« The Real Golden Week II 3(秋田、八甲田山麓、久慈市) | トップページ | 福田頭/毛無山(1252m) 広島県庄原市 »

2013年5月15日 (水)

The Real Golden Week II 4(八甲田山Telemark)

2013年5月1日(水)、2日(木)、3日(金)
5年ぶりの八甲田が今回のLong DriveのHighlight。期待していた”締まり雪を晴れた日”ってのは十分には味わえ無かったけれど、八甲田らしい優しい山容と自然、温泉、お宿はまずまず良かった。
視界の利かない中、地図をGPSを頼りに自分たちだけでルートを決め歩いて滑った楽しい3日間だった。
3日目の雛岳P1150455

3日分を一枚の轍にまとめて整理
 1日;南八甲田(睡蓮沼から赤倉岳とおって蔦温泉へ) 赤線
 2日;北八甲田(ロープウェイから宮様ルート、大岳環状ルートで酸ヶ湯温泉へ) 黄線
 3日;北八甲田(箒場岱から雛岳ピストン) 緑線
Wadachi地図クリックでが別画面で起動

例年にない多めな残雪のおかげで初めて蔦温泉へのルートを辿れたのは大収穫。もう一つの目標高田大岳は、2日、3日とチャンスを伺ってみたものの、濃いガスと強風で断念したから来年以降の宿題だな。

というわけで、

・5月1日(水) 南八甲田(傘松峠/睡蓮沼から赤倉岳を越えて蔦温泉へ)
八甲田山荘でたっぷり朝食を摂ったら歩いて数分のロープウェーで今回大事な脚となったJRバス東北バス停でみずうみ号に乗るP1190806
十和田湖行きのバスを路線最高地点の睡蓮沼で降りたら傘松峠までもどって数mの雪壁が崩してあるところから雪に上がり、雪降る中を真南へ歩き始め。P1190807
同じバスを降りた数名と抜きつ抜かれつしてたのも暫くで2人きりの山歩きになる。ちょっとキツめの段を越え緩斜面を歩いたら東西に走る顕著な猿倉岳~駒ヶ峯の稜線に出た。晴れると眼前に十和田湖へ連なるなだらかな山並みと、振り返れば北八甲田の幾つものピークが雄大なビュー・ポイントだけど、雪が舞いガスも濃くて視界が百mもない。P1190812
ガスが濃いからお互いを見失わないよう、付かず離れずで「こっちが乗鞍~赤倉」と見定めた方角へ滑り降りる。P1150434
ほんま視界が利かないから、矢櫃萢への谷へ降りぬよう東進し赤倉岳との鞍部を行き過ぎぬよう慎重に歩いて微かに見覚えのある乗鞍岳東面下から山を見上げるだけ。滑ったら気持ちよい斜面も今回の天候で諦めて先を急ぐ。P1190821
初めて赤倉岳(1298m)へ向かうが、山頂部はだん広で特にピークは分からず、歩いてった最南端で記念撮影。P1190831
山頂東面は断崖状なので北へ巻き降りて赤沼へ続く沢頭へ入り、くるぶし位の”重い”新雪を慎重に滑ってく。P1190837
4月に同じ蔦温泉へ下ってった遊び過ぎ?さん一行が辿った赤沼ルートより、少し南に針路とって蔦沼南側に出るつもりだったのに、板が下向くほうに滑っちゃったみたいで2週間前には歩けた湖面は融解が進んで近づいちゃいけない赤沼に着いてしまう。P1190848そっからもなるべく南に行こうとしたんだけど、小丘や雪の付いてない急斜面下りなどが繰り返し現れて、高度が下がり雪が雨っぽくなった中で板を外して登り返しとかで体力も時間も尽きてきて、無理せず「急がば回れ」で最後は車道で蔦温泉まで歩いてった。P1190856終バス(17:15)に余裕が無かったので入浴は諦め、バス停横の土産物屋でストーブにあたる。

・5月2日(木) 北八甲田(ロープウェー山頂から大岳回って酸ヶ湯へ)
始発で上がると山麓駅から見たとおり山の上の方は濃いガスの中。高田大岳は目指すものの、頼りとしたツアールートの指導票、竹竿が不安になったら最短ルートで下ると決めて出発。八甲田山ガイドクラブご一行としばらく同行した。P1190859
宮様ルートを辿り29番指導票あたりから東へ井戸岳と大岳の鞍部へ登った。ガス濃い。P1150441
鞍部に乗ったあたりから樹木が無くなって、距離感が乏しく水平感覚も怪しいホワイトアウト状態となり、これ以上の前進は諦めて大岳環状ルートで酸ヶ湯に下る英断。P1190869
下るにつれ視界が開ける中ぼちぼち楽しく滑って酸ヶ湯温泉ゴール。千人風呂を堪能し、しょうが味噌おでん食ったりバスの時間までのんびりした。P1190879

・5月3日(金) 北八甲田(箒場岱から雛岳ピストン)
八甲田に3泊した中でこの朝が一番の積雪。初めて晴れ雛岳はよく見えたので田代に車を停め「行けたら高田大岳」と箒場岱から入山。P1190883
箒場岱ルートの下のほう、例年なら下枝が出て滑れたもんじゃない年もあるけど今年は雪たっぷり。明るい疎林を楽しく歩く。P1190890 20130503hina

手前の雛岳(1240m)はよく見えてるけど、一つ奥ガスの中の高田大岳(1552m)は風も強そうなんで、きっぱり諦め、雛岳を登れるとこまで上がって滑ることに切り替えた。高度が上がり西面に入るに従って風強く斜度きつく硬くなってきた1050m付近でシールをはがした。雪煙~P1190915
風を避け東よりの沢沿いに滑ることにした。日差しもあったので風の当たらない場所は巨大アンモナイトも転がる雪の重さ。転ばぬように気をつけて。P1190924
下へ下へと滑って降りた。P1150491
箒場岱へ着いたら雨。急いで高原茶屋へ入り竹の子ラーメンと行者ニンニクラーメンで温まってツアー終了。Dsc_0776
ラーメン頼んだ頃に30人くらいの団体さんがとうちゃこしてテンヤワンヤの大賑わい。雛を歩いたワシらは誰にも会わなかったけど、GWの谷間だった前日までとは違ってメジャールートは人が多かったみたい。
メモ;この田代高原茶屋では町で入手しづらい地酒を扱ってて某山荘(5,000円)、某温泉(6,000円)より安い4,000円で売ってた。

|

« The Real Golden Week II 3(秋田、八甲田山麓、久慈市) | トップページ | 福田頭/毛無山(1252m) 広島県庄原市 »

テレマーク」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

コメント

今年は東北どこも雪が多いんですねえ。
鳥海に八甲田とは羨ましいけれど
移動距離に目が点(*_*)

投稿: やっさん | 2013年5月16日 (木) 23時27分

行きに2日、帰りに2日それぞれ使って、中にも1日休息日。
10連休ならでは組めた行程。

中日に有給使ったら、来年は11連休になるなあ、さ来年は12連休だぞ、とカレンダーを見よるんよ。

投稿: さんすけ | 2013年5月17日 (金) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167662/57385468

この記事へのトラックバック一覧です: The Real Golden Week II 4(八甲田山Telemark):

« The Real Golden Week II 3(秋田、八甲田山麓、久慈市) | トップページ | 福田頭/毛無山(1252m) 広島県庄原市 »