2013年7月 6日 (土)

因島、生口島からの高根島サイクリング

2013年6月29日(土)
しまなみ海道が通ってる6島の内、走ったこと無かった因島の東岸を走って、しまなみ海道”全六島周回”Complete達成してきた。
ついでに走った高根島(生口島=瀬戸田から橋で渡れる)がサイクリングで楽しい島と判ったのが大収穫。
その高根島は人も車も少ない静かな柑橘の島。Dsc00088

兎に角、これでしまなみ海道の6島の全周をやっと達成。しまなみととびしま海道(左のほう)で、これまでに走った所を赤線で、今回走った三島を青線で書いてみる。201106201306cyclingtrackstobinami地図クリックでで今回の3島サイクリングが別画面で起動

というわけで、

続きを読む "因島、生口島からの高根島サイクリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m)

2013年2月9日(土)恐羅漢 10日(日)吾妻山
1月に行ったテレマーク関西講習会で知り合ったご近所、福山在住のI島さんに広島県の山スキーエリアご紹介的テレマークツアーに行ってきた。県内いうても東南端の福山から、北西にある芸北の恐羅漢、東北方面の備北にある吾妻山の位置関係を地図で見てつかぁさい。Wadachi
地図クリックでが別画面で起動。

車中泊を厭わず、小雪もまた楽しと前向きなテレマーカーI島さん、これからも宜しくお願いします的な車中宴会@来夢とごうち(道の駅)Dsc_0385

というわけで、

続きを読む "恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

東京家族に惹かれ、大崎上島を一周

2013年2月3日(日)
冬を忘れたかのような陽気な週末、前の日に観た東京家族のロケ地となった大崎上島を自転車で走ってきた。
Dsc_0123

大崎上島は、北を本州、東を大三島はじめ”しまなみ海道”、南から西を”とびしま海道”に囲まれているグルリ40kmほどの島。
Wadachi地図クリックでが別画面で起動

というわけで、

続きを読む "東京家族に惹かれ、大崎上島を一周"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

サイクリングまとめ 瀬戸内(中あたり)

<サイクリングまとめ>1 瀬戸内(中編)
20110710_moto大三島北東岸を多々羅大橋目指して急ぐさんすけくに(撮影;モトさんに多謝)

自転車でしまなみ海道とびしま海道などなど主に広島県東部に位置する瀬戸内海の島々を走った記録を一枚の地図に整理。
201204setouchicycling_2地図クリックでに展開

結構、走りに行ったけど、どの位なんかのう?と自分を客観視してみると、
 しまなみ海道では、因島の東岸、伯方島一周、大島一周が残った課題。
あ、それぞれの島のてっぺんにも登らなきゃだわ。

これからも走ったルートは、この地図に追加していく。
他の場所も、瀬戸内(西)~江田島や周防大島、瀬戸内(東)~小豆島や笠岡諸島に淡路島のように地域ごとに纏められるほど、走りに行きたいなぁ。(更新2012年4月25日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

安芸灘とびしま海道オレンジライド2011

2011年11月13日(日)
瀬戸内海のド真ん中。本州と四国をつないで南北に走るしまなみ海道の西寄りに東西に伸びるとびしま海道は、本州側の呉市に架かる安芸灘大橋スタートながら東端が岡村島とまりでUターン(もしくはフェリー)必須で、通り抜けの車が走らんから、うんと静かで、更に海に近い道を気持ちよく走れる最高クラスのサイクリングコース。去年の9月今年の9月に走ってるお気に入りなコースで去年始まったライドイベントが今年もあるってんで走りに行ってきた。さんすけ的には初めての自転車イベントじゃけん内心ドキドキだ。で描いた地図見ると瀬戸内海のド真ん中ぶりが良く判るWadachi
1137人(主催者発表)も参加した大きなイベント。ユースケくんとワシが参加した90kmのフルコースはじめロード乗りが多かった。呉の高校生のブラスバンドに送られながらスタート。渋滞は2分くらい置きに50台くらいが発車する仕組み。レースじゃないからね、開会式のグランドからノロノロ移動してスタート。Yusuke1(ワシの後姿byユースケくん)

