2011年2月 3日 (木)

小雪舞う芦田川河川敷でアジリティー大会観戦

2011年1月30日(日)
じょいImg_6240じょい
安曇野で三頭のシェルティと暮らしているはやぴとてっちゃんが、ここ数年間シャル・パウ・ジョイと熱心に励んでいるアジリティー福山である大会に出場するというので、熱烈応援に行ってきた。
アジアカップ決勝ゴールに酔いしれた寝不足の頭で会場の芦田川河川敷へチャリを飛ばした。Img_6291タープ(テント)村に一変した河川敷で、はやぴ&てっちゃんを見つけ、アップやら何やらの合間にアジリティの事など色々話しながら出番を待つ。とにかく寒い。Img_6290
ジョイの指導手は哲っちゃん。スタート前に優しく気合いを入れる。Img_6150
シャルの指導手ははやぴ。出走後、よく走ったシャル君を良い子良い子ちゅうImg_6225
ドッグウォークのシャル。かっちょえーImg_6215

はじめて見たアジリティーはシャルがエントリーしてた上位レベルになると、ハードル、細い橋、トンネル、シーソーなどの障害が幾つも複雑に組み合わさった長いコースを、指導手(ハンドラー)と犬が一体になって走り抜けてく激しく、難しいスポーツ。その分、犬と人との信頼関係がとても大事。
今回、競技に「もっと上を目指す」とストイックに頑張る2人を見て素直に感動。ピョン、ピョーン跳び走りまわる犬たちだけじゃなくて、はやぴと哲っちゃんも凄くかっこよかったよ。
また、近くで大会がある時には応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

マジックを楽しみつつケニア料理を楽しむオフ

2011年1月16日(日)
P1070926
福山駅エリア、シネフク近くのアフリカ料理専門店African Rafikiで催されたマジックを楽しみつつケニア料理を楽しむオフに行ってきた。shoji0515さん、sucelieさんという強力2トップ企画に去年9月の番外GBベルギービール会in福山以来、2度目の参加。
P1070934African Rafikiでやるのだから初めてのケニア料理が目的なのは当然で、もう一つの目玉がテーブルマジックに冴えを魅せてくれたmagician喜助のマジック。P1070930至近距離の早業で一切手の内を悟らせない手品師magician_kisukeはカードも得意。P1070940機会を見つけてまたじっくり拝見したい。
P1070944あっさり軽い飲み口でチョイ辛なアフリカ料理によく合ったTUSKER Beerと、紅白の南アワインを飲みながらtwitterやblogでお馴染みだったけど、なかなかお目にかかれんかった方や、全く初対面の方、前回オフでもお会いした方etc,etcとわいわい楽しんだ会。幹事のお二人と喜助さんに感謝。
もっと沢山の方ともっと話したかったんだけど、4時半起きで往復150km位の雪道走りでの日帰りスキー後だったのが、やっぱ相当応えてて途中から相当眠くてたまらんかったのを反省。

来週の第5回GBワイン会@尾道には体調万全で臨む!

African Rafiki ←やっとリアルで会えたあや花さんブログ
広島県福山市笠岡町2-7 Tel.084-922-7380
11:00~22:00 水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

