2013年4月 1日 (月)

春の大山でテレマーク三昧(Gビールもあるよ)

2013年3月16日(土)~17日(日) ~3月に行った大山を思い出しておく~
1月のテレマーク関西講習会から何度かご一緒させてもろうとるOutside Ski Clubの皆さんと大山で春山テレマークスキーと地ビールパーティっていう濃密な週末を過ごしてきた。Img_0585烏ヶ山へ最後の登り

16日(土)鏡ヶ成国民休暇村のスキー場から烏ヶ山ツアーと17日(日)大山三ノ沢ツアーの軌跡を轍でプロット。
Wadachi地図クリックでが別画面で起動

というわけで、

続きを読む "春の大山でテレマーク三昧(Gビールもあるよ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m)

2013年2月9日(土)恐羅漢 10日(日)吾妻山
1月に行ったテレマーク関西講習会で知り合ったご近所、福山在住のI島さんに広島県の山スキーエリアご紹介的テレマークツアーに行ってきた。県内いうても東南端の福山から、北西にある芸北の恐羅漢、東北方面の備北にある吾妻山の位置関係を地図で見てつかぁさい。Wadachi
地図クリックでが別画面で起動。

車中泊を厭わず、小雪もまた楽しと前向きなテレマーカーI島さん、これからも宜しくお願いします的な車中宴会@来夢とごうち(道の駅)Dsc_0385

というわけで、

続きを読む "恐羅漢(1346m)と吾妻山(1239m)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

吾妻山へ奥出雲から調査行

2013年1月6日(日)
A君と正月休みの最後にBack Countryで遊ぼうってことになったので、暮れに踏査した大膳原へのルートを辿って、その時は小雪で諦めた吾妻山を登って念願の東面を滑ってきた。ByakirakunA君が撮ってくれた珍しいワシら2人のTwo (back) Shot
Wadachi高度図クリックでが別画面で起動
無事に山頂を踏んで狙った斜面を滑りはしたのだが、雪の量が足りず苦労して登り、滑る頃には気温が上がって練りが入った重雪にもヤられた今回も調査行の位置づけ。 本番はいつだ?

続きを読む "吾妻山へ奥出雲から調査行"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

大膳原を奥出雲から踏査

2012年12月24日(月=祝)
昨シーズン、隣の比婆山にスキーで登って見て「近くに好え山と広い雪原が在るから、いつか行こう」と決めた吾妻山大膳原11月に無雪期/紅葉時の様子も見た
Dsc_0149
今回は雪の少ない県内のスキー場に行っても粉雪と戯れることはムリっぽかったので、髭じじーさんのサイトで見てアプローチが楽そう、と踏んだ島根県側、北からのルートを調査してきた。
Wadachi 地図クリックでが別画面で起動

続きを読む "大膳原を奥出雲から踏査"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

(今シーズン)初めてのアサヒテングストン

2011年2月20日(日)
P1090417
法事で大阪から広島にやって来た甥っ子が「おっちゃんスキー場に連れてってや」というので、ネットで調べて三日前から定価4500円のゴンドラ・リフト券に食事券、ソフトドリンクまで付いて4000円というアサヒテングストンへ2人で行ってきた。P1090430雪量はたっぷり、新しい降雪はしばらくなくて、週半ばには雨さえ降ったゲレンデコンディションは粉雪ハンターには厳しいモンだが、世間のスキーヤー&スノーボーダーの方々には嬉しいらしく、今シーズン7回目のゲレンデで一番の人出。P1090429ほどほどの待ち時間も、この春2年通った大学を辞し、入学してから見つけた学びたい事のために転学し初めて実家を離れるという、大きく育った甥とアレコレ話すとあっという間の楽しいひと時。P1090423広島に里帰りする親について年に一度、レンタルで滑るか滑らないかじゃったにしては、しっかり滑っとるのう。みちのくでも頑張れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

