饅頭を高津堂として復活させてしまったのを知ってから、よく土産に使ってて、この日も福山からの電車組へのお八つにと焼き立てを調達した。Img_8969

宮島へのフェリーは迷わず向って右側に航路を取るJR西日本宮島フェリーを選択するのは、日中は地の利(海の利)を活かして大鳥居に近付いて運行するから。Img_8971

昼飯は焼き立ての美味しいあなごめし和田で。メニューは あなごめし(1800円) だけという潔い。大人気の店だけに、ちょいと早いが11時開店直前にのれんをくぐる。Img_8979

潮が満ちてきて近寄れなかった大鳥居との記念写真を海沿いの参道から撮ったら厳島神社に参拝。Img_8986
回廊の途中から振り返って見る千畳敷と五重塔も良い。Img_8994

ウン十年ぶりにためした御神籤は吉凶未分という、少しコソバユい有り難い宣託をいただいた。Img_9002

神社を出たらスグの宝物館で何代か前に鳥居に掛かってた扁額(ホンモノ)や平家納経(写し)など歴史の重さを勉強したら、前日始まったばかりという平清盛館を目当てに宮島歴史民俗資料館に行き、松山ケンイチや深田恭子がロケで来た衣装とか小道具など大河感満載の展示をじっくり見る。Img_9011

西の松原にある清盛神社にお参りしたらImg_9016

少し登って多宝塔の足もとから神社を俯瞰Img_9026

そのまま山すその道を歩いて大聖院にお参りImg_9049セクシーなカッパさんに見とれたりして気がつかんかった生誕記念御札をもらいに近いうち再訪する!Img_9048

大聖院から神社の裏手に降りてきたら商店街まで戻って、この日、二個目のもみじ饅頭紅葉堂の揚げもみじ。Img_9064これまで、やり過ぎ!感がして、あんまし好きじゃなかったんだが、寒い日によう歩いて疲れ気味で食べたらホックホクに揚がったもみじ饅頭がこれはこれで美味かった。

数年前から段々キレイになっていく町家通りImg_9072各戸の玄関先に4月末まで限定で飾られてる水墨画灯篭Img_9074


に書かれた広島弁を備後2人、関西生まれ1人、横浜生まれ1人、ジモティ(→ワシ)で読みながら、ワイワイと桟橋まで歩いて、宮島ツアー終了。

平清盛と宮島 (瀬戸内文庫)読んでから、また行こう。

|

« 比婆山テレマークツアー | トップページ | 寄島で牡蠣を買ってきて »

安芸」カテゴリの記事

物見遊山」カテゴリの記事

美味しい物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/53769853

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島:

« 比婆山テレマークツアー | トップページ | 寄島で牡蠣を買ってきて »