開会式の頃は寒々してたのが日が差すと温まり調子良かったんで、しばらく30km/hちょいの(ワシにしては)速め定速で踏んでみる。今日走る7島6橋で信号が一ヶ所しかないから、エイドステーションで停まる以外は、ほぼnon-stopで海沿いの橋以外ではあんまし上り下りのないコースを気持ちよく走る。Yusuke3(写真ありがとユースケくん=Facebook)

本州に一番近い下蒲刈島を回りきる20kmあたりから30km/hキープがしんどくなってきたので、先を考えてユースケくんに声かけて25km/hペースに減速。ちょっと遅すぎるくらいじゃが完走第一!でキープ。パンク修理の方もポチポチと。P1130266

21.6km地点にある最初のエイドステーションは下蒲刈島の蒲刈大橋たもと。鯛めしのオニギリと鯛味噌汁とみかん食べ放題。こんなに出ると知らずにエントリーしとったので、ビックリしながらも、もちろん美味しく腹いっぱい食べる。F1001343

賑やかな声援もチラホラP1130268

SHIMANOのサポートカー(の向こう側にはパンク修理の方が)P1130271

道っぱたにミカンが鈴なりP1130286

今回の最高地点は、島々の北側を本州を見ながら走った往路で、これから渡る豊浜大橋の遥か高い所を走る広域農道。定速走行で貯めた脚で坂が苦手な先行者をゴボウ抜き(か?)P1130289

これまで大崎下島で折り返してたワシには、小ぶりな3島にかかる小さめな3橋は未踏の橋と島。P1130293

一番東寄りの岡村島は愛媛県。対岸の御手洗を見ながら走る。海が近い!P1130303

他の島でも島の皆さんの声援が嬉しかったんだけど、この岡村島の方々の声援は特に暖かかった。
P1130308P1130309P1130312P1130313

P1130315岡村島から県境を越え、中ノ島、平羅島とつないで大崎下島に戻ると、63.2km地点の第2エイドステーションはみかんで有名な大長。塩ラーメンとみかん食べ放題。で、またもや腹いっぱい。P1130317

御手洗のシンボル高燈籠も今回は素通り~P1130324

往きは良いヨイ帰りはナントヤラ~で向かい風に頑張りながら復路は海道の南側を四国を見ながら走る。風さえなければ、日差しポカポカ、海近くて最高の道。P1130327

この日の相棒のユースケくんは、ずっと微笑みながら走ってたね。P1130339

スタート地点に戻ってゴール!では、帰ってきた参加者にコンニャク入り海軍カレーとみかん食べ放題。で、90km走ったくらいじゃ、ナンボも減ってない胃袋が更に膨れてお疲れさん。P1130344

と美味しくボリューム満点のエイドステーションと、島の皆さんの暖かい声援で、4時間以上がんばって自転車漕いだのに太って帰った初めてのイベントでした。
土産に買って帰った大長みかんP1130345この時期から甘くてウンまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

快晴のバラ祭からのカープtheディ

2011年5月14日(土)
この土日は福山一のお祭りの週末だった。P1100455
折角なのにメイン会場へは脚を延ばさず最寄の中央公園で福山ぶちうまグランプリ2011で各種創作うずみの味を見る。なんどワシが一票を投じたうずみが最優秀賞に!!!P1100453
腹を満たしたら最近お気に入りのさくらで広島へ25分。P1100459
エバラ黄金の味びっくりテラスカープファンの皆さんと野球観戦。P1100465
手酌の生ビールにセルフBBQ。最高の野球日和に楽しくBBQ&カープ。たまらんのぅ~P1100469
赤い仲間(殆どの皆さんが初対面じゃったんだけど)とホントウに楽しく観戦。P1100508
今度はちょうど九州へ向う新幹線が走ってく向こうの席でも観てみたいのう。P1100488
7回には恒例の風船飛ばし&それいけカープ(旧市民球場動画にリンク)でたかまって追撃開始!P1100516
絶好調 広瀬の送りバントで拡大したチャンスを着実に拡げ、前田の圧力に屈したロメロからパスボールで、まず同点。P1100520
根負けロメロが石原へデッドボールで劇的なサヨナラ勝利P1100523
初対面ながら、カープファンの輪ん中でハイタッチを繰り返しながら、楽しく幸せな数時間を過ごしただけじゃのうて最後の劇的大勝利!広島市民生活を守るマンホールのカープ坊やも誇らしげじゃったでP1100526
ちょいと中央通りへ寄り道して、今の広島で一番ホットでナウいRaku BeerP1100534で美味しい地ビールP1100527をスカッと呑んでローズライナーで帰路に着いた。

