« レストラン伊勢ヶ丘庭 | トップページ | 蔵王八十八ヶ所札所を巡ってノルディックウォーク »

2012年3月26日 (月)

恐羅漢山テレマークスキーツアー

2012年3月24日(土)
恐羅漢山(1346m)は広島県北西部、島根県境に在る両県の最高峰だけあって、ここいらじゃ一番良ぇ雪が降るエリア。山裾の恐羅漢スキー場へは昨シーズン三回行って毎回パウダー楽しんだお気に入り。
その恐羅漢でリフト2本乗ったスキー場トップから山に入ったBack Countryを歩いて登って滑って、春まだ遠し、季節はずれ、三寒四温な寒い1日を静かな山で遊んできた。Dsc_0055冷え切った体を熱燗で温めようと急いでスノーブリッジを渡るさんすけ。広島県安芸太田町のバックカントリー 撮影;くに

Wadachi地図クリックでが別画面で起動

天気が良くなって春の残雪歩きを期待して、今シーズン初めて鱗板で行った。左はHappyにカットを頼んだArc Ascent、右は今は無きKarhuのGuideP1150013
リフト2本乗り継いでから、期待に反して寒く吹雪いて視界の効かない山に踏み入ったらシールを貼って登る。P1150018
標高差にして100mほどで、難なく山頂。広島県最高峰ィイーネっ!P1150019
凍えながら弁当食ってP1150021
とっととシールを剥がしP1150023たら予定通りにスキー場の反対側、北西面へ滑り込む。視界は効かないし、風強く、ミゾレも舞うので”少しだけ”不安もあったので慎重に立派なブナ林の中を<いつもは撮りまくる写真を控えて>無事に台所原の緩斜面へ下る。P1150027
ほどなく戻り道に使う林道を見つけ、大きな音を立てて水の流れていた川を渡る。P1150029
積雪でせき止められたか、林道へ溢れて出来た小川を渡渉。P1150034
林道終点から稜線まで標高差にして80mほど。ステップを効かせてジグザグに登って東斜面へ出たら、東側より疎な斜面で枝を避けながら滑りP1140913
夏道で小沢を渡りP1150046
ゲレンデを外れてから半日、誰にも合わなかった静かな林をゆるーく滑るP1150045
この時期にしては多い雪を抱えたまま翌日、今シーズンの営業を終えるスキー場のベース恐羅漢ロッジに滑り込んでツアー終了。P1150051

前から雪の上を歩いてみたかった故郷の最高峰、恐羅漢山は期待以上に楽しい山。リフトを借りても、自力で登っても、何本か面白いルートを引けそう。リフト乗り場、降り場のオジさん達は皆さん山スキーに好意的で気さくに話してくれたのも高ポイント。オヤジの里が近いという、愛着を持つエリア。今年はオールシーズン尋ねてみるつもり。参考;アシーズのYoutube動画

|

« レストラン伊勢ヶ丘庭 | トップページ | 蔵王八十八ヶ所札所を巡ってノルディックウォーク »

テレマーク」カテゴリの記事

安芸」カテゴリの記事

コメント

サクっと台所原まで下りちゃうトコロが流石です。しかし、恐羅漢はまだ雪深いですね~

投稿: 瓜坊主 | 2012年3月27日 (火) 07時54分

恐羅漢、好い山でした。
色々遊べそうじゃけん、来シーズンご一緒しませう。

投稿: さんすけ | 2012年3月27日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/54310137

この記事へのトラックバック一覧です: 恐羅漢山テレマークスキーツアー:

« レストラン伊勢ヶ丘庭 | トップページ | 蔵王八十八ヶ所札所を巡ってノルディックウォーク »