有福温泉

2010年12月25日(土)P1070481
ミズホで冷え切った体と久し振りのゲレンデたっぷり滑りで痛む足腰を和ませに開湯1350年といわれ美人の湯を喧伝する有福温泉へ向った。高速1区間と県道+広域農道を14km走って着いた有福温泉街(といっても十軒に満たない旅館三軒の公衆浴場があるだけ)にある駐車場を見逃し、奥の方にある駐車場に車を停め寒風吹く道を300mほどを歩いて戻る。P10704833軒の共同浴場のうち最も古い昭和5年築のレトロな建物の御前湯に入ろうと狭い道を歩き、急めな階段を登る。P1070484
300円払って入った風呂は無色無臭の弱アルカリ単純泉がかけ流しで流れ続け、小さめながら普通に腰を下ろすと口まで浸かる湯船にどっぷり浸かると心底あったまって、しばらくポカポカだった。美人の湯ってのも判る、乾燥系の肌がスッと落ち着いてくれた本当に良いお湯だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての ミズホハイランド

2010年12月25日(土)
あれやこれやとネタも沢山あったのに呟くので満足しちまってた感で一月ぶりの更新。
クリスマス寒波で広島周辺のスキー場もボチボチオープンしてきたので、ゴンドラが有ったり標高差もかなり有って規模的にはダントツなミズホハイランドへ初めて行ってきた。1986年12月だから、ワシが広島を離れた年に出来たスキー場なので正真正銘に生まれて初めて。
コースヴァリエーション豊富なValley Sideは雪が足りなくて開いてないのに、5500円(大人1日券)とブチ高いチケットを買って志賀の東館などで乗り覚えのある今ではチト古風な卵型四人乗りゴンドラが8時に動き出すのを待ってHighland Sideに上がる。P1070480
8時半に動き始めたリフトに10番目位で乗って、人工降雪機の撒き散らす人工雪が北からの吹雪とグチャグチャになって視界の悪い-5℃級にブチ寒い上部ゲレンデの表面に着いた人工&天然ミックス雪のコンディションは上々で、スグ下の固い氷やブッシュ時々砂利にやられながらも、期待以上に良い軽い雪と大好きなメロー斜面をユルユルと楽しむ。P1070472特にむき出し高速クワッド上がとーても寒いから1000mほどのコースを4本ほど滑ったら、レディースサービスだとかのソフトドリンクサービス券やフード割引券を使えるだけ使って、配置といいメニューといい良い感じのカフェテリアで一休みしてから、もう一滑り。P1070476そこより多少急になるゴンドラ線下丸々一本2600mを少しスピードを上げて2本滑ったら、かなり足に来たのでゴンドラ乗り場にある窯焼きピザとハンバーガーのランチで力入れ直し、再びゴンドラで上に戻って、まだまだ軽い雪を探って上を4本。最後に上の1000mとゴンドラ下2600m、標高差で721m(公称)をホボ一気で滑り下って、かなりヘトヘト感を味わって13時過ぎにスキー終了。
初めてのミズホはハイランドだけだったけど、この時期にして3600mをフルに滑れるゲレンデコンディションと、ゴンドラ・クワッド・レストランなどの諸設備も好印象。ハイシーズンにまた来てバレーサイドも滑りきってみる。213822832ピザ旨かったし。

なんといっても自宅から車で150km強の道のり(内140km近くが高速)が渋滞皆無なもんだから、高速最後の20kmほどがスノータイヤ規制でも休憩入れて2時間かかんないで着いちゃう時間&距離の近さには感激した。
次はお正月寒波で多分恐羅漢(広島県最高峰)へ滑りに行く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

境港から安来へと、水木しげる夫婦の生家を訪ねた

2010年10月23日(土)
日曜に蒜山(結局、雨で流れた)に行く事になって、前の晩は大山でビールを飲むことにして、昼間は同じ鳥取県の端っこ境港まで行ってみた。
Img_4764
境港駅前で作画に励む文化功労者水木しげるさんから始まる水木しげるロードにはたくさんの妖怪ブロンズ像が有って、中には初めてお会いする妖怪や、口裂け女・家鳴り・河童・龍なんて普通のお化けもようけ居るんだが、主役はゲゲゲの鬼太郎一家。
ねずみ男Img_4792鬼太郎父子Img_4845怒ってもキュートっつうか、やっぱ怖いねこ娘Img_4853
ブロンズ像スタンプラリー、商店街散策に美術館見物、海鮮丼などなどを楽しむ観光客で大賑わいなアーケード商店街Img_4822、水木しげるロードを抜けてしばらく歩いて、水木しげるさんの生家を訪ねてUターン。Img_4811
トイレの案内板も鬼太郎仕様Img_4865
布江さん(ゲゲゲの女房)との2人像にご挨拶Img_4866
境港を離れようと港を歩いてると、隠岐行きの大型フェリーの胴体にも大きな鬼太郎が描かれてて、何から何まで水木しげるづくし感の街だった。Img_4874ちなみに、米子の空港も鬼太郎空港を名乗る。