朝から晩まで長くも”非常~~~に”楽しい1日。誘ってくれた ちゅうた に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

3回目の恐羅漢スキー場

2011年2月12日(土)
またもや寒波の襲来が予報された三連休の中でもイッチャン雪降りの有りそうな土曜を狙って、三回目の恐羅漢に行ってきた。
P1090255
例年以上の200cmオーバーの雪に半分埋もれてしもうたリフトの自動改札にあわせて、いつもは左肩に入れとるICチケットを左腿に移してゲートを通った。P1090261積もってる雪、降り続く雪の量は多かったものの温度と湿り気の高めな雪はこびりつき系。それでも圧雪後の降りたて雪はサラッと滑れて気持ちよかった。P1090274ゲレンデに広がる非圧雪エリアは少し練りの入った重めな雪で覆われていて、真っ直ぐ目に入ってく分には楽しめるのんが、粉雪のつもりで当てようもんなら後ろの板がハイサイドでひっくりかえるか、先っぽから斜面にめりこむコンディション。しばらく滑って後足に意識を送ってだんだん馴れる。P1090281ひたすら滑って慣れる。成れる。P1090290
と、今シーズンにしては力(りき)の要る滑りを繰り返して、いつもに増して腹が減ってきたので、滑りながら目を付けてた過去二回で未踏の国設ゲレンデ下のレストランへ10時半頃に入って雪で重くなった帽子・手袋ネックゲイターを窓際のストーブに干す。P1090307んっ!この逆さ文字になってても判る、これ何じゃ???と廻りを見渡しすと見慣れた暖簾がかかったスペースの奥に鉄板コーナーがあって自販機で1000円のチケットを買って一枚焼いてもらう。P1090315スキー場、いわゆるゲレ食として初めて食った、このボリュームたぷりなお好み焼きは普通に美味しかった。腹いっぱいでゲレンデに戻って、(何回でも書くけど)極めて競争率が低くて、溶けさえ・凍りさえしなけりゃ何時いつまでも残ってそうなパウダーゾーンで少し片栗入った雪で練り修行を続ける。P1090304と、12時回ったころから、何でも無いのにコテンコロリと転び癖が顕著になってきたのは脚の電池が切れちゃったからだP1090323と、どしても遅れる体が、滑りたくなくなり始めた心が気が付いてきたので、怪我する前に帰ろうや。と、降り続く雪にタイヤ空転してどないもならんレガシーが塞ぐのと反対側の通路から駐車場を出て、今夜とまる温泉津温泉を目指した。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

