« 伯方島の開山(140m)へお花見ライド | トップページ | 能島で花見 »

2013年4月 1日 (月)

春の大山でテレマーク三昧(Gビールもあるよ)

2013年3月16日(土)~17日(日) ~3月に行った大山を思い出しておく~
1月のテレマーク関西講習会から何度かご一緒させてもろうとるOutside Ski Clubの皆さんと大山で春山テレマークスキーと地ビールパーティっていう濃密な週末を過ごしてきた。Img_0585烏ヶ山へ最後の登り

16日(土)鏡ヶ成国民休暇村のスキー場から烏ヶ山ツアーと17日(日)大山三ノ沢ツアーの軌跡を轍でプロット。
Wadachi地図クリックでが別画面で起動

というわけで、

16日(土)烏ヶ山ツアーは鏡ヶ成の休暇村スキー場で暫らく滑ってから集合。Img_0534
車止めのゲートを越え、板は担いでアスファルトを歩いて除雪終点の新小屋峠で雪の上、シール装着。Img_0541
しばらくは緩く広い尾根の登り。近づく烏ヶ山。「本当にあの斜面を滑るの?」ってくらい急に見えるカーラ谷。Img_0548
この日はKarhu Guideを履いて、行けるトコまで鱗で登り、きつくなったらクランポン付けて、最後にシールを貼り足す作戦。が、クランポン歩きがバランス取り微妙でアッという間に最後尾。ツアーデビューの方のサポート役。更に斜度が増すあたりで大休止する皆さんに追いついてシール張って復調。結構な斜度をガシガシ登る皆さん。Img_0562更に直登。Img_0565
スタートした鏡ヶ成から標高差500m、烏ヶ山まであと少し。平成12年の鳥取県西部地震で登山道が崩壊したため雪のこの時期ならでは険しい山頂へ近づける。最後の細い稜線は板を担いだツボ足で着実に。Img_0581
雪がほどほど締まって、下から見てたより斜度が無く、目に付く潅木も疎らで滑り易かった上部斜面。Img_0583
かなり発達した雪庇。Img_0592をかわしヒト登りした地点から用意できた者から次々とドロップした沢を見上げる。Img_0604
くにImg_0803
さんすけP1150287
他の皆さんもそれぞれ快適に滑り降りて無事、笑顔でツアー終了。Img_0854
休暇村で汗を流したら、とっとと大山Gビール[ガンバリウス]近くの公園へ移動。車を停め、寝場所を確保したら徒歩で出撃し、なんと1050円で大山Gビール呑み放題っていうHappyな春の地ビール祭りを堪能。弾けました。Img_0862s

明けて17日(日)は大山三ノ沢。車で回りこんでく途中で大きなデブリを見つけた時は「やばい」と思うたけど、登りついてみるとメローで広い良い沢でした。Img_0874
大山環状道路が開通する前だったからゲート手前の鍵掛峠に車を置いてスタート。斜度の緩いこの日は細板、革靴率高し。Img_0881
除雪すんで雪の無いアスファルトを15分ほど歩き文珠堂ちかくで雪に上がり板を履く。細目の鱗板(BlackDiamond PolarStar)で行ったワシは結局シール無しで登りきり遊べた優しい斜面。Img_0887
たくさん、たくさんの堰堤に固められた三ノ沢を歩く。Img_0895
最後に大きな堰堤を越えるのが今日一ポイント。Img_1062
その堰堤の上は巨大デブリまでImg_0912広~い、緩~い大斜面で、皆さん2時間ほど歩いて登り・滑るの繰り返し。Img_0953
巨大堰堤を慎重に下ったら、ブナの疎林を道路までゆるりと滑ってツアー終了。Img_1071

烏ヶ山、三ノ沢どちらも短い登りで楽しめる、雰囲気の全く異なる山。在福山3シーズン目で初めて入った大山Back Countryは家から2時間掛からずに行けるブチ好いところ。また行こう。

|

« 伯方島の開山(140m)へお花見ライド | トップページ | 能島で花見 »

テレマーク」カテゴリの記事

山陰」カテゴリの記事

酒とビール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/57086176

この記事へのトラックバック一覧です: 春の大山でテレマーク三昧(Gビールもあるよ):

« 伯方島の開山(140m)へお花見ライド | トップページ | 能島で花見 »