« ヤクイコ’12 二日目は薬師岳方面へ | トップページ | しまなみ海道の伯方島と大島をサイクリング »

2012年5月19日 (土)

ヤクイコ’12 三日目は再びの薬師岳(方面)

2012年5月5日(土)
起きたら吹雪きは止み「5日が一番良い」って読みとおり晴れてきた、今回メインのこの日。強風を避けて先日と同じ薬師岳方面に向った。降りたての白い新雪を踏み、樹氷の間を登ってった。F1001805薬師平

真っ白な雪、紺碧の空を滑るImg_0084薬師沢右俣上部

・ここから本文・
ベンチ代わりのビールケースが、昨夜来の風成雪で半ば埋まった小屋前を8時前に出発。Img_0002
かなり温い中、昨日と同じルートで薬師峠から薬師平へ向って登る。Img_0030
やっと春スキーらしく楽しく登る。Img_0039
稜線に出ると風がつのりはじめ、昨日の最高地点、肩の小屋で板を背負ったツボ足withアイゼンに切り替え。Img_0051
黙々と登る。どんどん強くなる西風を避難小屋(2895m)に隠れて板を置き、標高差30m、距離500mに迫った薬師岳山頂(2926m)を目指すが、黒部川側へ口を開く中央カールへ吹き飛ばされそうになるに至って登頂を断念。Img_0057
少し下ったら、風は弱まり、少し溜まった新雪が適度に乗った”今回一気持ちよかった”ちょうど良い斜面を肩の小屋まで滑る。と、小屋のマスターが単独で上がって来られたのでご挨拶。この後、マスター自身「経験したこと無い」くらい強い風の中、山頂踏まれたのは流石!Img_0063

で、昨日と同じ薬師沢の右俣へ滑り込むと、稜線からこっち側は全く無風。大きな斜面に思い思いのシュプールを刻む。といいたいところだけど、少々重めな雪と、曇ると高低が判らなくなる広すぎるコンディションにビビッて、上手く滑れなかったなぁと悔しさ残るさんすけ49歳。さておき、
くにImg_0085
バンさん 或いは B君Img_0095
スナさんImg_0110
まゆおImg_0116

緩んで重おもな雪に板を掴まれながら底まで滑って大休止。Img_0131
昨日と同じ沢を詰めて薬師平に出て、疲れを感じたワシらは直帰ルート、もっと滑りたい他の方々は岩井谷方面ルートと分かれるも、向こうの雪もグサグサで走らんと撤収。薬師峠で合流し、一緒に小屋へ戻った。P1140934

おまけ。というか、小屋最大の楽しみの飲み。最後の夕食という事で小屋から一本づつの缶ビールが振舞われた夕食。Img_0160
20時(21時?)の消灯後は自炊室に集まってヘッデン吊るして酒盛り継続。Img_0175
呑んで話してる間にナイスな笑顔の宮崎さんが今年から守ることになる高天原山荘が、今夏のターゲットに決定。越中、信州、飛騨のどっから入っても途中一泊かかる(つまり往復で最低3泊)北アルプス最奥部の小さな小屋。温泉と再会を楽しみに、なんとか休みを確保して行くから宜しく。Img_0169

|

« ヤクイコ’12 二日目は薬師岳方面へ | トップページ | しまなみ海道の伯方島と大島をサイクリング »

テレマーク」カテゴリの記事

越中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/54735921

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクイコ’12 三日目は再びの薬師岳(方面):

« ヤクイコ’12 二日目は薬師岳方面へ | トップページ | しまなみ海道の伯方島と大島をサイクリング »