まだビールを呑み始めるには時間が有ったので、大山へ向う途中で連ドラの舞台にもなってた安来市大塚に寄ってみた。大塚は広い田園地帯の中にギュッと民家が集まったような集落で、普通それくらいの規模だと大した店も無いような寂れた感じなのが、立地が良かったのか昔から何でもあった町だったようで、ドラマの中で上京直後の布美枝が「調布には何も無い、大塚の方が便利じゃったわ」と漏らしたのも判る。
境港がゲゲゲの鬼太郎なら、大塚はゲゲゲの女房一色。境港にあった御夫婦のブロンズ像と同じ絵が描かれた行灯がアチコチに掛けられてるしImg_4885
今も酒屋を営まれている布江さんの生家は御本人直筆のラベルが貼られた隣町の地酒なども売られ、観光名所となってて、ワシらが行った時も、どっかからバスで来られた団体さんで賑わってた。Img_4887
といっても中心部を離れたら外の人たちなんぞ歩いていない、ちょっこし静かな良い佇まいの町Img_4893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

大山Gビールをガンバリウスでタップリ呑んだ

2010年10月23日(土)
伯耆富士
Img_4900
高速を飛ばし大山山麓の大山Gビール地ビールを呑みに行ってきた。
瀬戸内沿岸の福山から日本海から聳え立つ大山へ行こうと思いたったきっかけは大山Gビールの地ビール祭り。なんと10/2から12/19の間は1,050円で大山Gビールを呑み放題できるってんで、ならばと近くのペンションへの宿泊パック(ガンバリウスで大山Gビール呑み放題+コース料理、一泊朝食付きで8500円)を申し込んだ。
会場となる、立派な釜の見える併設レストランガンバリウスへチェックインしたペンションたんねに送ってもらってからスタート。Img_4923
この日呑めた4種類のレギュラービールとスペシャルビール1種類から色目の薄い順に飲んでいく。()内の価格はガンバリウスでの通常価格。
すっきり旨かったPilsner(470円)Img_4916
地ビールフェスタなどでヴァイツェンビールの旨さを教えてくれたWeizen(470円)Img_4920
生ハムサラダに鶏皮餃子と順に出てくる料理もビールによく合うImg_4919
Pale Ale(470円)Img_4921
天井高い広い店内はビール好きで一杯にImg_4939
殆どのお客さんが飲み放題らしくてタップはフル回転Img_4943
スペシャルビールは、エールらしい味わいと香りが抜群だったAmber Ale(520円)Img_4933
で、最後がStout(470円)Img_4938
皮のおいしかったピザと、美味かったものの、少しなんで?と思った豚キムチ鍋に明太子ジャガで腹いっぱいImg_4930
ビール5酒類を呑んだあと母体に敬意を表し久米桜を一杯(500円)あおってから、最後に1番旨いと思ったAmber Ale(520円)を楽しんでる頃に迎えが来て、かなり良い調子でペンションに戻る。Img_4959

定価換算で3,420円呑んで、メニューから料理単価を拾ってみると5品で4,000円超級だから2で割って2,000円。とすると粗粗5,000円を飲み食いして、ペンションに一泊二日で8,500円だから、かなりリーズナブル。

宿泊パックにしたので2時間制限付きの呑み放題となったが、次は時間制限の無いビール呑み放題で、今回は楽しみにしながら食せんかったソーセージや大山鶏をオーダーしよう。
実家のある広島県西部からは300km以上あって「ちょっと遠い」と思ってた大山も、ここ福山からは180kmほどと高速2時間の程よい距離。もっと近い南よりの蒜山も良いし、スキーも登山もいけるこのエリアには通年で通いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)