番外GBベルギービール会in福山 於:壱乃蔵

2010年9月4日(土)
twitterで見かけた番外GBベルギービール会in福山という、いわゆるオフ会が楽しそうだったので、詳細を見ると会場が一度行ってみたかった壱乃蔵だったから、翌日に地ビールフェスタin広島2010が控えてて、連ちゃんはシンドイかな?と一瞬思ったものの、美味しいビールと興味の有る店の魅力を優先してくにと2人で参加した。P1040791砂糖問屋の蔵を改装したというシックな外観。会場はBarのある2階の広めの個室。P104079521時開始の大人な会は18人の参加で5種類のベルギービールを壱乃蔵の料理と共に楽しみ、呑み足りない派にはワインもたっぷり用意されているという企画。
ベルギー大使館のお墨付きって5種類は、
Hoegaardenはアサヒビールの扱いで入手しやすい代表選手。フルーティさでベルギービールらしさが良く判る美味しいビール。P1040796
Duvelも、酒のディスカウント店などでも良く売られている代表銘柄。P1040799
Orvalは、初めて飲んだ、香りの良いビールP1040802
Duchesse De Bourgogneは、かなり個性派。酸味が強く一口目に「黒酢?」と思ったほど。P1040804
CHIMAY(青)は、福山じゃ未だ見つけてないけど、横浜では酒屋やスーパーで見かけた買い易い方のベルギービール。P1040806
5種類ほどの料理P1040805を楽しみながら、ビールの後にはワインも出てきてP1040809初めて会う方々との話が弾んだ約5時間。翌日を考えて午前1時に辞去する際にも約半数の方が残られてて、二次会は3時過ぎまで盛り上がったというマスマス大人な会。幹事のshoji0515さん、楽しい会をありがとうございました。
今度は1階の鉄板焼きを食べに来よう。
来月、尾道であるGBワイン会にも行ってみよう。
皆さんが品揃えが良い。と薦められた福山駅近くの安田酒店を覗いてみるのも、楽しみだ。

1Fワインとあぶり焼き 壱乃蔵 2FBar 壱乃蔵
福山市東町1丁目2-10 084-926-6824 日曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月11日 (日)

鞆の火祭り お手火

2010年7月10日(土)
通勤途中にチラホラ夏祭りのポスターが張り出してある中にPoster_2鞆の浦で「お手火」という火祭りが有るというので、車で行ったら駐車場はどうだろう?自転車は夜間走行が嫌だなぁ?と、しばし悩んでから鞆鉄バス(片道510-530円)で行って来た。
定刻とおり30分乗ったバスを終点の鞆港で6時半に降り、常夜灯を見ると寂しい位に人が居ないP1040180「ホンマに祭りが有るんかい?」と心配しながら定番コースを歩いてみると、軒先の注連飾りや提灯飾りP1040198が確かに祭りを示しているし、大酒しているのか賑やかな話し声が漏れてくる家もアチコチに有るものの、人通りは少ない。昼にしか来た事がなかったけど、夜はいつもこんなもんなんだろうか?と祭事が行なわれる沼名前神社に近付いてく。
と、太鼓の音がする路地から若衆数人が何やら大声で叫びながら飛び出してきた。皆さん、この季節にしては随分と厚着。見てると海岸へ向って行った、そのまま海に浸かった様子。 松明を担ぐ準備に間違いない!雰囲気出てきた!と神社へ急ぐP1040199
薄暮が残る境内で台湾を思い出す(なんとタイムリーな南非原産!)トルネード・ポテトP1040208をつまみビールを引っ掛けながら階段を上がると大松明三体が出番を待っていた。P1040210随神門下に落ち着いて時折り通る祭事関係者P1040216や、さっきまでの心配は他所に、かなりごった返してきた人波P1040222を眺めながら待つ。
と白装束の一団が階段を上がっていったP1040223最上段の本殿周辺の太鼓が一段と大きくなり「階段を開けろ!目が眩んで転ぶかもしれないからフラッシュ焚くな!」という放送が流れると、さっきの白装束が松明担いで降りて来たP1040236ちょっと小振りだな?と思ったら、これは本殿内の神火を大手火に移す神前手火(神社サイト)で、下の方が騒々しくなってきたので覗いてみると大手火の前に盛大に火が上がってる。P1040243そろそろ終バス(21:18)が気になってきたので下山にかかる。
親父の肩車って特等席で見るボウズの後から大手火の採火を眺めるP1040251内に盛大に燃え盛る大手火が境内に出て来てP1040254自家用の小手火に火を採ろうとする人の波を掻き分けながら本殿へと、ゆっくり上がってくP1040260とこまで見てバス停に向った。
背中が熱くて振り返ると小手火を持ったオッチャンが近付いてきたので慌てて道を空ける。
人手が少なくなってきた道路にチラホラ残り火が落ちてる。
なんて火祭り感満々の街をバス停に急ぐ。あの人出からして、混んでたらどうしよう?と始発駅へ行くのも考えたが、ちょうど一駅手前の”鞆の浦”へやって来たバスはガラ空きで、そこからも3組6人しか乗らなかった。ちょっと拍子抜け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)