初めての ひろしま県民の森

2011年1月16日(日)
P1070910
広島でも瀬戸内沿岸までの積雪が予想される、かなりの寒波がやってくると判ってたこの週末。日曜夜に出掛けにゃならんから出来たら土曜に行きたかったんじゃが、冬将軍の到来いまいち遅く、土曜は雪がたぷーりとは降りそうにないので、日曜に恐羅漢へ行くと決めて4時半早起きしてみると、ほぼ日本中の最低気温が零度以下になり、広島市内でも積雪するほどの大寒波(でも福山は寒いだけで雪無し)、日本道路交通情報センターで「山陽道が広島~西条間で通行止め」と判ったので、高速を使わないで行けるし、昨日アシーズで「良いよ」と聞いてた広島県北東部のひろしま県民の森へ転舵し、東城往来を国道182号線から国道314号線と北上すると決める。家の周辺で-4℃、神辺の市街地を抜ける辺りからは路面が白くなり、路端の気温表示が-7-8℃。道の駅さんわ182ステーションは完全に雪国だF1000754
進むに連れ強く降り、良く積もった雪道約80kmを含む100km弱を二時間半ほどで走り、途中電話で「今日は8時半からリフトを動かす」と確かめて8時過ぎに無事スキー場到着。除雪真っ最中の除雪機を除けながら探し当てた(看板判りにくい)駐車場におよそ10台めくらいに車を停め、くにが「さすが県民の森だね」と言った森の中の坂道を200mほど歩いて登ってやっとゲレンデ。13時までの半日券を3000円で買い、定刻に動き始めた第3リフトに乗り、非圧雪斜面を確かめながら上がる。良く冷えてサラサラの雪は滑り易く、目当ての斜面に何人目かで滑り込む。P1070859ってのを何べんか繰り返すうちにコーストップ(標高1080m)に向う第2リフトが動き始めたので何人目かに乗り込んで、一本目はリフト横のコースで圧雪車の入ってないコース端を滑る。P1070869が斜度がなくてイクラ雪が軽くても進まないので、二本目はスキー場最大斜度(35度?)というコースに向う。P1070872うん、こっちは斜度が有って良いねと、それからはこの‘ぶなコース’をメインで滑る為にゲレンデベース(標高830m)まで降りてリフトを2本乗り継いでってのを繰り返す。P1070888朝一は、願っても無いせっかくの良コンディションを美味く滑れずモタついてたんだが、だんだん良い調子で滑れるようになってきたなぁ。ってな当たりで切り上げた。だから、帰り道も上機嫌で、長い雪道も遅い車も苦にならんかった。次回からも、そう出来るように心がけたい。
県民の森は広島県では有数の雪山登山山スキーの対象である比婆山の直下に拡がり、入山者も多いようで、今日もゲレンデ脇を徒歩で登ってくる四人パーティにぶつかりそうになった。ワシらも、こういう激雪の時期が過ぎた頃に山を歩いてみようと思う。そういう所には、やはり比率が高いようで数人のテレマーカーを視認。皆さん、そこそこ滑り馴れておられるようでした。P1070909

某所で「美味い」と聞いて期待したゲレ食は11時開店とタイミングが合わず、リフト券についてきたサービスの珈琲で一休みしただけ。結構よく滑ったので12時過ぎにスパッと切り上げた。

P1070921木次線沿いまで降りてしばらく走ったドライブイン落合の名物‘おでんうどん’(700円)P1070923を食べて温もってから三和あたりまで続く雪道を慎重に走り、そっからは融雪剤で良く溶けたベチャ道を激走し、無事と快晴の福山に2時間強で帰着。
下道で片道100kmちょいで、こんな良いゲレンデで遊べるなんて、福山はとても良い街だと、今日は思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

2回目の恐羅漢スキー場

2011年1月8日(土) 新年、滑り初めは暮れに行って面白かった恐羅漢P1070659 とても良い天気。前回のような新雪は期待できなかったので、ゆっくり目7時発。雪規制が全く無い高速を走り、途中睡魔に従ってPAや道の駅で仮眠を取りつつ、除雪も効いて雪の少ない大規模林道回りで10時着。10時半頃から5時間券で滑り始め。 P1070660圧雪の斜面を中心に、ずっと気温が低く降り続いてた暮れより、ちょいと重めの新雪が残ってるのを見つけては少々骨折りながら滑る。

