« 独り昼飯@ねぶと屋から矢掛ぬけて吉備真備へ | トップページ | レストラン伊勢ヶ丘庭 »

2012年3月 1日 (木)

臥龍山テレツアー

2012年2月26日(日)
臥龍山は広島県北西部にある穏やかな山容で人気の山。すっぽり雪に包まれる冬場は山スキー、スノートレッキングの登山も多いと聞いて行ってきた。こないだ一緒に比婆山へ行った瓜坊主さんは 翌週滑りに行かれてる
先月末に受傷したアトが未だ癒えないくにを慮って、林道メインで登って滑った軌跡を描いてみた。(青が登りで、下りは赤)Kashmir地図クリックでが別画面で起動。

やっほ~いぃP1140903s

瀬戸内沿岸はすっかり晴れてた日曜の朝、おおかた一年ぶりに降りた戸河内ICあたりは乾いてた道路も三段峡を越えると圧雪路になり真冬の様子。P1140813
除雪されてるトコまで車で行ってスキーにシールを貼ったら雪歩き始め。P1140818
秋には一面ススキの原八幡原は2人貸し切りで軽い吹雪ん中を擦りスリと歩く。P1140828
臥龍山に取り付いて潅木林に入ると風無く静かな山歩き。P1140896
斜度が上がり片手ストックじゃ登りにくくなってきたので、林道に転進すると決め、渡り易い場所を探して小川を渡渉。P1140832
緩~い菅原林道を黙々と進む。P1140835
地形図を見て林道を行くより登り易いと判断したあたりでブナ林に入り、ちょっと重めな雪を踏んで大きくジグを切って歩いて行く。P1140847
もう一息で山頂下の段広なところに出れる。って辺りで斜度が増し、木が混んで来て登るのがシンドクなってきたので「山は逃げんから、万全な時にまた来よう。」と標高差で約40mに迫った臥竜山(刈尾山)山頂を諦め、13時と良い時間になってきたこともあって、しっかり雪を着けたブナを見ながら大休止を取る。F1001617
山頂付近の尾根沿いと、林道ショートカットの沢伝いに、少々湿っぽい新雪10cmでなかなか滑りよい林間をシュっと滑る。P1140907
左手に不安のあるくには転ばんように慎重にプルークでP1140852
斜度の無い林道下りは気を抜くと停まってしまうから、登りに付けた自分達のトラックを辿って滑る。P1140859
林道を朝クルマで通った除雪された町道まで下ったら出発地点まで路肩を歩く。P1140860
無事、クルマに戻ったら板を外して臥龍山ツアー終了。P1140862

髭じじーさんの山行録を参考にして初挑戦した臥龍山。穏やかな山容にタップリ充分な積雪で期待以上に素晴らしい山。今回は山頂を踏めなかったが、次回は体調を万全にして上まで行き、出来たら掛頭まで脚を延ばしてみよう。

|

« 独り昼飯@ねぶと屋から矢掛ぬけて吉備真備へ | トップページ | レストラン伊勢ヶ丘庭 »

テレマーク」カテゴリの記事

安芸」カテゴリの記事

コメント

昨日ゲレンデ練習はケジメつけたつもりです。ウロコもデビューさせましたが、ニューザックはまだ出番なし。もう一発寒波来そうなんで、それに賭けたいと思うとります。次回は私もJETBOIL持参で行きたい。
それにしてもくにさん、片手で登行に滑走に渡渉って…、凄すぎる~。

投稿: 瓜坊主 | 2012年3月 4日 (日) 23時34分

ウロコデビュー、おめでとうございます♪
快晴のウロコツアーは羨ましかったです~。

いやいや・・・。
全然滑走じゃないんですよー。
安全第一でゆっくり下りて来ました~。

投稿: くに | 2012年3月 5日 (月) 10時33分

くにさん怪我しちゃったんですか?
気をつけてくださいね。

投稿: やっさん | 2012年3月 6日 (火) 23時44分

やっさん
 邦子の受傷は1月のカキオコライド(http://p-chan.moe-nifty.com/blog/2012/01/k-0771.html)の時。
前走車の後輪にハスって落車。スピードは遅くて擦過傷とかジャージビリビリとかフレームギタギタにはならなかたものの、全体重がかかったんか左肘にヒビ入っちゃったんですね。
ギブスというか固定装具は1ヶ月で外れたものの、なかなか治りが遅くて、曲げ伸ばしが大変そう。
あせらずジックリ治して欲しいな。

投稿: さんすけ | 2012年3月 7日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/54102533

この記事へのトラックバック一覧です: 臥龍山テレツアー:

« 独り昼飯@ねぶと屋から矢掛ぬけて吉備真備へ | トップページ | レストラン伊勢ヶ丘庭 »