« 吾妻山へ奥出雲から調査行 | トップページ | 恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m) »

2013年2月 4日 (月)

東京家族に惹かれ、大崎上島を一周

2013年2月3日(日)
冬を忘れたかのような陽気な週末、前の日に観た東京家族のロケ地となった大崎上島を自転車で走ってきた。
Dsc_0123

大崎上島は、北を本州、東を大三島はじめ”しまなみ海道”、南から西を”とびしま海道”に囲まれているグルリ40kmほどの島。
Wadachi地図クリックでが別画面で起動

というわけで、

スキー用具満載な車からブーツや寝具などを降ろしてスペースを作ったらなんとかバイク2台を積み込んで出発。Dsc_0353

日差しで空気の温まるのを待って10時50分発のフェリーで島に渡るべく竹原港でせとうちサイクルーズPASSを貰って20%引き(片道大人330円+自転車130円が370円)で切符買う。P1180936

出航を待つ間に船員さんが「どうぞ」と下さった瀬戸内シネマ ロケ旅 大崎上島というロケ地紹介マップを見ると、すぐに昨日観たばっかりの映画のシーンが浮かんできて、そこへ走って行きたくなってきたので、このマップを追っかける事にした。結果は上々。船員さんありがとう。Cover

ベタ凪ぎ、微風、ぽかぽかな瀬戸内を25分で渡って、大崎上島(垂水港)に到着。P1180955

島を北上し半周した前回(2011年9月)と逆に、今回は島の東岸を南下していく。海沿いの気持ちよい道。海が近い時計回りが正解!P1190060_2

冬場、スキーメインで過ごしてたから、初めてまともに身につけた手袋(5℃仕様)ウィンタータイツシェル・ジャケットで午前中のヒンヤリした風対策もバッチグー。ぐんと気温の上がった午後からは、シェルは脱ぎ、手袋汗ばむほど。Dsc_0121

木江港から映画後半の舞台となった主人公の家を見つけて細く急な路地を上がっていく。途中、登場人物達も汗かき歩き、ある人がこけた「木江の辻」をチェック。クリートが滑って大変だったほど、急な上り坂。P1180998
を上り切ったら映画と同じ、みかんがタワワに実った「平山周吉の家」は街と港を見渡せる絶景ロケーション。じゃが、上り下りはシンドイよ。P1190004

海まで下りたら、フェリー発着シーンが撮影された「天満港桟橋」をチェック。P1190010

木江の古い町並を抜け、島内一番(多分)のリゾート的施設で飯を食ったら、島の南岸を走って次のロケ地へ。Dsc_0127

沖浦港から山を振り返るとスグに見つかった立派なお寺が「圓妙寺」。こぎ倒れる寸前な激坂をなんとか登って、境内から海側への良い景色を眺めてると、坊守さんと門徒の方が来週あるという「お祭りに出すんよ」と作っておられたかりんとうを一掴み下さった。何年か工夫を重ねてきたという、すこぶる固く糖分控え目で生姜の香る美味しいお菓子。ご馳走様でした。P1190071P1190070

「本堂にロケ時の写真などを展示しているからご覧なさい」というお誘いを丁寧に辞して、つぎのロケ地「沖浦の農道」を探し、みかん畑を横断し上下する道をしばらく汗かきウロウロ。諦めかけ、レモンの多い畑を下った先にひょっこり見つかった。Dsc_0133P1190084

これでロケ地めぐりはホボ終了。明石港から先、未踏の西半分が、収穫真っ盛りの柑橘系、とびしま方面へ開けた海が西日に映えてまた良い雰囲気。Dsc_0143

大串海水浴場の設けられた外浜海岸のある入り江も良ぇわぁ。Dsc_0151

さすがの小春日和も15時過ぎには涼しくなり始めたので、少々スピードアップ。開店準備の頃から地元のテレビなどで何度も取り上げられたIターン女子のやってるantennaで一休み。店頭にサイクルステーションの幟、サドル引っ掛け式のスタンドが置いてあって、「水要りますか?」と声かけてくれるサイクリストに優しいカフェ。温かいカプチーノで一休みしたら17時5分のフェリーへラストスパート。P1190120

最後のロケ地は「フェリーさざなみ(白水港)」なんだけど、この日は”さざなみ”じゃなくて”さにいおおさき”。往路と同じくせとうちサイクルーズPASSで今度は19%引き(片道大人340円+自転車130円が380円)で切符買って乗船。P1190127

2月とは思えない陽気で気持ちよく走れた大崎上島は、橋で本州や四国に繋がってない分、のんびりとした空気が流れている島。その辺が東京家族の舞台に決まったんだろう。また違う季節に走ってみよう。柑橘の花の時期は楽しそうだ。
今回は竹原基点で一筆書き、一昨年はとびしま海道とつないで走った。木江と大三島(宗方)をフェリーで渡ってしまなみ海道につなげるのも良い。

|

« 吾妻山へ奥出雲から調査行 | トップページ | 恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m) »

広島」カテゴリの記事

瀬戸内」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

「せとうちサイクルーズPASS」をご利用いただきありがとうございます!

私は大崎上島に行った後、映画を観ました!
「天満港桟橋」でのシーンが印象的でしたねぇ。
私が行った時は残念ながら「天満港桟橋」は工事中で「またのおこしを・・・」が見られませんでした。。。

今後とも「せとうちサイクルーズPASS」をよろしくお願いいたします。

投稿: 中国旅客船協会連合会 | 2013年2月 6日 (水) 17時10分

おおー サイクルーズパス発行元さん!
良い規格を毎年拡充してくださって有り難うございます。
「なんで船だけなんかな?」と漠然と疑問におもってましたが、お名前見て納得です。
これまでは住んでる福山からアクセスしやすい県西部メインで走ってますが、これからは江田島~倉橋、岡山の島々、小豆島などに脚を伸ばそうと考えてます。ますます、拡充をおねがいします。
と、こないだ大崎上島でコラボバッチをもらい忘れたの思い出しました。また行かねば!
http://p-chan.moe-nifty.com/blog/2012/04/post-b593.html

投稿: さんすけ | 2013年2月 7日 (木) 12時59分

フェリーが電車感覚(しかも電車より乗りやすい)って
憧れます。短い距離でも船旅は旅情が出るし。

2月とは思えない陽気で自転車に丁度良い感じですね。
おいらも東京家族見てみよう。

投稿: やっさん | 2013年2月12日 (火) 22時06分

やっさん
しまなみ海道など架橋が進んで、本四連絡線みたいな長距離&大型線を中心に、以前よりかなり航路・便数が減ってるみたい。
でも、この大崎上島みたいに橋の架かってない、船だけが頼りの島も沢山有って、渡ってサイクリングするのは楽しいよ。
今年の寒暖の差はナンか変で、この時の陽気は特別だった。

東京家族。まんまとハマって涙してしもうたのが、ちと悔しい。。。

投稿: さんすけ | 2013年2月13日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/56699265

この記事へのトラックバック一覧です: 東京家族に惹かれ、大崎上島を一周:

« 吾妻山へ奥出雲から調査行 | トップページ | 恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m) »