Kunismobile

越後湯沢や妙高でドッと降って晴れた日の感じの湿り具合。P1070664 今日、1番深かった辺りはストック一本まるまる入るほどだったカヤ畑コース上部。片斜面気味なれど圧雪車の入らない降雪直後は要マークなバーン。P1070684コースを横移動するところでは、雪原風に誰のシュプールも無いエリアもあってプチ・ツアー気分(そりゃ、スキー場なんだから、こがぁな所は見向きされんよね)P1070679 前夜の(小)新年会が尾を引いたか、少ーし体調不良っぽかったしで早めに撤収し、「ガードレールが付いとるんは車が落ちた所じゃ」と聞き覚えている難路で有名な内黒峠を試走して、次からは降り続いてる時じゃなければ距離が1/3ほどのコッチを走ると決めた。 戸河内IC近くのグリーンスパ筒賀で汗を流し、温まって高速に乗る。高台にあって見晴らしの良い浴場からは親父の田舎(旧)上殿村の家々が雪に包まれて見えた。Greenspatutugaワシがご幼少の頃に遊びに来ていた頃は中国道なんて影も形も無くて、今のIC周辺の道の駅やホームセンターの辺りは全部田んぼ。高架橋群で昔は川遊びをしていた大田川はギタギタに手が入り変形し、爺様が竹かごに仕掛けで鰻を取ってみせてくれた事など今は昔の話。 そんな事を想いながら風呂に浸かると元気出て来たので少々遠回りして日本の棚田百選にも選ばれた井仁の棚田”を眺めてみる。P1070687雪深い急な谷あいで米を作り続けた、昔の人の知恵と努力を想うと言葉がない。 ふるさと広島県内にも沢山ある未踏の地を機会・時間を作って見ていこう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

初めての 恐羅漢スキー場

2010年12月29日(水)
P1070562
ミズホに行った次の日に「29日はどこに行こうかねぇ」と考えてると”@osorakan: 今日はヒエバタ、ブナ坂も営業予定で、恐羅漢全山がお楽しみ戴けるでしょう!100%の圧雪ではないのでお気をつけて”(2010.12.26 06:44)って呟きが流れてたんで、恐羅漢に行くと決め、今朝も5時起きでテレマークスキー板を車に積んで(ブーツは積みッパ)F1000678山陽道の福山東ICから中国道の戸河内ICまで高速を使う(平日通勤割引の1800円)。おりしもの一級寒波で広島北ICあたりから圧雪路だったのを降りると深入山の向こうから大規模林道回って8時過ぎ着。三段峡過ぎてからは竹がしなり除雪で道幅の狭まる豪雪ブリ。F1000002
@osorakan ロッジ前は-3℃の新雪30CMです。今日のゲレンデは良い状態になるでしょう!”(2010.12.29 05:48)ってtweetとおり、駐車場の除雪も追いつかない降り具合。昼過ぎには引き上げる算段で5時間券(4300円+保証金1000円=5300円←高速リフト皆無としちゃあ底抜け高!)の自動改札チケットを買う。P1070536スキー場までの道がアンダケの大雪だったんだから、広島県最高峰に雪が無いわけなく。降りつづけるチョイ重めの雪で視界が効きにくかったものの、幅広めなゲレンデ、バリエーション豊かな3エリア、比較的多い非圧雪箇所、と降雪時にはパウダー好きも充分楽しめるスキー場。P1070540待ち時間なしで乗れるペアリフト主体のリフト座面で凍てついた雪氷は、客が少ないから空で動いてる時間は長いし、リフト係りのおっちゃんがタマに掃いたり扇風機で飛ばす程度じゃ無くならなくてケツが冷たいのが最大の弱点な搬器を降りて、ノートラックorあまり滑られてない所を選んで滑ると確かに新雪30cmは充分。三日前のような新雪下のガリガリもなく、5時間だいたい気持ちよく滑れた。F1000008プレハブ調の外観に低い天井、パイプ椅子な懐かしさこみ上げる食堂で、在広島2回目のゲレンデスキーで初めてテレマーカーとお近付きになる。年券を買われてる方々だったので良い雪を狙って恐羅漢に来ると一緒に滑れそう。カレーを食ってゲレンデに戻ると、12時過ぎとるっていうのにアチコチに残ってる深雪を拾って滑る。P1070539関東圏のスキー場のパウダー争いみたいな空気は無いみたいなのも好感度アップ。2008年2月の遭難騒ぎもあったように、リフトトップから標高差60mほどで山頂というアクセスの良さもあって山スキーのフィールドとしても良い場所のようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)