2010年5月 1日 (土)

尾瀬 至仏山(2,228m)

2010年4月30日(金)
昨日のまとめ。
7時45分 前夜車を停めた鳩待峠(1591m)で啄木鳥のドラミングを聴きながら、着替えてスキーの支度をする。P1030546

7時55分 至仏への取り付きは緩やかな林で気持ちよく歩き始める。P1030552

8時10分 しばらくすると針葉樹の頭越しに真っ白な、小至仏~至仏が見える。P1030556

8時25分 日差しで溶けた霧氷が落ちる中を登る。P1030565

9時ちょうど この辺からは、ずっとまだ白い尾瀬ヶ原の向こうに燧ケ岳(2356m←東北以北の最高峰)を見ながら歩く。P1030573

10時ころ 小至仏山(2162m)の山頂を巻いてトラバースすると至仏山頂はもうすぐP1030581

10時40分 鳩待峠から3時間弱で到着。ちょうど一年ぶりP1030589

11時40分 湯を沸かし、カップヌードルとオニギリの昼飯をコーヒーで仕上げる長めの大休止を取ったら、下山前に写真を撮る。P1030595

12時10分 鳩待峠でもらった入山者への案内(尾瀬保護財団サイト)に書かれていた事を忠実に守って禁止とされたエリアを避け、高天ヶ原をグルッとトラバースしてから山ノ鼻との夏道沿いの尾根ルートを滑るP1130768

12時20分 山頂は大勢のスキーヤー、登山者で賑わっていたのに、タイミングがずれたようで、ほぼ二人貸し切りで残雪の尾瀬ヶ原へ滑りこんで行く斜面はしっかり締まった気持ち良い斜面だ。P1130787

12時25分 シュプールも2本だけ。P1030658

12時45分 雪が重く板掴み続出で滑り辛かった下部の樹林帯をナントカ無事転ばずに下り終えると広い尾瀬ヶ原。燧ケ岳を遠望しながらテクテク歩く。P1030673

13時10分 鳩待峠(1591m)まで2時間の歩きに備えてビジターセンターのトイレを借り/100円、滑りモードからアウターシェルを脱ぎ、板にシールを貼って歩きモードに切り替えて山の鼻(1410m)を出発。P1030679

13時15分 川上川の木橋をシールつけた板でそのまま渡る。P1030682

13時45分 去年は何度か板を担いだ木道も雪の下。今年はシールで鳩待峠まで完登した。P1030687

14時20分 1時間半かかった去年よりずっと早い1時間10分ほどで無事に鳩待峠に戻りつく。Goal

都内から鳩待峠まで180kmほど、高速の渋滞が無ければ片道3時間弱で、こんなに気持ちの良いエリアにアクセス出来るのは素晴らしく幸せな事だったんだと、少し遠い所への移動が決まるとしみじみ想う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

芳ヶ平テレマークスキー行

2010年2月11日~13日
毎年、テレマーク仲間と建国記念の日を挟んで芳ヶ平ヒュッテへ泊りがけで行っていて、多いときは10人を超える事もあったようだが、今年は幹事の我が家を入れて5人という少人数で行ってきた。
志賀高原と草津の中間部にある芳ヶ平を目指して草津スキー場の駐車場に車を停め
Img_0120
ゴンドラ山頂小屋のパトロール隊に行程概略を届けてからツアーコースを辿って山に入る。当日、最初の入山者だったからかスノーモービルで先行し、竹竿の途中まで踏み跡を付けてくれた。遭難防止目的とはいえ山スキーヤーに優しい草津パトロールに感謝。
Img_0295
<中略>
直前に雨が降ったりして最高のコンディションでは無かったけれど、気の置けない仲間たちとの交流含め、優しい斜面の数々でテレマークスキーの楽しさを満喫した三日間だった。
いろいろ有るけれど、ワシらにゃやっぱり楽園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

雪国の朝

雪国の朝
起きたら、大雪

ラッセル苦労 しそう、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

至仏山を滑った

2009年4月30日(木)

前の投稿で速報済みの件、5月11日(月)から入山が禁止される至仏山へ先週末開通した鳩待峠から登って滑ってきた。再開山後はマイカー禁止となる為、自走で鳩待へ上がれる2週間だけの短いチャンス。

緩い尾根をユックリ登るImg_9856

小至仏(左) 至仏(右)の大きな斜面を見ながら歩くImg_9863

山頂は30人近くで賑わってたImg_9881

尾瀬ヶ原の向こうに燧、奥に会津駒Img_9898

上部は快適な斜面が続いたImg_9902

ムジナ沢の途中から滑り辛い腐れ雪にP1130399

尾瀬ヶ原は雪が溶けると木道の上しか歩けない。この時期だけのルートを歩く。Img_9998

山の鼻から鳩待峠までは雪が少なく木道が露出した箇所も多かったImg_0004

滑りに加えて廻りに拡がる景色が素晴らしい文句の無い高級ルート。また必ず来たいWadachiimage

補足1.車泊地は鳩待峠駐車場。峠にきれいなトイレが有り顔も洗える。気温が夜の内に零下となったため朝、駐車場内の移動がスリッピーで危険。2500円/日(二日目以降は1000円/日)

補足2.最寄りの道の駅”白沢”はきれいだが公園らしい設計のためか駐車場からトイレが遠く怖かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

至仏山を滑る!

至仏山を滑る!
至仏山を滑る!
快晴で微風。絶好のビールもといスキー日和り。
グルリがきれいに見渡せて気持ち良い〜
シールも濡れてないのが嬉しい。帰ったら塗り直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)